News

2013年6月21日(金)

【ほぼ毎日特集】ボードゲーム月イチレビュー:ダイスをたくさん転がすのが楽しい『ベガス』で気軽にギャンブラー気分を!(第5回)

文:てけおん

 電撃オンラインのスタッフがお届けする“ほぼ毎日特集”。その第5回目はてけおんがお贈りする“アナログゲーム漫遊記”。早い話が、毎月1回ボードゲームやカードゲームをプレイして、その雑感をお届けするユル~い企画です。

 で、今回遊ぶゲームは、“ラスベガスのカジノでプレイヤーたちの幸運を試す”という設定のボードゲーム『ベガス』。6つのカジノに置かれているドルを競り落としていく(設定的には賭けで勝つ)というゲームで、競りにダイスが絡むというのが特徴のゲームです。

『ベガス』
『ベガス』 『ベガス』
▲こちらがカジノのタイルです。よく見ると、1~6の数字が振られていることに気付くかと。これば、ダイスの目の1~6に対応しています。▲各カジノに置くお金カードです。1~9万ドルの9種類。
『ベガス』
▲こんな感じで、各カジノに最低5万ドル以上になるようにお金を配置したらゲームスタート!

 このゲームで“競り”に使用するのは、各プレイヤーに渡された8つのダイスです。手版になったプレイヤーは8つのダイスを振り、出た目に対応したカジノにダイスを置いていきます。“競り”という要素と、運によって左右されるダイスの組み合わせがユニークですね。

『ベガス』
▲8つのダイスを振った出目がこんな感じだとします。1~5のカジノにおけるダイスは1個。6のカジノにおけるダイスが3個ということになります。6のカジノに置く場合、6の目が出ているダイス3つ全部を置かなければいけません。

 プレイヤーは手番になると、“ダイスを振る→ダイスの出目を選ぶ→その目のダイスをすべてカジノタイル上に置く”ということを、自分のダイスがなくなるまで順番に行います。その結果、カジノタイルの上に置かれたダイスの数で競りを行うことになります。

『ベガス』
▲ちなみに、タイルの上のダイスが同数になってしまったプレイヤーが複数いた場合、そのプレイヤーたちのダイスは無効となります。写真だと3のカジノタイルには、青、白、緑の3人が絡んでいますが、白と緑のダイスは同じ数なので、1つしかダイスを置いていない青の繰り上げ勝利となります。

 全プレイヤーがダイスを振れなくなったところでラウンド終了。競りで勝ったプレイヤーが各カジノからお金をゲットして(複数お金カードが置かれているカジノの場合、2位以下もお金がもらえます)、次のラウンドへと進みます。これを4ラウンド繰り返したところでゲームが終了。もっともお金を持っている人が勝者となります。

■大まかなゲームの流れ■

(1)プレイヤー1人がダイスを振る。
(2)出目を選ぶ。
(3)選んだ出目のダイスを対応するカジノタイルに置く。
(4)これを順番に各プレイヤーが繰り返していく。
(5)全プレイヤーのダイス(ラウンド開始時は各自8個所持)が
   カジノタイルの上に置かれたら、“カジノの決算(競り)”を行う。
(6)競りの結果に従って、お金チケット分配を行う。

・上記(1)~(6)を1ラウンドとし、これを4ラウンド行ったところでゲーム終了。
もっとも多くのお金を持っているプレーヤーの勝利となる。

 では、次のページで実際に遊んでみた感想などをお届けします。ダイスをたくさん振るのは楽しそうなのですが、“運ゲーになってしまうのでは?”という印象もぬぐえません。はたして……?

→『ベガス』は運ゲーだったのか? その感想はこちらから!(2ページ目へ)

1 2

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。