News

2013年3月27日(水)

次世代ハード・PS4についてゲームメーカー&クリエイターに緊急アンケート! PS4でゲームはどう進化する? Part1-2

文:電撃オンライン

■クリエイターインタビュー[3]――スクウェア・エニックス・吉田直樹氏
「クラウドサービスに大きな可能性を感じる」

『PS4企画インタビュー』
▲スクウェア・エニックス 『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』 プロデューサー/ディレクター・吉田直樹氏。

●次の世代に移行するタイミングが来た

――ついにPS4が発表されましたが、その内容を受けての率直な感想をお聞かせください。

 “PlayStation Meeting 2013”での発表には、2つの大きな意味があると思っています。1つは“NEXT GEN(次世代を担うマシン)”がついに公開されたということ。そしてもう1つは、それがPS4であるということですね。PS4を皮切りに次の世代に突入していくという感覚があります。

 現在、国内のHDゲームの売り上げシェアが伸び悩んでいますが、その流れに変化をもたらすには、やはり起爆剤の役割を果たせる要素がないと厳しい。そういう意味では、ついに次の世代へと移行するタイミングが来たんだな、というのがあります。新しいゲーム体験が求められているということをひしひしと感じましたね。

――PS4のスペックに関してはいかがでしょうか。

 PS4自体に関しては、スペックを見ても、作り手側をフォーカスしてくれているというのは大きいですね。メモリも大幅にアップしていますし。ポリゴン数が増えて、PS3でいうところのSPUが高速化されたとしても、メモリがきつければ厳しいので。

――PlayStationで言うと初代PSはともかく、PS2やPS3はゲーム制作が容易とは言えない面もありました。

 正直な話をすると、マルチプラットフォーム時代に突入した時って、どうしてもハードごとの平均化が発生してしまいますよね。平均化の中でいかにハードルを上げていくかというのが、これまでだった。しかしPS4に関しては、「ゲームを作りやすい環境は用意しましたので、作り手の皆さんは、今まで体験したことのないようなゲームエクスペリエンスをちゃんと届けてくださいね」と伝えられている印象を受けました。


→吉田氏がゲーム開発で重視するのは、やはり“Social”!(6ページ目)

データ

▼『PlayStation 4』
■メーカー:SCE
■発売日:未定
■価格:未定
 
■『PlayStation 4』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『電撃PlayStation Vol.538』
■発行:アスキー・メディアワークス
■発売日:2013年3月14日
■価格:690円(税込)
 
■『電撃PlayStation Vol.538』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『電撃PlayStation Vol.539』
■発行:アスキー・メディアワークス
■発売日:2013年3月28日
■価格:690円(税込)
 
■『電撃PlayStation Vol.539』の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。