News

2013年6月14日(金)

スクウェア・エニックスの新作『THIEF』は“盗み”が中心の一風変わったステルスアクションがメイン。これ、おもしろそうです!【E3 2013】

文:野村一真

『THIEF』画像

 “E3 2013”のスクウェア・エニックスブースにて、クローズドのシアターで公開されていた新作タイトル『THIEF』。盗賊らしく闇に紛れて行動するステルスアクションがメインだが、対象の持ち物を盗んだり(腰に付けている物をこっそり奪取するなど)、宝石を手に入れるために屋敷内を隠密行動し、複雑な仕掛けを1つ1つ解いていったりと、盗賊としての行為がとことん詰め込まれている。言い換えると、“盗み”を主軸にした一風変わったゲーム性になっているわけだ。

『THIEF』画像
▲主人公は熟練の盗賊“ギャレット”。その道で並ぶ者はいないとされる、凄腕の盗賊だ。
『THIEF』画像
▲イベントシーンなどを除くと、主に一人称視点でゲームは進んでいく。この写真は物陰から衛兵の様子を見ている状況。

 もちろん、ステルス以外の派手なアクションも用意されており、その際は一人称視点から三人称視点に切り替わることもある。三人称視点は、派手なアクションを視覚的に演出し、プレイヤーに楽しんでもらうための方法として、オーソドックスではあるが、わかりやすく効果的な手法と言えるだろう。

 ステルスアクションが基本となるが、障害となる敵を倒すことも可能。使用する武器は主に弓となり、矢の種類は複数あるようだ。なお、矢の中には殺傷能力のない種類も存在し、そうした矢で瓶を破壊して音を発生させることで敵の注意を別の場所に向け、その隙に先に進むといった行動もとることができる。また、火を消すための矢もあるようだ。

『THIEF』画像 『THIEF』画像
▲狙いすまして隠密裏に敵を攻撃することも、正面で相対して矢を放つこともできる。

 ここまでで概要的な部分を紹介してきたが、『THIEF』の雰囲気を直感的に知るうえでは動画が一番。ということで、現在公開されている動画はこちら。

■動画“『THIEF』Out of the Shadows”

■動画“『THIEF』E3 2013 Trailer”

→『THIEF』のことがさらにわかる“デモプレイ”まとめ(2ページ目へ)

(C)SQUARE ENIX LTD 2013

1 2

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。