News

2013年6月14日(金)

謎に満ちた孤島を探索するPS4独占タイトル『The Witness』――美しいバーチャル世界とパズルの中に隠された真実とは?【E3 2013】

文:皐月誠

 “E3 2013”のSCEブースで、PS4用ソフト『The Witness』のプレゼンテーションが実施された。その中で確認できた、本作の概要について紹介する。

 『The Witness』は、その多くが謎に包まれている。公式サイトではジャンルすら“未定”となっているが、“パズルアドベンチャー”と表現するのが適しているだろう。バックストーリーも一切提示されず、“謎に満ちた孤島をパズルを解きながら冒険していく”というシチュエーションのみが明かされている。言うなれば、“何もわからないということだけがわかる”状態だ。

 プレイヤーの視点はファーストパーソン。オープンワールドの島にはところどころにパズルが置かれていて、それを解いていくことによって新たな道が開けていくようだ。パズルは一種の迷路で、スタートからゴールまでを1本のラインでつなげばクリアとなる。なお、ラインは同じ道を通ったり交差したりできず、一筆書きとなる必要がある。

『The Witness』 『The Witness』
▲通路が膨らんだスタート地点から、袋小路のゴールまで(実際はマーカーが点灯している)まで線を引く。これが基本。
『The Witness』 『The Witness』
▲パズルは徐々に難しくなっていく。クリアに成功すると、パズルにつながっているケーブルが発光して次のパズルを指し示す。パズルはエリアごとに種類が異なり、エリアAのパズルで詰まったから気分転換にエリアBのパズルへ挑戦……というような行為も可能だ。
『The Witness』 『The Witness』 『The Witness』
▲チュートリアルパズルの一例。黒い点を通過しなければならない。
『The Witness』 『The Witness』 『The Witness』
▲こちらでは、黒丸のブロックと白丸のブロックの間を通過していく。
『The Witness』
▲上記2つが複合されたパズル。チュートリアル用パズルの経験を生かして突破しよう。
『The Witness』 『The Witness』
▲ゴールがいっぱい? しかし背景にヒントが。▲線対称に動くライン。両方がそれぞれのゴールへたどり着ける道を探そう。
『The Witness』 『The Witness』
▲正しいルートがわからない……でも建物の窓から覗くと?
『The Witness』 『The Witness』
▲意味ありげなオブジェクト。これは一体?

 この島は何なのか。そして何が起こっているのか……そのすべては不明だが、1つだけ確実に言えるのは、PS4の表現力で描かれる島の美しさだ。個人的な感想としては、3Dゲームが出始めのころに散見されたバーチャル世界の探索ゲームを久しぶりに見たようで、懐かしい感覚を覚えた。

 ハードコアなアクションゲームやパーティゲームはもちろんおもしろいが、異世界への没入感をじっくり楽しめる本作は、現時点において希少な1本だろう。

『The Witness』
▲奥深いパズル&アクション『Braid』で世界的な評価を得た、開発者のジョナサン・ブロウさん。

【E3 2013緊急アンケート】

 電撃オンラインでは、“E3 2013”に関する緊急アンケートを実施しています。アンケートにお答えいただいた方の中から抽選で、電撃オンライン×電撃PlayStation ゲーム詰め合わせ福袋を3名にプレゼント! 投稿の締め切りは6月16日(日)の23:59です。奮ってご参加ください。

【アンケートはこちら】

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。