News

2013年5月30日(木)

PS3『ねらわれた学園』“PlayView完全版資料集”を動画レビュー! 収録コンテンツの魅力と快適動作についてアニメ好きが語る

文:イトヤン

『ねらわれた学園 劇場版アニメ&完全版資料集 Hybrid Disc』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

■約2,000ページにおよぶ完全版資料集を実現可能にした、PlayViewってどんなもの?

イトヤンどういう買い方をすればいいかわかったところで、そろそろPlayView完全版資料集について話しましょうよ(笑)。

『ねらわれた学園』
▲PlayView完全版資料集の目次画面。この資料集では、全部で6つの項目が用意されています。その総数はなんと約2,000ページ!

てけおんそもそもさぁ、“PlayView”っていったいなんなの?

ごえモンえーと……。“PlayView”はテキスト・文章・音楽・映像がリンクし、膨大な資料をシームレスかつスピーディに鑑賞できる、PS3用ビューアー型コンテンツです。

イトヤン……今、資料をそのまま読み上げましたよね?

ごえモンシーッ! 要するに、静止画や文章、動画などを同時に楽しめる、PS3ならではのデジタル・コンテンツってことですよ。それが具体的にどんなものなのかについては、これから我々がレポートするんじゃないですかっ!

てけおんうわっ、逆ギレだ(笑)。

ごえモンとりあえず、どんなものなのか動かしてみましょうよ。そうすればPlayViewがどんなものか、すぐわかりますから。

■軽快な操作で、キャラクター設定や背景美術を鑑賞できる!

【PlayView完全版資料集動画:キャラクター設定】

イトヤンこれは作画の元になる、キャラクター設定ですね。

てけおんそれにしても、かなりアップにできますね。細かいところまでしっかりと見えますよ。

ごえモン“完全版資料集”には、キャラクター設定の画像だけでも130点ぐらい収録されているんですけど……これはじっくり見ちゃうなぁ。

『ねらわれた学園』 『ねらわれた学園』
▲キャラクター設定の項目には、メインの4人をはじめ、本作に出演するキャラクター設定を収録しています。左が主人公・関ケンジの幼なじみ・涼浦ナツキ、右がクラスメイトの春河カホリです。もちろん、登場シーンが少ししかないサブキャラクターの細かい設定まで、じっくり確認することができます。

イトヤンキャラクター設定って、表情や服装といったメインの画像はもちろん魅力的なんですけど、ディテールについての細かい注意書きを見ることができるのが、また楽しいんですよ。設定画の全体を見る時には、そうした注意書きが小さすぎて読むのが大変だったりするんですけど、PlayViewだと、ものすごく手軽に拡大できるんですね。

ごえモン拡大や縮小なら、こっちも見てみたいですね。宣伝用のキービジュアルや、アニメ雑誌などに掲載された版権イラストが、まとめて見られるところ。

【PlayView完全版資料集動画:版権イラスト】

『ねらわれた学園』 『ねらわれた学園』 『ねらわれた学園』
▲ポスター用のキービジュアルや、アニメ雑誌などに掲載された版権イラストを収録。彩色された完成版のイラストだけでなく、原画やレイアウト、背景なども個別に見ることができます。

イトヤン完成したイラストだけじゃなくて、そのイラストの背景や原画も収録されているんですね。

てけおんそれにしても、拡大や縮小のレスポンスが早いね~。拡大しながら移動もできるから、見たいところにちゃんと近寄っていけるし。PS3のコントローラを使っているから、操作がまるでゲームみたいな感覚。

イトヤン原画を鉛筆のタッチがわかるぐらい拡大しても、ジャギってギザギザに見えたりしないのもスゴイですね。

ごえモンこんな風に、画像の拡大や縮小がスムーズに、しかもキレイに表示されるのがPlayViewの最大の特徴だそうです。じゃあ次は、こっちも見てみましょうよ。

【PlayView完全版資料集動画:背景美術】

イトヤンこれは背景画ですね。この作品の背景って、すごくキレイでしたもんねぇ。

てけおん建物や木々が細かく描かれているだけじゃなくて、夕焼けで風景が赤く染まっていたり、太陽の光が七色に輝いていたりとか、光の感じがすごく印象的だったよね。

ごえモンここでは背景画をただ見るだけじゃなくて、そこに光の処理を加えた最終的な画面を、静止画や動画で確認できるみたいです。

『ねらわれた学園』 『ねらわれた学園』
▲物語の舞台となる風景を描いた背景美術を見ることができます。実際に本編で使用された背景に加えて、美術設定も収録。また、完成した画面と比較することもできます。

てけおんお~。光が加わったり、画面全体を花びらが舞ったりすることで、画面に奥行きが出ているのがよくわかるね。

イトヤンこの作品って、神奈川の江ノ島周辺が舞台になってるんですけど、背景の中には現実のロケハン写真が収録されているものもあるんです。現実の風景を忠実に再現していることがわかって、おもしろいですよ。

『ねらわれた学園』 『ねらわれた学園』
『ねらわれた学園』 『ねらわれた学園』
▲背景美術と、実際にロケハンした写真とを見比べることも可能です。

ごえモン完全版資料集はこれだけでもすごいんですが、個人的に一番気になっているのが次のやつ。これ、相当ヤバいですよ!

→900ページ超の絵コンテや総作画監督による修正原画など(3ページ目へ)

(C)眉村卓・講談社/ねらわれた学園製作委員会
(C)2013 NBGI
“PlayStation”、“PS3”および“PlayView”は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの商標または登録商標です。

データ

▼『ねらわれた学園 劇場版アニメ&完全版資料集 Hybrid Disc』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PS3
■ジャンル:その他
■発売日:2013年6月6日
■希望小売価格:6,300円+税
▼『ねらわれた学園 本編映像』ダウンロード版
■発売日:2013年6月5日
■価格:HD版(特典映像あり)……3,500円(税込)/SD版(特典映像なし)……2,500円(税込)
▼『ねらわれた学園 本編映像』レンタル配信版
■発売日:2013年6月19日
■価格:HD版……500円(税込)/SD版……400円(税込)
※視聴期間に限りがある
▼『ねらわれた学園 PlayView「完全版資料集」』ダウンロード版
■発売日:2013年6月6日
■価格:2,000円(税込)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。