News

2013年4月16日(火)

ガスト黙認!? 『エスカ&ロジーのアトリエ~黄昏の空の錬金術士~』の展開を『アトリエ』好きがアレコレ予想する妄想座談会

文:まさ

『エスカ&ロジーのアトリエ ~黄昏の空の錬金術士~(プレミアムボックス)』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 ガストより、6月27日に発売されるPS3用ソフト『エスカ&ロジーのアトリエ~黄昏の空の錬金術士~』。現在、2人の主人公“エスカ”と“ロジー”に加え、2人のサブキャラが公開されているが、ストーリーやゲームシステムなど、まだまだ謎の部分も多い。

『エスカ&ロジーのアトリエ~黄昏の空の錬金術士~』

 そこでこの記事では、電撃PlayStation編集部員&ライターの中から選抜した、『アトリエ』シリーズをガッツリやり込んできたファン4人による、大胆予想というか勝手な妄想まるだしの座談会を掲載! まったく根拠はないけれど、『アトリエ』シリーズをよく知るメンバーの考えることだけに、もしかしたら予想が当たっている部分もあるかも!?

 なお、今回の座談会には、『アトリエ』シリーズのネタバレになる話もいくらか含まれているので、これから『アーシャのアトリエ』や『アーランド』シリーズはプレイしようと思っている人はご注意ください。

【座談会参加メンバー紹介】

Deep:『アトリエ』シリーズの担当ライター随一のやり込み派。『黄昏』シリーズでは“俺の嫁”と語るほどウィルベルに愛情を注ぐ。

ライターM:『アトリエ』シリーズ担当ライター。キャラや世界観に重きを置くタイプ。『黄昏』シリーズで好きなキャラはニオ。

編集O:電撃PlayStation編集部の『アトリエ』シリーズ担当。『黄昏』シリーズで好きなキャラはリンカ。

とっきー:電撃PlayStation編集部のガスト作品担当。今、『黄昏』シリーズで一番気になっているキャラはエスカ。

■『エスカ&ロジーのアトリエ』の発表を受けての第一印象は?

『エスカ&ロジーのアトリエ~黄昏の空の錬金術士~』

とっきー:『黄昏』シリーズの第2弾というより、『アトリエ』シリーズとして見た時に、みんながどんな印象を受けたかというのを最初に聞きたいかな。

編集O:最初の“Project A15”の発表の時よりも、エスカとロジーという主人公が2人から選べると知った時のインパクトのほうが大きいかったですね。

とっきー:『アトリエ』シリーズとしては初めてではないけれど、驚きだよね。同じダブル主人公だからという理由で、初回特典として『マナケミア2』のダウンロードコードが付いてくるのにも驚いたけど。

ライターM:個人的には、それが一番ビックリしたかも。特典にする理由としてはわかるけれど、「ホントにいいの!? まるまる1本ですよ?」って(笑)。

編集O:そういうところ、いい意味で発想が突き抜けていますよね、ガストさんは。

とっきー:PSアーカイブで配信されていないタイトルを、わざわざこれのために配信しちゃうって言うんだから、太っ腹もいいところだよ。

ライターM:ダウンロードコンテンツと言えば、『アーシャのアトリエ』の差し替え用BGMとかもかなりの太っ腹な収録内容でしたよね。

編集O:『メルルのアトリエPlus』にいたっては、今作の発表を記念して、差し替え用BGMをタダで配信していますからね。

Deep:しかもそれに、『エスカ&ロジーのアトリエ』のBGMが入っているんだからビックリですよ。戦闘曲がカッコよすぎ!

とっきー:ちょっと脱線してきたので、第一印象についての話に戻すと、ダブル主人公だと知った瞬間に夢が膨らんだよね。「今回の主人公の女の子もかわいいな~」と思っていたら、「まさかの男主人公が!」という。

Deep:ホントにまさかですよ。『アーランド』シリーズからの流れで、『黄昏』シリーズも女の子の主人公でいくものだと思い込んでいましたから。そもそも、『アトリエ』シリーズの主人公と言えば女の子というイメージですし。

『エスカ&ロジーのアトリエ~黄昏の空の錬金術士~』 『エスカ&ロジーのアトリエ~黄昏の空の錬金術士~』
▲エスカ・メーリエ/声優:村川梨衣▲ロジックス フィクサリオ(ロジー)/声優:石川界人

とっきー:『アトリエ』シリーズの主人公の戦い方と言ったら、とにかくいろんなものを作って、それを敵に投げつけて、棒で叩くってことしか頭になかったので(笑)。より世界観が広がるとか、調合システムが変わるとかいったことは想定していたけれど、まさかこういう方向性で攻めてくるとは思いもよらなかった。

ライターM:いわゆる、正統派RPGの方向性ですよね。

Deep:武器も剣ですし。「杖じゃないの?」って思いましたよ。それと、見た目からしてロジーは普通に強そうですよね。見た目的にか弱そうっていうのも、『アトリエ』シリーズの主人公の特徴でしたから。

とっきー:『アトリエ』シリーズはRPGなんだけれど、主人公がRPGの主人公らしくないから、あまりRPGっぽさが感じられないというところもあったと思うんだよね。もちろん、仲間となるキャラでフォローはされているんだけれど、今回のロジーという主人公の登場によって、そのあたりの感覚がどう変わるのかがすごく楽しみ。

編集O:『黄昏』シリーズの退廃が進む世界観に、ロジーの剣士としてのスタイルがマッチしていますよね。夕日をバックにたたずむシーンとか、男主人公だから映えるというところもあると思いますよ。

『エスカ&ロジーのアトリエ~黄昏の空の錬金術士~』

Deep:ロジーの服装も、荒野に生きる男って感じですよね。

とっきー:ロジーの登場で、一気にRPG感が増したよね。『アトリエ』シリーズに入るきっかけとして、一番多いのはやっぱりキャラの魅力だと思うんですよ。実際、僕もその1人で、RPGとして興味を持ったわけじゃない。で、最初に『アトリエ』シリーズをプレイした時の印象は「これはものを作っていくSLG」だったんですよ。ところが、プレイを続けていくうちに、「あれ、これってRPGじゃない?」と。ところが今作では、最初からRPGだという感じがあって、PRGとして興味を惹かれる人も多いと思う。

編集O:ロジーが錬金術をどう使うのかも気になりますよね。キャラの設定に“剣術と錬金術を組み合わせることで扱える、最新式の錬金術を駆使する”とありますけれど、具体的にどんなものなのかはまだ明かされていないので。剣術と錬金術を併用して戦うとか、剣に錬金術の効果を付与するとか。

とっきー:現在公開されているスクリーンショットでは、左腕のアタッチメントにチャージしているような場面が確認できるよね。

Deep:腰に付けたシリンダーを使って、ですよね。いくつか種類があるみたいですけど、これも錬金術でいろいろと作っていくんでしょうね。さらに、組み合わせて使ってみたりだとか。

『エスカ&ロジーのアトリエ~黄昏の空の錬金術士~』

→調合や戦闘のシステムはどうなる?(2ページ目)

(C)GUST CO.,LTD. 2013 All rights reserved.

1 2 3 4 5

データ

▼『エスカ&ロジーのアトリエ ~黄昏の空の錬金術士~(プレミアムボックス)』
■メーカー:ガスト
■対応機種:PS3
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年6月27日
■希望小売価格:9,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『エスカ&ロジーのアトリエ ~黄昏の空の錬金術士~』
■メーカー:ガスト
■対応機種:PS3
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年6月27日
■希望小売価格:6,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『電撃PlayStation Vol.540』
■発行:アスキー・メディアワークス
■発売日:2013年4月11日
■特別定価:690円(税込)
 
■『電撃PlayStation Vol.540』の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。