News

2013年4月12日(金)

『ダークソウル2』の開発陣が信念を持って伝えたいテーマは――最新映像を収録した動画とともに発表会の様子をお届け

文:megane

『ダークソウル2』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 フロム・ソフトウェアは、PS3/Xbox 360/PC用ソフト『ダークソウル2』の最新動画を公開した。あわせて4月8日に行われた発表会の模様をお伝えする。

『ダークソウル2』

 本作は、2011年に発売されたA・RPG『ダークソウル』のゲームコンセプトを継承したシリーズ最新作。ダンジョン探索の緊張感や高い達成感に繋がるゲーム性はそのままに、新たな世界で構築された完全新作となっている。

 公開された動画では、本作の世界観を描くシーンを切り替えつつ、主人公となる自分がさまざまな場面で戦う様子が描かれている。

→『ダークソウル2』初心者必見の心得特集を掲載中!

→『ダークソウル2』の基本要素を知りたい人は情報総まとめ記事へ!

■さまざまな死に様を楽しんでもらいたい

 発表会でステージに登場した本作でディレクターを務める谷村唯さんは、本作のコンセプトについて、「達成感を得てもらうための高い難易度」と説明。このコンセプトを信念として開発していると語った。

『ダークソウル2』 『ダークソウル2』
▲フロム・ソフトウェア ディレクター 谷村唯さん。▲高い難易度を設定することで達成感を得てもらう。

 ここで実機プレイに移り、本作の風景やダンジョン内の様子、敵との戦闘シーンが公開された。

『ダークソウル2』 『ダークソウル2』
▲グラフィックエンジンが一新され、より臨場感の高い映像が実現している。
『ダークソウル2』 『ダークソウル2』 『ダークソウル2』
『ダークソウル2』 『ダークソウル2』 『ダークソウル2』
『ダークソウル2』 『ダークソウル2』 『ダークソウル2』
▲こうしたキャラクターの豊富なモーションも本作の特徴の1つ。

 また、開発のテーマとして「誠実に殺す」という一文を掲げていることを明かした。

『ダークソウル2』

 これは“死の多様性”を重視して、「いかに死に様を楽しんでもらうか」という部分に根付いているという。死ぬことを楽しみ、数多く死んで、その上でクリアの達成感を味わってほしいというわけだ。もちろん「いじわるなゲームを作りたいと思っているわけではない」と述べていた。

『ダークソウル2』 『ダークソウル2』
▲吊り橋を渡ろうとしたらワイバーンが降りてきて吊り橋を壊して、落下して死亡。▲ダンジョン内を探索していたら、猛スピードでシルバーチャリオッツが突進してきて轢死。
『ダークソウル2』 『ダークソウル2』
▲炎で照らされた赤い廊下の1シーン。放った矢がオーガの腹に突き刺さる。

→さまざまなキャンペーンの告知や麒麟の2人によるトークショー(2ページ目へ)

(C)2013 NAMCO BANDAI Games Inc. (C)2011-2013 FromSoftware, Inc.

1 2

データ

イメージ
▼『ダークソウル2』
■メーカー:フロム・ソフトウェア
■対応機種:PS3
■ジャンル:ARPG
■発売日:2014年3月13日
■希望小売価格:7,429円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ダークソウル2』
■メーカー:フロム・ソフトウェア
■対応機種:Xbox 360
■ジャンル:ARPG
■発売日:2014年3月13日
■希望小売価格:7,429円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ダークソウル 2』
■メーカー:フロム・ソフトウェア
■対応機種:PC
■ジャンル:A・RPG
■発売日:未定
■希望小売価格:未定

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。