News

2013年5月21日(火)

『テラリア』の気になるデキをレビュー! PC版を遊んだうえで、果たしてPS3版は“買い”と言えるのか?【春のレビュー祭り】

文:まさ

『テラリア』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 4月下旬から6月上旬にかけて発売されるタイトルの中から、電撃オンラインが注目する作品のレビュー記事を掲載していく特別企画“春のレビュー祭り”。キーボードはゲーミングキーボードだが、マウスはワイヤレスマウスという、ゆるめのPCゲーマーな編集・まさです。この記事では、5月23日にスパイク・チュンソフトから発売されるPS3用ソフト、『テラリア』をレビューします。

『テラリア』

 さて、この『テラリア』というゲーム。普段からPCでゲームを遊んでいる人であれば、プレイしたことはなくとも、タイトルぐらいはご存知かと思います(『Terraria』と表記したほうがピンとくるかもしれませんね)。本作がPCで発売(Steamで配信)されたのは、今から約2年前。このころ、PCゲームのインディーズシーンでは、Mojangが開発した『Minecraft』のヒットを受けて、数多くのサンドボックス型のゲームが登場しました。

 その中でも、発売当初から非常に高い評価を受け、累計販売本数200万本以上のヒットを記録したのが、Re-Logicが開発した『テラリア』という作品です。ちなみに、こういう話を聞くと、「二番煎じか」とか「パクリゲーじゃん」とか思われる方もいるでしょうか、PCゲームのインディーズシーンにおいては、とある開発者が作ったゲームを起点に、別の開発者が新たな要素を付け加えたり、ゲームルールや表現手法を変えてみたりしながらジャンルの発展を遂げていくという文化が形成されています。時には「さすがにこれは……」と思う作品が生まれてくることもありますが、インディーズ系のゲームを楽しむ際には、そのあたりを深く気にしたら負けです。

『テラリア』 『テラリア』

■サンドボックス型のゲームって、何がおもしろいの?

 “サンドボックス”とは、ストレートに“砂場”という意味です。つまりサンドボックス型のゲームとは、まるで子供が砂場でお城を作ったり、穴を掘ったりするかのように、箱庭の世界でプレイヤー自身が遊び方を自由に決められる作品のことを示します。

『テラリア』

 ……などと説明されても、実際にサンドボックス型のゲームを遊んだ経験がない人には、いったい何がおもしろいのかさっぱりかと思います。まあ、「おもしろいことができるからおもしろいんだ!」みたいなことを言わてれも、わけがわからないですよね。私だってわかりません。ということで、“おもしろいこと”の一例をあげてみましょう。

 個人的に、サンドボックス型のゲームで一番のおもしろいと思うのは、プレイヤーの性格や嗜好がプレイに大きく反映されるところです。百聞は一見にしかずということで、参考までに、私が本作を15時間ほどプレイした時点でのゲーム画面を見ていただきます。

『テラリア』
▲大体の目安として、“クトゥルフのめだま”と戦う準備が整ったあたりまで遊んでみました。

 今回のプレイでは、オーソドックスな流れとして、拠点となる家を作りました。基本的には、四角い小屋(いわゆる“豆腐ハウス”)をつなぎ合わせて作ったシンプルな形状。NPCを住ませるための部屋の構造は整然としており、一見するとデザインよりも機能を重視する性格なようにも思われます。しかし、各部屋にある作業台や家具などの配置は、かなりいい加減です。このことから、機能性を重視して作っているのではなく、単に計画性がないからこの形になったということが推察できますね。

『テラリア』
▲ナースの部屋にシャンデリアを配置した時点で、天井が低すぎたことを後悔しました。

 さらに、最初の方に作った1階、2階部分はそれなりに装飾が充実していますが、後から増築した上の階になるほどおざなりに。ここから、飽きっぽい性格だということが見て取れます。さらに、屋根の代わりに草土を盛って植林場にするというズボラっぷり。効率的と言えば効率的ですが、「だったら最初から林の下に穴を掘って部屋を作れば?」って話ですよね。

『テラリア』 『テラリア』
▲屋根を植林場にしてしまったので、横方向に増築。周辺の整地をサボった結果、微妙な段差が……。

 このように、プレイヤーの性格が画面に出るため、他人のプレイを見るのが非常に楽しいのもサンドボックス型のゲームの特徴でもあります。ニコニコ動画やYouTubeといった動画サイトで、『Minecraft』をはじめとしたサンドボックス型のゲームのプレイ動画が人気なのもうなずけますね。ちなみに、PS3『テラリア』は、ニコニコ動画およびニコニコ生放送での投稿・配信が公式に許諾されています。ソフトの発売日には、一般応募による先行実況プレイヤーの動画も公開されるので、それを見て本作の購入を検討してみるのもいいと思います。

→気になるコントローラでの操作性は?(2ページ目)

Published by 505 Games(and Spike Chunsoft for Japan region).
(C) 2012 Re-Logic. Console versions developed by Engine Software. All Rights Reserved.

1 2 3 4

データ

▼『テラリア』
■メーカー:スパイク・チュンソフト
■対応機種:PS3
■ジャンル:アクションADV
■発売日:2013年5月23日
■希望小売価格:3,980円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『テラリア』ダウンロード版
■メーカー:スパイク・チュンソフト
■対応機種:PS3
■ジャンル:A・AVG
■発売日:2013年5月23日
■希望小売価格:3,300円(税込)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。