News

2013年5月20日(月)

『真・女神転生IV』の楽しさはメギドラオン級! 予想以上のボリュームとやり応えにオレの魂もサマリカーム【春のレビュー祭り】

文:ゴロー

『真・女神転生IV』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 インデックスのゲームブランド・アトラスから、5月23日に発売される3DS用ソフト『真・女神転生IV』。『真・女神転生』シリーズとしては10年ぶりのナンバリングタイトルということで、ファンからの注目も高い作品です。

 今回、“春のレビュー祭り”ということで、つい先ほどまでゲームをプレイしていたのですが、記事を書いている今も、早く続きがやりたくてウズウズしています。この気持ちが皆さんにも伝わるよう、青春時代を悪魔合体に捧げたゴローが、いち『メガテン』ファンとして本作の見どころを全力で語っていきます!

『真・女神転生IV』

 なお、今回お届けする記事は主に新システムにスポットを当てており、ストーリーについては、これからプレイする皆さんのお楽しみを減らさないようにほとんど触れていません。あと、記事の最後では過去シリーズから変わった点などをまとめているので、そちらもお見逃しなく!

■エネミーシンボルにビビりまくりのダンジョン探索――カロン様ともすっかり顔馴染み

 今作から敵との遭遇は“シンボルエンカウント”に変わり、Xボタンで繰り出す攻撃をエネミーシンボルに命中させれば、敵全体にダメージを与えつつバトルで先制できます。プレイする前は「攻撃を当てるだけで先制できるなら楽そうだ」などとタカをくくっていたわけですが……。

『真・女神転生IV』 『真・女神転生IV』
▲主人公を発見するとエネミーシンボルは猛烈な勢いで向かってきます。初めは距離感とタイミングをつかめず、体当たりのオンパレードに。空振り時の隙も大きく、人生と同じでやり直しは効きません。

 エネミーシンボルの移動は結構速く、ちょっとでも壁にぶつかったりすると追いつかれてしまいます。それでも、うまくかわしながら進むことで敵とのバトルを回避できるようになったのはストレスもなくてイイ感じ!

『真・女神転生IV』 『真・女神転生IV』
▲エネミーシンボルには人型や鳥型、小人型や獣型などがあって、各タイプはバトル時に登場する悪魔の種類にリンクしているようです。

 接触でバトルに突入すると、敵に先制されることがあり、このペナルティが意外なほどにデカくてビックリしました。弱点でもないのに受けるダメージがとにかく強烈で、敵の先制ターンでパーティが壊滅・全滅するケースも珍しくはありません。

『真・女神転生IV』
▲まだ序盤だというのに、敵からの攻撃は目ん玉が飛び出るほどのダメージ! 何かの間違いだと思って難易度を確認してみましたが、しっかり“新人”(基本難易度)でした。

 パーティが全滅した場合は、主人公の魂が三途の川辺に送られ、渡し守であるカロンに“マッカ(お金)”かゲームコインを払うことでバトルの直前から再開できます。所持金が足りなくても“ツケ”にして復帰できるのは良心的。

『真・女神転生IV』 『真・女神転生IV』
▲死せる魂が多く、カロン様はかなりお忙しい様子。現世に復活させてやるから賄賂をよこせと言ってきますが、要求される金額は中々のお値段。
『真・女神転生IV』 『真・女神転生IV』 『真・女神転生IV』
▲のっけから虫ケラのごとく惨殺されて三途の川の常連に。カロン様ともすっかり顔馴染みです。▲お金が貯まったとたんにカロンのヤロウは取り立てにきました。忙しいんじゃなかったのかよ、オイ!▲ツケがある状態で全滅した場合は問答無用でゲームオーバー。貧乏人には無慈悲なり。

 とまあこんな感じで、初めのころは“敵に先制される→パーティ全滅→カロン様にツケで復活→ツケの完済”という悪循環でしたが、先制を取ることにしだいに慣れてきて武具を買ったり、マッカを交渉材料に悪魔を仲魔にしたりする余裕も出てきました。

 また、今作では戦闘に勝利してもマッカが手に入らず、主な資金源はダンジョンで手に入る“遺物”の売却となっています。

『真・女神転生IV』 『真・女神転生IV』
▲遺物が手に入るポイントはダンジョンのあちこちにあり、手に入れた後も時間で復活します。マッカを貯めるには探索を繰り返して地道に稼いでいくしかありません。
『真・女神転生IV』 『真・女神転生IV』
▲手に入れた遺物は、お店に持っていくことで鑑定されてお金に換わります。▲お店ではたまにセールをやっていることも。武具やアイテムを安く手に入れるチャンス!

 『メガテン』らしいスリリングなバトルは、健在どころか、よりパワーアップしている印象です。正直、歯ごたえありすぎで度肝を抜かれましたが、難しいと感じたのは単にオレが先制を取るのが下手だから……かもしれません。

 しかし、トータルバランスで考えてみると、エネミーシンボルに攻撃を当てれば先制されない全滅してもマッカを支払えば再開できる主人公が戦闘不能になっても仲魔が生き残っていれば全滅にならないといった点で、バトルはこれぐらいスリリングなほうがちょうどいいかと。また、難しいとは言っても決して理不尽ではなく、ちゃんと対策を立てるなり、キャラを鍛えるなりすれば乗り越えられます。むしろ、それでこそやりがいがあるというものです! ただ、それでもスリルがありすぎるという人には、難易度を1ランク下げて“候補生”でプレイするという手もありますのでご安心を。

『真・女神転生IV』
▲主人公の戦闘不能で即ゲームオーバーにならないのはうれしい限り。仲魔がその戦闘を乗り切れば立ち直れるし、仲魔にリカームの魔法や回復アイテムを使えるスキルを覚えさせておけば戦闘中に主人公を蘇生させることもできます。

→“バロウズアプリ”でプレイ環境を自由にカスタマイズ!(2ページ目)

(C)Index Corporation 1992,2012 Produces by ATLUS

1 2 3 4

データ

▼『真・女神転生IV 限定モデル』
■メーカー:アトラス(インデックス)
■対応機種:3DS
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年5月23日
■希望小売価格:25,880円(税込)
 
■『真・女神転生IV 限定モデル』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『真・女神転生IV』
■メーカー:アトラス(インデックス)
■対応機種:3DS
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年5月23日
■希望小売価格:6,648円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『真・女神転生IV』
■メーカー:アトラス(インデックス)
■対応機種:3DS(ダウンロード版)
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年5月23日
■価格:6,300円(税込)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。