News

2013年5月30日(木)

『箱! -OPEN ME-』がリアル脱出ゲーム『マッド博士の異常な遺言状』とコラボックス! 配信日は6月6日

文:電撃オンライン

 SCEは、PS Vita用ダウンロード専売ソフト『箱! -OPEN ME-』の新たなダウンロードコンテンツとして、『マッド博士の異常な遺言箱』を6月6日に配信する。価格は500円(税込)。

※以下、メーカー様からの情報をもとに記事を掲載しております。

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア※1(SCEJA)は日本国内に向けて、PlayStation Vitaオンライン配信専用タイトル『箱! -OPEN ME-』(以下:『箱!』)のダウンロードコンテンツ『マッド博士の異常な遺言箱』を2013年6月6日(木)より配信することをご案内いたします。

『マッド博士の異常な遺言箱』

【“リアル脱出ゲーム”※2で名高いSCRAPとのコラボレーション箱が遂に実現!】

 PlayStation Vitaの背面カメラとAR(拡張現実)を使った箱開けゲーム『箱! -OPEN ME-』は、今までに数々の個性的な仕掛けを施したコラボレーション箱“コラボックス”(ダウンロードコンテンツ)を展開してまいりました。

 この度“リアル脱出ゲーム”で名高いSCRAP全面監修で、人気シリーズ『マッド博士の異常な遺言状』から出題される“コラボックス”、『マッド博士の異常な遺言箱』を2013年6月6日(木)より配信いたします。

■コラボックス『マッド博士の異常な遺言箱』概要
作品名:マッド博士の異常な遺言箱
配信日:2013年6月6日(木)
価格 ダウンロード販売価格:500円(税込)
発売元:株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント
作品概要:“リアル脱出ゲーム”で名高いSCRAPとのコラボレーション箱が遂に実現! SCRAP全面監修で、人気シリーズ『マッド博士の異常な遺言状』からの出題。今までにない超難解な謎、隠された秘密とは……? 目標タイムは60分。紙とペンを用意し、箱も謎も開けてME!

-世界最高の脳に 勝てますかな- 

備考:“コラボックス”はダイジェスト版では遊べません。

『マッド博士の異常な遺言箱』 『マッド博士の異常な遺言箱』

■『箱! -OPEN ME-』作品概要
  開けれるもんなら開けてME! PlayStation Vitaのカメラを使った次世代の遊び“箱開け”。PS Vitaの背面カメラで覗くと、あたかもそこにあるかのように画面の中に箱が出現。あなたの目的は、この箱を開けることだけです……とはいえ、もちろん一筋縄ではいきません。箱には仕掛けが施されており、開けようとするあなたを邪魔します。四方八方、いろんな方向から箱を覗いて、箱の開け方を探し出しましょう!

(※1)株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントのディビジョンカンパニーとして国内およびアジア地域向けビジネスを担当。
(※2)“リアル脱出ゲーム”は株式会社SCRAPの登録商標です。

(C)2012 Sony Computer Entertainment Inc.

データ

▼『箱! -OPEN ME-』
■メーカー:SCE
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:PZG
■配信日:2012年12月20日
■価格:1,500円(税込)
▼『箱! -OPEN ME- ダイジェスト版』
■メーカー:SCE
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:PZG
■配信日:2012年12月20日
■価格:100円(税込)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。