News

2013年6月14日(金)

『ファイナルファンタジーXIII』シリーズプロデューサーの北瀬佳範氏に直撃! PS4&Xbox Oneで作りたいゲームの方向性が見えた【E3 2013】

文:電撃オンライン

 米国ロサンゼルス現地時間の6月10日に行われたプレスカンファレンスにて、詳細情報が発表された次世代機、PS4とXbox One。『ファイナルファンタジーXIII』シリーズのプロデューサーを務めるスクウェア・エニックスの北瀬佳範氏は、両カンファレンスを見てどのような印象を持ったのか。E3 2013の会場にて、率直な意見を伺った。

北瀬佳範氏インタビュー
▲北瀬佳範氏

――Xbox OneとPS4のカンファレンスをご覧になって、率直なご感想を教えてください。

 発表されたタイトルを見るとFPSなどが多くて、そういう点ではスクウェア・エニックスとしてはまったく別の切り口のゲームを作れそうだなというのが率直な感想ですね。次世代機における、うちの立ち位置というか、居場所が見えたような気がします。

 今回のE3で発表した『ファイナルファンタジーXV』などを見てもらってもわかると思いますが、スクウェア・エニックスが得意とする方向と、今回発表された多くのタイトルはまったく方向性が違っているので、逆に作りがいを感じましたね。

――プレスカンファレンスで発表されたPS4とXbox Oneの価格について、ご感想を教えてください。

 逆にユーザーの皆さんはどんな感想なんでしょうね? 日本での価格はまだ発表されていませんが、個人的には5~6万くらいかなと予想していたので、まぁそれで言えばXBOX Oneは順当かなと。逆に、PS4の価格が安かったので驚きました。

――各カンファレンスで紹介された内容の中で、気になったタイトルやサービスについて教えてください。

 タイトルでは『TITANFALL』が気になりました。ちょっと『進撃の巨人』のような感じにも見えましたし。サービス面では、PS4が中古をサポートするという発表があった時の会場の盛り上がりのほうが気になりましたね(笑)。ゲームメーカーの立場としては複雑ですが、ユーザーさんのことを考えると理解できる内容ではあります。

――Xbox OneやPS4といった次世代機で、どのようなゲームを作ってみたいか、差し支えない範囲で教えてください。

 作りたいというのとは少し違いますが、両ハードともプレイした内容をシェアできる機能があるので、そこは注目したいところですね。息子がよくFPSを遊んでいるんですが、時々友だちとYouTubeに動画をアップしあったりして楽しんでいるんです。我々世代ではなかなか思いつかない遊び方ですが、今後はそうした遊び方が主流になっていくのかなと思っています。そこから口コミのように、タイトルのおもしろさが伝わっていくようになることを期待しています。

【E3 2013緊急アンケート】

 電撃オンラインでは、“E3 2013”に関する緊急アンケートを実施しています。アンケートにお答えいただいた方の中から抽選で、電撃オンライン×電撃PlayStation ゲーム詰め合わせ福袋を3名にプレゼント! 投稿の締め切りは6月16日(日)の23:59です。奮ってご参加ください。

【アンケートはこちら】

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。