News

2013年5月11日(土)

『トータル・イクリプス』トークライブでテキスト量が約3MBと明らかに。アニメはゲーム中盤までの物語、『君望』で言う体験版終了程度

文:ごえモン

『マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス(限定版)』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 MAGES.のゲーム&音楽ブランド5pb.から、5月16日に発売されるPS3/Xbox 360用ソフト『マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス(以下、トータル・イクリプス)』。本作の発売日を目前に控えた本日5月11日、新宿ロフトプラスワンで作品に関するトークライブが行われた。その模様をレポートする。

『マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス』トークライブ画像

■『トータル・イクリプス』ではBETAの新しい動きが収録

 トークライブ最初のテーマは“『トータル・イクリプス』のどこがスゴかったのか?”。原作者やいち早くプレイした関係者たちが、それぞれ印象に残ったシーンを発表する予定……だったのだが、司会進行を務めるニッポン放送アナウンサー・吉田尚記氏から、原作者・吉宗鋼紀氏がとあるインタビューの校正作業のため、到着が遅れていることが発表された。

『マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス』トークライブ画像
▲ニッポン放送アナウンサー・吉田尚記氏

 原作者不在のまま、吉田氏が来場者と雑談を続けること30分。「実はドッキリ企画なんじゃないか」「進行が1人しかいないけど、もうお酒を飲んじゃおっかな」と吉田氏が疑心暗鬼&自暴自棄となりつつあったため、先に作品関係者を呼び、イベントを進める運びとなった。

 ステージに登壇したのは、『トータル・イクリプス』の監督を務めているタシロハヤト氏と、アスキー・メディアワークス『電撃大王』編集部の鈴木秀之。ゲームの話に入る前に、吉宗氏がいないからこそ言える、「これはさすがにあれかな?」と思える言動についてのぶっちゃけトークに。会場や出演者から次々とエピソードが挙がるが、その内容についてはニコニコ生放送の“タイムシフト視聴”でぜひ確認してほしい。

『マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス』トークライブ画像 『マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス』トークライブ画像
▲タシロ氏(1枚目左)と『電撃大王』鈴木(1枚目中)。吉田氏からの「本作のマスターアップを終えて、今はひと段落している状態ですか?」という質問に、「すぐ次があるので……」とタシロ氏からは気になる発言が飛び出す一幕も。

 雑談もほどほどに、そろそろ『トータル・イクリプス』の話に移ろうと実機を立ち上げたところ、ここでなんと吉宗氏が到着! 実はしばらく前から楽屋でスタンバイしていたそうで、不在のうちに出演者が話していたアレやコレやの話はすべて耳に入っていたとのこと。先ほどまで話していた自身に関するネタで会場を盛り上げ、となりの2人が若干気まずい表情を取りつつも、実機を使ったトークに移った。

『マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス』トークライブ画像 『マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス』トークライブ画像
▲『トータル・イクリプス』のゲーム画面が映し出させたのもつかの間、吉宗氏到着の報告が! この登場タイミングはまるでBETAのようだった。会場の“紳士級”(出演者に飲み物のプレゼントをした来場者のこと)から吉宗氏に飲み物が贈られ、全員でカンパイへ。

 実機を使ったトークコーナーでは、出演者それぞれが事前にプレイし、印象に残ったオススメのシーンを発表していくことに。トップバッターの『電撃大王』鈴木は、プレイ後の感想として、ADVでありながらしっかりとした動きのあった過去のシリーズから、どれぐらいゲームとして進化しているのかを楽しみにしていたとコメント。実際に本編を体験してみると、その部分がパワーアップしており、より“ぬるぬる”動いていて興奮したそうだ。余談だが、“ぬるぬる動いて興奮”という言葉に反応したユーザーは、“(性的な意味で)”とコメントしていた。

『マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス』トークライブ画像
▲『電撃大王』鈴木がチョイスしたのは、グアドループ基地で、シャワーを浴びたてのステラと出会うシーン。小説でもコミックでも同じシーンがあり、3回同じシーンを見ても、「大きいおっぱいっていいな」と思ったのが選考理由だそうだ。
『マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス』トークライブ画像 『マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス』トークライブ画像
▲本当は出演する予定だったまちょ羽田野氏のチョイスシーン。TVアニメでは描かれていないシーンということで、今回が初公開のシーンだ。
『マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス』トークライブ画像 『マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス』トークライブ画像
▲タシロ氏が選んだのは、ゲームの冒頭。このシーンに登場した篁唯依の声優・中原麻衣さんは、冒頭のシーンと数カ月後のシーンなど、時期によって唯依の声を少しずつ変えているという。キャラの心情を考慮しての演技に、吉宗氏は「麻衣ちゃんはストイックですよ。この人は本物」と絶賛していた。
『マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス』トークライブ画像 『マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス』トークライブ画像
▲その他、タシロ氏はカムチャツカでのラトロワとの会話シーンと崔亦菲との対戦シーンを選択。ラトロワとの会話はTVアニメではオミットされていた部分が、ゲームではすべて入っているということでぜひ見てほしいそうだ。ちなみに吉宗氏は、「アニメではすっごい巨乳だったけど、もとに戻ってよかった(笑)」とコメントしていた。

 映像の中で唯依たちがBETAと戦うシーンが出てきたが、タシロ氏いわく、TVアニメで描かれたBETAや戦術機の動きを今回の『トータル・イクリプス』で表現しているそうだ。要撃(グラップラー)級の足元に戦車(タンク)級が存在する描写(敵が混在している)や、戦車(タンク)級がジャンプをしながら襲ってくる動きなどが収録されており、より映像としてわかりやすく、臨場感のある戦闘が楽しめそうだった。

 ひと通りオススメのシーンが紹介されたところで、クリスカ・ビャーチェノワ役の声優・生天目仁美さんが登場。生天目さんも印象に残っているシーンを選んでいたのだが、残念ながら、例の戦車(タンク)級のシーンではなかった。

『マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス』トークライブ画像 『マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス』トークライブ画像
▲生天目さんが選んだのは、クリスカが鼻歌を歌うシーン。大事なシーンで流れてくる鼻歌のため、「頑張らなきゃ」と思い収録に臨んだそうだが、高いキーを鼻歌で出すのに苦戦したという。

→アニメとゲームは別の世界。
アニメの最終回はまだゲームの前半(2ページ目)

(C)吉宗鋼紀・ixtl / テレビ東京 / オルタネイティヴ第一計画 (C)2013 吉宗綱紀・ixtl / avex / MAGES. ixtl All rights reserved.

1 2

データ

▼『マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス(限定版)』
■メーカー:5pb.(MAGES.)
■対応機種:PS3
■ジャンル:ADV
■発売日:2013年5月16日
■希望小売価格:8,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス』
■メーカー:5pb.(MAGES.)
■対応機種:PS3
■ジャンル:ADV
■発売日:2013年5月16日
■希望小売価格:6,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス(限定版)』
■メーカー:5pb.(MAGES.)
■対応機種:Xbox 360
■ジャンル:ADV
■発売日:2013年5月16日
■希望小売価格:8,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス』
■メーカー:5pb.(MAGES.)
■対応機種:Xbox 360
■ジャンル:ADV
■発売日:2013年5月16日
■希望小売価格:6,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。