News

2013年6月21日(金)

PS4&Xbox Oneクリエイターインタビュー セガ 細山田水紀氏編【E3 2013】

文:電撃オンライン

 現地時間6月10日にアメリカ・ロサンゼルスで開催されたマイクロソフトとSCEのカンファレンスをうけて、電撃オンラインでは各ゲームクリエイターに緊急アンケートを行った。

 ここでは、『ぷよぷよ』シリーズのプロデューサーを務めるセガ 細山田水紀氏からのコメントをお届けする。

細山田水紀氏
▲セガの細山田水紀氏(右)。写真は2012年2月のもの。

――マイクロソフト“Xbox E3 2013 メディアブリーフィング”を見て感じた率直な感想を教えてください。

 自宅でリアルタイムに発表を見ていたのですが、思っていたよりもXbox One独占販売のゲームが多い印象で、力を入れて作ってほしいというメッセージが感じられます。

 また、Xbox Oneの発表と切り分けることなく、Xbox 360に関するゲームや発表を織り交ぜながら進めていた点は、注目すべきポイントだと思います。日本でも別途発表会を行うことがあると思いますが、その見せ方に注目したいです。

――“Xbox E3 2013 メディアブリーフィング”で紹介されたタイトルの中で気になったタイトルを3つまで教えてください。

・『Metal Gear Solid V: The Phantom Pain』
・『Project Spark』
・『Halo on Xbox One』

――Xbox Oneの価格(499ドル)について、ご感想を教えてください。

 率直な感想として、価格よりも世界21の国と地域で2013年11月に発売するという発表について、そこに日本が入っていないことが少し残念でした。

 価格については、Xbox LIVE ゴールドメンバーシップのようなオンラインサービスの内容や価格が今後どうなるのか次第で受け止め方がかわりそうだと考えています。

――Xbox Oneを使って、どのようなゲームを作ってみたいか、差し支えない範囲でご自由に記入してください。

 キネクトを使ったあるジャンルのゲームなどを作りたいと思っています。


――SCE“プレイステーション E3 2013 メディアブリーフィング”を見て感じた率直な感想を教えてください。

 リアルタイムで見ることはできなかったのですが、ツイッターなどの反応を見ていて、盛り上がっている感を感じていました。

 その後、1日遅れでE3とはまったく関係のないアメリカ国内の滞在先で見た後、せっかくなので、その後に現地のゲームショップに遊びに来ていたお客様や訪問先の関係者と話をしてみたところ、PS4はゲーム好きな方にかなり好意的に受け入れられていると感じました。

 発表内容については、実際に自分の目で見たり、手にとって遊んでみたりしたいゲームが多く、E3会場に行っている方々がうらやましかったです。

――SCE“プレイステーション E3 2013 メディアブリーフィング”で紹介されたタイトルの中で気になったタイトルを3つまで教えてください。

・『Gran Turismo 6』
・『Final Fantasy XV』
・『Destiny』

――PS4の価格(399ドル)について、ご感想を教えてください。

 PS3の価格と比較すると、かなりお客様のことを考えて頑張っている印象があります。一方で、カメラが同梱されていない部分は、少し気になりました。

 PS Plus利用権などのオンラインサービスの日本における展開内容次第で、こちらも価格に対しては印象が変わってくると思っています。

――PS4を使って、どのようなゲームを作ってみたいか、差し支えない範囲でご自由に記入してください。

 SHAREボタンを使った遊びやあえて2Dのみで構成されたゲーム、誰でも気軽に遊べて熱中できるゲームなどを作りたいです。

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。