News

2013年3月22日(金)

『フェイト/エクストラ CCC』のレビューで淫靡な世界を紹介! この妖艶な舞台に迷い込んだら抜け出せない!?

文:カワチ

 マーベラスAQLが3月28日に発売するRPG『フェイト/エクストラ CCC』。前作『フェイト/エクストラ』をクリア済みのライター・カワチがひと足先に本作をレビューします! 購入しようか迷っている方はぜひ記事をチェックしてみてくださいね。

→前作『フェイト/エクストラ』のレビューはこちら!

『フェイト/エクストラ CCC』レビュー
▲『フェイト/エクストラ CCC 限定版 タイプムーン Virgin White Box』

 さて、本作は前作と同じ西暦2032年の電脳世界を舞台にしつつも、エラーによって変異してしまった世界での物語が展開していきます。前作のエンディングからの続きではないので、本作からプレイしても問題なく楽しめると思います。まぁ、前作を知っていたほうがニヤリとする展開が多いのも事実なので、ぜひとも両方遊んでみてもらいたいですが……。

 裏の物語となる『フェイト/エクストラ CCC』をクリアしてから、表の物語である『フェイト/エクストラ』をプレイしてみる、というのもいいかもしれません。

 ちなみに前作の物語は“128人のマスター&サーヴァントがトーナメント方式で聖杯戦争を行う”という内容したが、本作では、前回はNPCの1人にすぎなかった間桐桜が物語のカギに。プレイヤーは桜によく似た人物・BBが作り上げた謎の“サクラ迷宮”を探索しながら、変異してしまった世界からの脱出を図ることになります。

『フェイト/エクストラ CCC』レビュー 『フェイト/エクストラ CCC』レビュー 『フェイト/エクストラ CCC』レビュー
▲桜によく似たBBの他、巨大すぎる豊満な胸を持つパッションリップ、大胆な下半身のデザインをしたメルトリリスなども登場。本作は前作より淫靡(いんび)さが10倍増しです。これには壇蜜も驚き!?

 ここからは、気になる序盤の展開をお伝えしていきましょう。ちなみに、自分が選んだサーヴァントは本作から新たに追加されたギルガメッシュ……ではなくキャスター。前作でも“ピンクはIN-RAN”と称されたキャラクターですからね。淫靡(いんび)な物語が展開するという今回も、何かに期待してしまいます……。良妻×淫靡=??? うーん、早くも興奮してきました!

『フェイト/エクストラ CCC』レビュー
▲新衣装の白ビキニが僕のリビドーを駆り立てたのも理由の1つと言えるでしょう。早くコレを着せたい……。

 ちなみにサーヴァント選択画面の説明によると……。

セイバー:スタンダード/バランスのよい戦闘能力を持つ
アーチャー:テクニカル/投影能力でスキルを強化して戦う
キャスター:マニアック/強力なスキルを持つが打たれ弱い
ギルガメッシュ:チート/無限の武器で剣を圧倒する

 ということらしいです。セイバーとアーチャー、キャスターの3人の性能は変わらないですね。やはりキャスターは弱い(笑)。まぁ前作同様にゲームの難易度を3段階から選べる(※)ので、彼女でもなんとかなるでしょう!

※……難易度は、ゲーム中いつでも変更可能。

■舞台は旧校舎に!? レオやガウェインと協力して“サクラ迷宮”に挑む

 ストーリーですが、プロローグとなる部分をクリアすると主人公が見慣れない古い校舎の保健室で目を覚ますことになります。一緒に部屋にいた桜の説明によると、ここにいる全員が自分のことをマスターだということは憶えていても、聖杯戦争中だということは思い出せないとのことです。

『フェイト/エクストラ CCC』レビュー 『フェイト/エクストラ CCC』レビュー
▲前作とは異なりレトロな旧校舎が本作の舞台となります。

 その後、校内放送で生徒会室に呼ばれたので行ってみると、レオとガウェイン、ユリウスの姿が。前作ではライバルとして登場した彼らですが、今回はこの謎の空間からともに脱出する仲間となってくれるようです。これはIFストーリーらしくておもしろい展開ですね。まぁ、あくまでバックアップ担当で、ダンジョンを探索するのは主人公の役目らしいですが。いやいや、レオとガウェインが戦ったほうが強いでしょう……ということは言わないお約束でしょうか?(笑)

『フェイト/エクストラ CCC』レビュー 『フェイト/エクストラ CCC』レビュー
▲レオってこんなノリのいい性格でしたっけ……? 主人公が自分のことを憶えていないと思ってキャラを変える作戦だったらしいですが……。彼ってばお茶目▼(※▼はハートマーク)▲サーヴァントの新コスチュームも初お目見え。キャスターのおっぱいが大変なことに……。

 レオの説明によると、主人公が予選の途中でこの世界に転移してしまったことに対し、レオは本戦を戦っていた時に飛ばされてしまったとのことです。どうやら『フェイト/エクストラ』との時間軸の関係はキャラクターによってマチマチのようですね。

 そして気になるこの場所。前作と同じ“SE.RA.PH(セラフ)”内であるものの、上級AIすら入り込めない月の裏側であり、聖杯戦争の外だということでした。だからレオの性格も柔らかくなっているんですね。これが本来の彼の性格だったのでしょうか。だとすると、本編のイメージも少し変わってきますね。

 そんなレオは月の裏側を脱出するためにチーム“月海原生徒会”を発足します。せ、生徒会ですか……。何やら締まらないネーミングですが、学園生活らしくてイイ気もします(笑)。青春ですね! 好きとか嫌いとか最初に言い出したい! その後、レオのワガママにより、生徒会のメンバーを増やすことになります。

『フェイト/エクストラ CCC』レビュー
▲生徒会の人数を増やしてもっと華やかにしたいというレオ。やはり前作とキャラクターが変わっているような……?

 学園内を探ってみると、3年の教室に前作でもマスターの1人として登場した臥藤門司がいたので誘ってみました。……まぁ、彼が役に立つとも思えなかったのですが、数合わせということで。(※その後、予想通りレオにイヤな顔をされた)

『フェイト/エクストラ CCC』レビュー
▲サーヴァントも失ってしまったというガトー。はたして彼は役に立つのか立たないのか……。まぁ立たないだろうなぁ……。

 また、廊下にいた間桐慎二や用務員室にいた引きこもりの少女・ジナコ=カリギリも生徒会に誘ってみましたが、こちらはなんだかんだと理由をつけて断られてしまいました。まったく、みんないつ生徒会に入るの? 今でしょ!

『フェイト/エクストラ CCC』レビュー
▲こんな状況でも引きこもりをしているジナコ。マイペースすぎ!

■最初の敵は……遠坂凛!? バトルシステムは前作と変わらず3すくみ

 いよいよダンジョン“サクラ迷宮”を探索していくことになります。バトルは前作と同じ3すくみのコマンドバトルになっているため、『フェイト/エクストラ』をプレイした方なら戸惑うことはないと思います。レオが通信を使ってチュートリアルのフォローをしてくれるので、前作をプレイしていない人も安心です。

『フェイト/エクストラ CCC』レビュー
▲ATTACK、BREAK、GUARDという3つのコマンドが3すくみになっています。敵は行動にパターンを持っているので、有利になるように予測しながらコマンドを入力しましょう。

 ちなみに、今回はオートボタンを押すと相手が開示しているコマンドに有利なコマンドを自動で入力してくれるようになりました。レベル上げなどでザコ戦を繰り返す時はかなりラクになるので、うれしい仕様です。

 迷宮を先へと進んでいくと、物々しい音楽とともに遠坂凛が登場。彼女は自分のことを学校に残った主人公たちを管理・支配する月の女王だと名乗ります。ちょっ! いきなり急展開なのですが……!! 今回はいきなり凛と戦うということなんですか!?

 さらに驚いたのが彼女が呼び出したサーヴァント。ランサーはランサーなのですが、前作のようなアニキ感はまったくなく、むしろロリッ娘感が満載です。しかも、このランサーってば主人公のことを“ブタ”呼ばわりするじゃないですか。あ、ありがとうございます!

『フェイト/エクストラ CCC』レビュー
▲かわいい顔して言うことはかなヒドイです。だがそれがイイ!

 その後、2人と戦うか逃げるかの選択肢が登場。どちらの選択肢とは言いませんが……殺されてゲームオーバーになりました。

 しまった! 『フェイト/エクストラ』には、この“選択肢1つでゲームオーバー”のトラップがあったのでした。この緊張感……! セーブポイントからやり直し、今度は別の選択肢を選びます。よかった。今度はストーリーが無事に進みました。迷宮から脱出してマイルームで休んだ後、生徒会で今後の作戦会議をして再び迷宮へ。

『フェイト/エクストラ CCC』レビュー
▲このタイミングで言峰神父のお店もオープンしました。シュールな画だ……。

 ダンジョンを進んでいくと、“シールド”と呼ばれる障壁が道を塞いでいて、先に進めなくなりました。この“シールド”の先へ進むためには、迷宮の支配者である凛の秘密を探る必要があるということで奥へと探索していきます。なんと、その先には標本のように縫い止められた人々だらけの部屋が。こ、怖いんですけど……。しかし、これはサーヴァントの正体を知るためのヒントになりそうです。

 さらに先へと進んでいくと、凛の姿をとらえることができました。ランサーとともに襲いかかってくるのかと思いましたが、こちらを気にかける発言をしたかと思うと、ザコエネミーを召喚して退散してしまいました。あれ……これってよくあるテンプレの……。も、もしかして凛の秘密ってこれでいいんでしょうか? わかりやすすぎるような……。

 “シールド”のところまで戻ってみると、他のキャラクターを襲っているランサーと遭遇しました。殺されるかというところで凛が登場。ランサーを退散させ、敵であるこちらを助けてくれました。……そう。彼女は●●●●だったのです!

『フェイト/エクストラ CCC』レビュー
▲最後までテンプレ的なセリフを残して消えていく凛。しかしこの彼女は迷宮に存在する凛の意識の4分の1にすぎないらしいです。まだまだ秘密がある?
『フェイト/エクストラ CCC』レビュー
▲キャラクターの秘密が記載された“SG(SECRET GARDEN)”も開放されます。は、早くすべてを暴きたい!
『フェイト/エクストラ CCC』レビュー
▲前作同様に“情報マトリクス”でサーヴァントの情報も少しずつ開示されていきます。はたして赤いランサーの正体は……?

■お金を払えば敵が弱体化する、財布泣かせなバトルにざわざわ

 次はシールドを越えた先の第2フロアへと挑むことになりますが、引きこもりのジナコもマスターだと判明し、まずは彼女を仲間にするため用務員室へ向かうことになりました。彼女の住み家に潜入するとサーヴァントであるカルナが待ち構えていました。

『フェイト/エクストラ CCC』レビュー 『フェイト/エクストラ CCC』レビュー
▲ドアを破壊して用務員室に入るキャスター。そこにいたのは……。

 カルナはガウェインと同格かそれ以上の能力を持つ人物らしいとのことで、なるべく戦いたくはない相手。今のところ敵意はないようですが……。ジナコを生徒会会議に参加するように説得した後、今度こそサクラ迷宮へ。

 すぐに凛の姿がありましたが、今度は強力なエネミーと謎の機械を召喚してきました。はたしてこれは……? 機械に入金すれば敵のレベルを下げてくれるということですが……。

 こ、これは今ハヤりの(?)課金をしろということ? お金が減るのは死んでもイヤなのでそのまま戦ってみました。負けました。うーん、決して勝てないというわけではないのですがかなり強い。

『フェイト/エクストラ CCC』レビュー
▲ざわ……。

 仕方がないので生徒会室に戻って仲間に相談してみることにしました。まず桜に相談してみると、自分は無一文だと謝られてしまいました。い、いたたまれない……。気を取り直してレオに頼むことに。一気に100,000Smも借りることができましたが、利子がトイチで付くそうです……。ざわざわ……。

『フェイト/エクストラ CCC』レビュー
▲さすがハーウェイ財団の御曹司・レオ。スケールが違います。ちなみにエネミーを倒してお金を稼ぎ、自分で振り込むことも可能です。

 借りたお金を入金。無事に敵も弱くなり、先に進めるようになりました。しかし、その先にはまたしてもエネミーと機械が……。ひどすぎる! 課金は1回で終わりじゃなかったのかよ!! 騙したな、この俺を!!!! と~お~さ~か~!(ポロポロ……) 仕方なく今回もレオから借りたお金で入金。弱くなったエネミーを倒しました。

 しかし、2回の課金で凛の2つ目の秘密がわかりました。彼女は……この先はゲームをプレイして確かめてみてくださいね。ていうか、なんかこの娘、すごくわかりやすいな!

 というわけで2つ目のフロアもクリアです。

『フェイト/エクストラ CCC』レビュー
▲凛は拷問部屋のことを知らないようです。彼女はランサーに利用されてしまっている……?

 3つ目のフロアへ進むと、今度は自らの血を抜いてランサーに分け与えている凛に遭遇します。なかなかやることがハードになってきました。なるほど。今回の凛の秘密は……こちらもゲームをプレイして確認してみてください!(笑)

『フェイト/エクストラ CCC』レビュー
▲先の2つの秘密とは違って3つ目のSGは奥底に眠っている願望のようです。

 というわけで3つのフロアをクリアし、凛の秘密をすべて暴きました。すると前作の“決戦場”に変わる“リレーフ”が開放。凛&ランサーと対決が可能となりました。

 さすがにサーヴァント戦はザコエネミーと違って強敵です。相手のスキルは強力ですし、マスターもコードキャストで攻撃&支援してきます。正直、一度目は相手の行動を知るための偵察と割り切って、ゲームオーバーを覚悟で挑むのもいいかもしれません。

 とはいえ、今回は前回のような“猶予期間(モラトリアム)”は存在せず、満足のいくまでレベルを上げられるのでそこは安心していただければと。レベルを上げ続けることでいつかは勝てます!

■感想:淫靡な展開が気になって止め時が見つからない……。このままでは衰弱死!?

 さて、凛を倒して一件落着と思いきや、なんとそこに新たな……。おっと、今回はここまでにしておきましょう。

 まさかこの後あんな展開になるなんて……フフフ。今回のレビューでは第1章の流れを中心にお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか? 『フェイト/エクストラ』の雰囲気はそのままに、物語やキャラクターに隠された多くの謎を解き明かしていく本作。ドキドキしてしまうような妖しい展開が多いのも評価が高いポイントです。というか本作は明らかにやりすぎだ! もしも人に「お、おい! どうだった!?」と感想を聞かれたら、やつれた顔で「あぁ、とても淫靡な夜だったよ……」と答えるしかないでしょうね……。ぜひ王道だった前作とあわせてこちらの裏のストーリーもプレイしてみてもらいたいです!

 あ、余談ですが、ストーリーが気になるので他のサーヴァントでも少しプレイしてみました。流れの本筋は変わらないですが、それぞれセリフ回しやリアクションがまったく異なるので、やっぱり新鮮ですね。今回も周回プレイは確定でしょう!

『フェイト/エクストラ CCC』レビュー 『フェイト/エクストラ CCC』レビュー 『フェイト/エクストラ CCC』レビュー
『フェイト/エクストラ CCC』レビュー 『フェイト/エクストラ CCC』レビュー 『フェイト/エクストラ CCC』レビュー
▲それぞれの性格を反映したセリフが楽しめます!
『フェイト/エクストラ CCC』レビュー
▲ちなみに男主人公でアーチャーを選んだ場合はカットされるイベントがあるようです。女主人公でしか見られないイベント……気になりますね!

(C)TYPE-MOON (C)MarvelousAQL Inc.

データ

イメージ
▼『フェイト/エクストラ CCC(PSP the Best)』
■メーカー:マーベラス
■対応機種:PSP
■ジャンル:RPG
■発売日:2014年1月30日
■希望小売価格:2,838円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

イメージ
▼『フェイト/エクストラ(PSP the Best)』
■メーカー:マーベラス
■対応機種:PSP
■ジャンル:RPG
■発売日:2012年1月12日
■希望小売価格:2,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。