News

2013年3月22日(金)

『セブンスドラゴン2020‐II』の最新情報公開――アメリカ特殊陸戦部隊“SECT11”が来日! 一方、丸の内では巨大な厄災が!?

文:電撃オンライン

『セブンスドラゴン2020‐II』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 セガは、4月18日に発売するPSP用RPG『セブンスドラゴン2020-II』の新情報を公開した。

『セブンスドラゴン2020‐II』

 『セブンスドラゴン2020-II』は、西暦2021年の東京を舞台に、突如飛来した無数のドラゴンと人類との戦いを描いたRPG。プレイヤーは政府特殊機関・ムラクモの一員となって、ドラゴンたちに立ち向かうことになる。

 公開されたのは、アメリカから日本に派遣された特殊陸戦部隊“SECT11”をはじめ、新ダンジョン“丸の内亜空断層”やそこに巣食う強大なドラゴン、ハッカーのスキル、新カラーバリエーションなどだ。

■アメリカから派遣された精鋭部隊“SECT11”――彼らの真の目的とは……?

 2020年の戦いで国土の9割を失い、再び危機におちいるアメリカ合衆国。今作では、アメリカが誇る対ドラゴン戦用の特殊陸戦部隊“SECT11(セクト11)”が来日し、日本は彼らの協力を得てドラゴン討伐作戦に臨む。

『セブンスドラゴン2020‐II』 『セブンスドラゴン2020‐II』
▲ムラクモの総長代理を務めるエメルの要望により、アメリカ臨時政府の大統領はSECT11の派遣を決定した。
『セブンスドラゴン2020‐II』 『セブンスドラゴン2020‐II』
▲SECT11は能力者だけで編成された総勢44名の精鋭部隊で、かつての大戦で大活躍した実績を持つ。

 SECT11に所属する人間はいずれも曲者で、ムラクモに引けを取らない実力者集団。その部隊を束ねているのは、“ショウジ=サクラバ”と“イズミ=サクラバ”という名の兄妹だ。

ショウジ=サクラバ(CV:神谷浩史)

『セブンスドラゴン2020‐II』

 妹のイズミとともに特殊部隊SECT11を統率する頼れるリーダー。主人公たちが所属するムラクモと何か関係があるようだが……。

『セブンスドラゴン2020‐II』
▲銃を巧みに操るショウジ。ムラクモでいうところのトリックスターに近い能力を持っているようだ。

イズミ=サクラバ(CV:加藤英美里)

『セブンスドラゴン2020‐II』

 SECT11に所属し、兄のショウジとともに特殊部隊を束ねる立場にある。力こそすべての実力主義者で極度の負けず嫌い。それが原因でショウジを困らせることもしばしば。

『セブンスドラゴン2020‐II』
▲カタナを武器に戦うスタイルは、ムラクモにおけるサムライといったところ。
『セブンスドラゴン2020‐II』 『セブンスドラゴン2020‐II』
▲ショウジ、イズミともにアメリカ国籍なのは間違いないようだが、日本人の血を感じさせるような名前をしている。真相はいかに?▲SECT11の健闘を称えるアメリカ大統領のデイビッド。彼の言う本来の目的とは一体何なのだろうか?

→竜を統べる巨大なドラゴンが丸の内を危機に陥れる!(2ページ目)

(C)SEGA

1 2

データ

▼『セブンスドラゴン2020‐II』
■メーカー:セガ
■対応機種:PSP
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年4月18日
■希望小売価格:5,980円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『セブンスドラゴン2020‐II』(ダウンロード版)
■メーカー:セガ
■対応機種:PSP
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年4月18日
■価格:5,600円(税込)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。