News

2013年6月5日(水)

富士見書房×MFが手掛けるオリジナルTCG『アンジュ・ヴィエルジュTCG』が始動! アニメ&ラノベファンをターゲットにした美少女満載のゲームに

文:カネキング

 富士見書房とメディアファクトリーは、新作トレーディングカードゲーム『アンジュ・ヴィエルジュ トレーディングカードゲーム(以下、アンジュ)』の制作発表会を、本日6月5日に開催した。

『アンジュ・ヴィエルジュTCG』

 発表会では、まず本作のPVが上映された後、メディアファクトリーのチーフプロデューサー・池田正道氏が登壇。本作の概要を説明した。本作は、完全オリジナルのゲームとなり、企画・開発を富士見書房が、発売・販売をメディアファクトリーが、ゲーム開発を遊宝洞がそれぞれ担当する。また、本作のタイトルについて池田氏は、「“アンジュ”の名称で親しんでほしい」と略称についても話していた。

『アンジュ・ヴィエルジュTCG』

 本作のメインターゲットは20代前半の男性だが、アニメファン、ライトノベルファンにも向けた設計になっているとのこと。商品展開は、まずスターターとブースターパック第1章が10月4日に発売。ブースターパックの価格は、1パック7枚入りで300円(税抜)。種類数は全124種となる。

『アンジュ・ヴィエルジュTCG』

 スターターの価格は477円(税抜)。こちらはまずゲームに触ってほしいということで、サービス価格になっているのだそうだ。枚数は54枚。構築済みのデッキとなる。

 続いて、本作の特長が細かく紹介された。本作の注目ポイントは、豪華イラストレーターが参加する点、10分前後のシンプルでスピーディなゲームシステム、そしてイベントやメディアミックスなど幅広い展開を行う点だ。

 販促展開については、まず6月から限定的な体験会を実施し、7月28日に開催される“MF文庫J「夏の学園祭2013」”で本作の無料体験版となる“プレリュードブック”を配布。こちらには、体験版のデッキとショートストーリーが収録されるとのことだ。その後8月からは、順次全国のカードショップなどで体験会を実施し、10月に商品発売という流れになる。

『アンジュ・ヴィエルジュTCG』

 また、ポイント制度が導入されることも明らかになった。ショップ大会などのイベントに参加したり商品を購入したりすることでポイントがたまり、たまったポイントは景品と交換できたりするという。

 商品は、12月にブースターパック第2章が、2014年3月に第3章が発売。その後も3カ月に1度のペースで新商品がリリースされていくとのことだ。

 メディアミックスについては、まず第1章の発売にあわせてライトノベルが展開される。さらに、コミックアライブではコミックを展開し、7月にはプロダクションI.Gが手掛けるアニメPVも公開。さらに10月中旬からは、セガネットワークスが手掛けるスマホゲームも展開するという。

→いよいよゲーム内容が明らかに!(2ページ目へ)

(C)Ange Project

1 2 3

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。