News

2013年6月13日(木)

スクウェア・エニックス、野村哲也氏が注目するPS4とXbox Oneのタイトルとは?【E3 2013】

文:電撃オンライン

 E3 2013にて、『ファイナルファンタジーXV』と『キングダム ハーツIII』という2つのPS4/Xbox One対応タイトルを発表したスクウェア・エニックスの野村哲也氏。『ファイナルファンタジー』シリーズはもちろんながら、『キングダム ハーツ』シリーズの人気は海外でも高く、SCEプレスカンファレンスでは本タイトルの発表時に大歓声が上がっていたのが印象深い。

野村哲也氏インタビュー 野村哲也氏インタビュー

 全世界に配信されたカンファレンスの生中継では、映像が流れている間は会場内の音声が流れないため、2つのタイトルが発表された際にどれほどの反応があったかまでは伝わっていないだろう。実際、会場で『キングダム ハーツIII』のティザー映像が流れた際には、ディズニーのロゴが表示された時にまず歓喜の声が上がり、さらにタイトルロゴが表示された時に、その日一番とも言える大きな歓声が会場に響き渡っていたことを付け加えておこう。

 そんな海外での注目の高さを表すように、E3会場にて海外メディアからの取材対応に追われる野村哲也氏に、両ハードメーカーのカンファレンスで気になったタイトルを伺ってきた。野村哲也氏が注目する次世代のゲームタイトルとは?

野村哲也氏インタビュー
▲野村哲也氏。忙しいスケジュールの合間を縫って、現地でのインタビューに応じていただいた。

──PS4とXbox Oneのカンファレンスをご覧になって、気になったタイトルはありますか?

 すごいなと思ったタイトルは、『Titanfall』、『Watch Dogs』、『バトルフィールド4』ですね。舞台設定が現代だったりSFだったりするだけで、似たようなFPSタイプのゲームが多い中、これらのタイトルはそれぞれが強い個性を持っていると思います。

 やはり何か秀でた個性がないと響いてこないものなんですが、『Watch Dogs』はハッキングというすごく尖がったシステムがあって、『Titanfall』はロボット戦が特徴的ですよね。ロボットから降りて、さらに乗ってという状況の変化や、ロボットに乗って戦っている時の臨場感はなかなかすごいものがあります。

 『バトルフィールド4』については、『BF3』のころからグラフィックがキレイでリアルだなと思ってましたけど、今回もやっぱりすごくキレイですよね。そのうえで64人対戦が可能だというのには、ちょっとびっくりしました。そういうドンと突き抜けたところのあるゲームが、自分には気になりますね。

 あとは『メタルギア ソリッドV ファントムペイン』です。やっぱり『メタルギア』はグラフィックがキレイですし、表現がすごいですよね。同じ日本のメーカーとしても、やってくれたなという感じです。

──次世代機のタイトルは、日本からは小島秀夫監督と野村さんの作品しか出ていないですからね。

 そうなりますかね。『デッドライジング3』はカプコンさんのカナダですしね。図らずとも、マイクロソフトさんのほうに小島監督が出て、SCEさんのほうにうちが出た形になりました。

【E3 2013緊急アンケート】

 電撃オンラインでは、“E3 2013”に関する緊急アンケートを実施しています。アンケートにお答えいただいた方の中から抽選で、電撃オンライン×電撃PlayStation ゲーム詰め合わせ福袋を3名にプレゼント! 投稿の締め切りは6月16日(日)の23:59です。奮ってご参加ください。

【アンケートはこちら】

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。