News

2013年4月8日(月)

【第5回】電撃おすすめアプリ 毎日レビュー『私がお世話してあげる!』

文:ライターM

 ボタンを押すとボカロ曲が流れたり、カードにオリジナルボイスが付いていたりと、最近の携帯電話向けアプリは驚くほど手が込んでます。この勢いで進化が続くと、いずれコンシューマゲームに匹敵するようなタイトルが無料で配信されてしまうのでは……と、いらぬ心配をしてみたり。さて、今回ライターMが紹介するのは、ほぼフルボイス仕様の美少女シミュレーションゲームです。

電撃おすすめアプリ 電撃おすすめアプリ
電撃おすすめアプリ 電撃おすすめアプリ
▲丁寧な作りが好感触の恋愛SLG。バックログ表示中の音声読み返しにも対応しています。

 『私がお世話してあげる!』は、3月19日にGoogle Playで配信が始まったばかりの、Android端末向けオリジナル恋愛シミュレーションゲームです。まずは気になるストーリーをサクッとご紹介。

 両親の仕事の都合で、姉の“いとは”と一緒に叔母の家に居候することになった主人公。2人は、叔母の母校でもある私立白悠凛学園(しりつはくゆうりんがくえん)に、試験免除で編入を果たす。ところが、学園は今年から共学になったばかりの元お嬢様学校で、2年生の男子は主人公1人だけ。男子1人ではなにかと不便だろうと、学園公認の“お世話係”が選出されることになり……。

 お世話係なんて、どこまでお世話してくれるのでしょうとモヤモヤしていたら、主人公からもまさに同じ質問が! それに対する担任の答えが「あらま……うふふ」って一体……。直後、教頭先生から速攻で「常識の範囲内」と釘を刺されたのはご愛敬。思わず「それなんてエロゲ!?」と突っ込みたくなるほど、うらやま……けしからん、もっとやれ的なシチュエーションが楽しめます。そんなお世話係に立候補したのは下記の3名。

鳴海美桜音(なるみみおん)杠かなめ(ゆずりはかなめ)潤紅夏(うるうもみか)
電撃おすすめアプリ 電撃おすすめアプリ 電撃おすすめアプリ
▲セクシーなカリスマ生徒会副会長。思いついたら即実行の行動派お嬢様。学園中の人気者だけど、そのぶん敵も多い!?(CV:沢城みゆき)▲かわいらしくて優しいクラス委員。女の子らしい性格の優等生だけど、ちょっとドジな一面も。さらに、誰にも言えない趣味が……。(CV:竹達彩奈)▲頭脳明晰特待生。責任感が強くまじめな性格だけど、そのぶん融通が利かない面も。ちょっぴり素直じゃない彼女の、意外な弱点とは?(CV:悠木碧)

 共通ルート(序章)終了後、プレイヤーはいずれか1人のヒロインを選択。以降はルートが確定(途中変更は不可)となり、メインストーリーへと進んでいきます。各章は複数話で構成され、1話読み進めるごとにシナリオチケット(毎日1枚配布)かラブ(課金チケット)を消費。他にも、期間限定シナリオが約2週間ごとに配信され、シナリオルーレットを回してイベントを入手することで、とっておきのストーリーが楽しめます。

電撃おすすめアプリ 電撃おすすめアプリ
▲ルーレットを回すには、行動力(時間で回復)かラブ(課金チケット)が必要になります。

→次のページでは、序盤のプレイレビューをお届け(2ページ目へ)

(C)eitarosoft,inc.

1 2

データ

▼『私がお世話してあげる!』
■メーカー:エイタロウソフト
■対応端末:Android
■ジャンル:SLG
■価格:無料(アプリ内課金)

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。