News

2013年6月13日(木)

PS4『KNACK』のプレイレビューをお届け! SCEジャパンスタジオが目指したのは“なじみやすさ”【E3 2013】

文:megane

 PS4のローンチタイトルとして予定されているアクションゲーム『KNACK』。“E3 2013”の会場にプレイアブル出展されていた本作のプレイレビューをお届けする。

『KNACK』

 『KNACK』は、PS4のリードアーキテクトとして根幹にかかわるゲームクリエイター、マーク・サーニー氏監修のもと、SCEワールドワイドスタジオ ジャパンスタジオで開発されているタイトル。なお、本レポートの最後にマーク・サーニー氏からのコメントも掲載しているので参照してほしい。

■『KNACK』は純然たるアクションゲームである

 本作は、発明によって生み出された生命体である“ナック”を操作してゲームを進めていく。ナックはジャンプやパンチ、ジャンプからの回転アタックなどのアクションができ、これらを駆使してステージを進んでいく。

『KNACK』
▲左がプレイヤーの操作するナック。

 なお、本作の世界は“レリック”と呼ばれる動力で電灯から自動車などほぼすべてのものを動かすようになっている。ナックにも体の中心にレリックが存在し、ステージ上のオブジェクトを壊すことでレリックを回収して自分の力としていく。

『KNACK』 『KNACK』
▲ナックはパーツを身にまとってどんどん大きくなっていく。

 レリックを回収するとその破片がナックの体を形成し始め、どんどんと体が大きくなっていく。逆に敵の攻撃を食らうとレリックがはがれていってしまい、はがれるレリックがなくなってしまうと、ナックはやられてしまう。つまり、ナックの体の大きさが体力そのものを表しているということである。

 この体の変化について開発チームに尋ねたところ、ナックの体を作っているパーツの1つ1つは、レリックを回収した時のパーツがそのままの形でくっついているとのこと。攻撃を受けた場所がそのままパーツを落としていくようになり、同じ大きさのナックでも攻撃の受け方次第によっては腕部分がスカスカのナックができあがることもあるという。

■本作のキーワードの1つは“なじみやすさ”

 本作はこれまでシリーズ作品として出たことのない完全新作のタイトルである。そこで開発チームは「このゲームが受け入れられるにはどうしたらいいか」という要素を徹底的に洗い出し、たどり着いたのが“なじみやすさ”だったという。

 このなじみやすさという言葉には、“あたたかみ”と“優しさ”という2つの要素が含まれているとのこと。あたたかみとはこの物語を彩る世界全体の色味だったり、ライティングだったりといった部分が多く考慮されているという。

『KNACK』

 また、本作では自分でカメラを操作するということが一切ない。これはカメラの操作によって自分がどの方向を向いているか迷ってしまわないように、という思惑もあるだろう。シーンによってカメラの方角が変わるとはいえ、自分で変えられないということについて、好みが分かれるかもしれない。このあたりについては、念入りに調整していくという。

■フレンドが多いほどゲームが有利に

 ステージの途中には、ただの壁のように見えて壊せるものがいくつか存在する。その先には宝箱があり、シークレットアイテムを入手できる。このアイテムは何十種類もあり、それらを決まった組み合わせで入手することで特別な能力を持つアイテムとなる。

 ここでおもしろいのは、同じ場所の宝箱でも人によって手に入るものが異なるということ。そしてフレンド同士でそのアイテムを共有しあえる。“譲渡”ではなく“共有”なので、自分や相手が持っているアイテムはなくならない。つまりフレンドがたくさんいる人ほど有利にゲームを進めることができるということだ。もちろん、フレンドの多少でゲームの難度が天と地ほどの差があるというのは酷な話なので、このあたりについてもまだまだ調整中だろう。

■ステージごとのナックの変化を楽しむ

 ステージによってナックの見た目は大きく変わる。例えば、ガラスのパーツを身にまとって屋敷の中を潜入するステージでは、パーツの脱着を行い、ステージを進んでいく。パーツをすべて外した状態ならセンサーに引っかからないのだが、その状態では一発でやられてしまうため、パーツを頻繁に呼び寄せて体を作る必要がある。

 ボタン1つでパーツがすっ飛んできて、またその場でバラバラになるというアクションは、PS4のパワーを推し量れるというものだ。また、氷のステージでは氷柱の欠片がナックの体を作るパーツとなる。氷を身にまとうナックもまた新鮮な姿である。

『KNACK』 『KNACK』

 今回のE3でプレイできたのは、いくつかのステージのみだったが、シンプルで手触りのよい昔ながらのアクションといった印象だ。それでは以下より、本作の監修を行うマーク・サーニー氏からのコメントを掲載する。


□■□ マーク・サーニー氏からのコメント □■□

 今回のE3バージョンは、4つのステージから一部ずつを切り取って作ったものです。1つのステージは、30分とか1時間はクリアするのにかかるので、E3のためにこの特別なバージョンを作りました。全体のプレイ時間は12時間以上になります。

 透明なキャラクターは、攻撃が当たったら一発で倒されてしまいますが、セキュリティビームを通りぬけることができます。KNACKがビームに触ったら一発で死んでしまいます。

 KNACKは、どこから襲ってきた敵と戦うために、博士が作りました。このゲームでは、ステージによって拾えるものや、それによってできることが変わります。

 ジャンプやパンチといった基本的な攻撃方法だけではなく、クリスタルを拾うと特別な攻撃が繰り出せたりもしますよ。

■『KNACK』E3 2013向けトレーラー動画

【E3 2013緊急アンケート】

 電撃オンラインでは、“E3 2013”に関する緊急アンケートを実施しています。アンケートにお答えいただいた方の中から抽選で、電撃オンライン×電撃PlayStation ゲーム詰め合わせ福袋を3名にプレゼント! 投稿の締め切りは6月16日(日)の23:59です。奮ってご参加ください。

【アンケートはこちら】

(C)2013 Sony Computer Entertainment Inc. KNACK is a trademark of Sony Computer Entertainment America LLC.

データ

▼『KNACK』
■メーカー:SCE
■対応機種:PS4
■ジャンル:ACT
■発売日:2013年
■希望小売価格:未定

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。