News

2013年6月7日(金)

『RACE DRIVER GRID 2』のメインモードを紹介――新人ドライバーから勝ち上がり、世界に名を馳せるスターへ上り詰める楽しみ

文:キャナ☆メン

『RACE DRIVER GRID 2(レースドライバーグリッド2)』の購入はこちらから

Amazon.co.jp
『RACE DRIVER GRID 2』

 コードマスターズは、7月25日に発売するPS3/Xbox 360用ソフト『RACE DRIVER GRID 2(レース ドライバー グリッド 2)』の新情報を公開した。

 本作は、クルマで走る楽しさの表現にこだわったオンロードレースゲーム。新技術“TrueFeel”ハンドリングシステムの搭載により、実車の手触りを再現した操作感を体験できるのが特徴だ。コースは、アメリカ・ヨーロッパ・アジアの3大陸を舞台に、公式レースで使用されるサーキットや、さまざまな市街地、山道などが収録される。

 今回の記事では、ストーリーに沿ってゲームを進めていくキャリアモードの詳細や、3タイプに分かれた収録コースの特徴を紹介する。

■勝利を重ねてファンとスポンサーを獲得しよう!

 キャリアモードは、本作のメインモードいえるボリュームで、新人ドライバーから経験を積んで世界に名を馳せるまでに成長していく道筋を体験できるモードだ。以下に、そのストーリーとゲームの流れをお伝えしていく。

『RACE DRIVER GRID 2』

●ストーリー

『RACE DRIVER GRID 2』

 純粋なレースだけではなく、さまざまなレースタイプ(競技種目)にわたって、高いパフォーマンスを発揮することが求められる、総合的なモータースポーツ・レーシングのチャンピオンシップ“ワールド・シリーズ・レーシング(以下、WSR)”。WSRの創立者であり、投資家のパトリック・キャラハンは、同チャンピオンシップの立ち上げにあたって、最高のドライバーを集めることで世界が注目すると考え、スター選手を探し求めていた。

 プレイヤーが活躍する、有名動画サイトでの映像がキャラハンの目に留まり、プレイヤーはスカウトを受ける。目的は、WSRのスター選手となって、人々の目を引き付けながら世界を転戦し、優秀なレースクラブやドライバーを採用してWSRの地位を確立するというもの。プレイヤーは、速さだけを競うレース以外にも、ドリフト走行をして得点を競うレースなど、バラエティ豊かなレースにチャレンジし、あらゆるレースで好成績を収めていく。

<パトリック・キャラハンが語るWSRの目指すもの>


●キャリアの序盤

 スタートして間もないころは、テストへの参加や、各地のレースクラブが主催する草の根レースに参戦して経験を積み、徐々にファンを獲得していくことになる。

『RACE DRIVER GRID 2』 『RACE DRIVER GRID 2』
▲閑散としたガレージ。序盤では、参加できるイベントが限られている。▲モニターの左下に注目。ファン数が増えると、徐々にイベントが解除されていく。
『RACE DRIVER GRID 2』 『RACE DRIVER GRID 2』
▲プレイヤーの活躍がSNSや動画サイトを介して話題になっていく演出が導入されている。人気の上昇をリアルに感じられるだろう。

●イベントへの招待

 上位入賞を果たして活躍すると、ファンやスポンサーを獲得できる。そうなれば、レースクラブのレースだけでなく、新しいテクニックを披露してファン獲得を狙う“プロモーションイベント”、マシンがもらえる“ビークルチャレンジ”など、新たなイベントに挑戦できるようになっていく。

『RACE DRIVER GRID 2』 『RACE DRIVER GRID 2』
▲トップ3に入って注目をされるようになると、イベントへの招待が。▲さまざまな種類のイベントが用意されている。

●マシンの入手

 序盤は使用できるマシンが限られているものの、レースで結果を上げれば、より高性能で魅力的なマシンが解除されていく。マシンは、数多く用意されたパターンやデザイン、カラーなどを好みで選択可能だ。カスタマイズのパターンは、60億通りも用意されているという。

『RACE DRIVER GRID 2』 『RACE DRIVER GRID 2』
▲さまざまなレースタイプに対応できるよう、マシンのラインナップは充実させたい。▲スペックだけでなく、カーデザインでも個性を出せる。ホイールのカスタマイズなども可能だ。

●スポンサーの獲得

 成績に応じて新たなスポンサーが現れると、獲得したスポンサーのロゴを車体に配置できるようになる。スポンサーを獲得するには、提示された条件をクリアすることが必要だ。

『RACE DRIVER GRID 2』 『RACE DRIVER GRID 2』
▲結果を残せば、スポンサーは増えていく。▲プロモーションイベントは、スポンサーへのアピールの場として有効だ。

●待遇への変化

 数多くの勝利を得られれば、ファンを獲得できるだけでなく、使用可能なマシンやそのデザインが増えたり、イベントへの招待が多く寄せられたりする。その他、メニュー画面であるガレージの設備が徐々に整っていくメリットもある。

 また、参加するレースには派手な演出が加わり、観客数やその熱気もビッグイベントの雰囲気が感じられるものへと変化していく。そこからさらに注目を集めるようになると、メディアによる報道が段々と大きくなり、 WSRの成長過程を目に見える形で示す演出を体験できるようになる。

 本作では、アメリカで30年以上の歴史を持つ大手スポーツ専門チャンネル“ESPN”とのコラボレーションが行われ、その看板スポーツ番組“Sports Center”がゲーム中に登場する。草の根レベルのレースの時は報道枠が小さいものの、国際的に注目を浴びるようになるとWSRのニュースがヘッドラインを飾るなど、その演出には力が入っている。

『RACE DRIVER GRID 2』 『RACE DRIVER GRID 2』
▲ガレージの変化。最初は寂れた感じだが、勝ちを重ねることで、グレードアップしていく。
『RACE DRIVER GRID 2』 『RACE DRIVER GRID 2』
▲知名度が上がってくると、ESPNの番組もWSRを大きく取り上げるようになる。

→続いてはアメリカ、ヨーロッパ、アジアを舞台にした
コースの特徴を紹介(2ページ目へ)

※画像は開発中のXbox 360版のもの。
(C) 2013 The Codemasters Software Company Limited ("Codemasters"). All rights reserved. "Codemasters”, “Ego”, the Codemasters logo and “Race Driver GRID” are registered trademarks owned by Codemasters. “Race Driver GRID 2”, “Codemasters Racing” and “RaceNet” are trademarks of Codemasters.All other copyrights or trademarks are the property of their respective owners and are being used under license. This game is NOT licensed by or associated with the FIA or any related company. Developed and published by Codemasters.

1 2

データ

▼『RACE DRIVER GRID 2(レースドライバーグリッド2)』
■メーカー:コードマスターズ
■対応機種:PS3
■ジャンル:レース
■発売日:2013年7月25日
■希望小売価格:7,400円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『RACE DRIVER GRID 2(レースドライバーグリッド2)』
■メーカー:コードマスターズ
■対応機種:Xbox 360
■ジャンル:レース
■発売日:2013年7月25日
■希望小売価格:7,400円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。