News

2013年5月8日(水)

【第23回】電撃おすすめアプリ 毎日レビュー&攻略『BADLAND』――独特な世界に迷い込むスクロール型アクションゲーム

文:宮居春馬

 フワフワと漂うように進んでいく感覚がクセになるiOS用アクションゲーム『BADLAND』の不思議な魅力を、宮居春馬が紹介します。

『BADLAND』

■『BADLAND』とは?

 フィンランドのゲーム開発会社Frogmindが贈るアクションゲーム。プレイヤーはCLONE(以下、クローン)という生物を操作し、仕掛けだらけのステージを進んでいく。クローンは画面を長押ししている間は羽ばたいて上昇し、離すと下降ながら右へと進んでいく。ステージは強制スクロールとなっており、仕掛けをかわしながらスクロールに合わせて進んでいかなくてはいけない。

『BADLAND』

■美しくも不気味な世界感

 アプリを起動して何よりも気になったのはやはり、その印象的なデザインと世界感。色鮮やかに描かれた背景と、黒い影のようなステージやクローンとのコントラストにはついつい見入ってしまいます。ファンタジー世界を思わせるような木々が並び立つ背景の中には機械らしきものも見え、自然の中に機械が侵食しているかのような奇妙な世界感が見えます。

 ステージ中にも機械的な仕掛けがあり、背景の森とは奇妙な対比が感じられます。ここがどのような世界であり、クローンはどこを目指して進んでいるのか、プレイを進めていけばわかるのでしょうか? ゲームを進めるのが楽しみになっていきますね。

『BADLAND』
▲ステージが進むと雰囲気が変わり、さらに機械部品のような仕掛けが増えていく。雑多に並ぶ機械部品は、荒廃した世界を感じさせてくれる。

→次のページでは、本作の魅力を紹介!(2ページ目へ)

(C)2013 Frogmind

1 2 3

データ

▼『BADLAND』
■メーカー:Frogmind
■対応機種:iOS
■ジャンル:ACT
■配信日:2013年4月4日
■価格:350円(税込)

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。

ゲーム実況エクストリーム
再生数ランキング(04/16~04/22)

  1. 1

    【MHW】壊れ性能の新防具と鑑定武器の強さと仕様「マム・タロト」は最高の神アップデート【モンハンワールド】

  2. 2

    【MHW】新モンスター「マム・タロト」は期間限定クエストだった!有利に戦える方法や環境利用、肉質や弱点属性など【モンハンワールド】

  3. 3

    【MHW】落石利用で「マム・タロト」を達成度MAXで攻略、調査前と調査後の比較【モンハンワールド】

  4. 4

    【MHW】歴戦個体に閃光弾が一部無効に!?ツタの葉の増殖や調査クエストのソートが可能に「第二弾大型アップデート」に伴う仕様変更【モンハンワールド】

  5. 5

    【MHW】アステラ祭No.1の神クエスト!HR、痕跡、装飾品、竜玉、紅玉、宝玉が同時に収集できる「丘の上の雪見桜」【モンハンワールド】

  6. 6

    【MHW】先取情報!期間限定で竜玉救済イベントクエスト登場か?「暴動とは斯くの如し」と第二弾大型アップデート実装内容アンケート結果【モンハンワールド】

  7. 7

    【MHW】新要素16人で討伐!新モンスター「爛輝龍 マム・タロト」の実機プレイはカプコンTVで【モンハンワールド】

  8. 8

    【MHW】発掘武器復活か?「鑑定武器」やマム・タロトの武器や防具、重ね着が生産可能に【モンハンワールド】

  9. 9

    【モンスト】もう引き際が分からない!再びラミエル狙いでガチャ!

  10. 10

    【モンスト】出るか出ないかはある種50%!新限定ラミエル狙いでガチャ!