News

2013年7月5日(金)

『ガンダムブレイカー』の存在に心奪われた編集&ライターの座談会をお届け! BETA版からさらに遊びやすくなった製品版の感想は?

文:てけおん

『ガンダムブレイカー』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 バンダイナムコゲームスから6月27日に発売されたPS3用創壊共闘アクション『ガンダムブレイカー』(※PS Vita版は2013年内発売予定)。本作にハマる編集者&ライターの座談会をお届けする。

『ガンダムブレイカー』

 “ガンプラ”をモチーフとした本作は、これまでの『ガンダム』ゲームとは一線を画すタイプのアクションで、さまざまなガンプラのパーツを自由に組み合わせて、自分だけのガンプラを作って戦わせることができるゲームとなっている。今回の特集では、そんな本作の魅力にとりつかれた3人の編集&ライターの座談会をお届け! 製品版でBETA版から進化したポイントや、オススメの遊び方など、さまざまな要素について話しているので、ぜひチェックしてほしい!!

■製品版を遊んでみた率直な感想は?■

さくたろう:それではさっそく、『ガンダムブレイカー』の発売記念座談会を始めたいと思います!

ophion:よろしくお願いしまっす。

てけおん:します~。

さくたろう:ということで、発売前はBETA版をたっぷりプレイしてきたことだと思いますが、いざ製品版に触れてみてどうでした?

ophion:BETA版で不満だった操作やインフォメーション周りが、大きく改善されたのが印象的ですね。ロックオン関係とか、リトライした時に手に入らなくなってしまうパーツの表示とか。

さくたろう:そうそう。ロックオンが簡単に変更できるようになったお陰で、かなりミッションがはかどるようになりましたね。リトライで獲得できなくなったパーツは、何が消えたかわかるだけでもうれしい。

てけおん:そのパーツが手に入らないのは、結局変わらないんだけど、妙に確認したくなるよね(笑)。

ophion:そうなんですよ(笑)。逃した魚がわかるだけでも、ずいぶんと精神的にマシになります。

てけおん:右スティックでのロックオンも、慣れるまでは視点移動をしているつもりで次々とターゲットを切り替えちゃったりしたけれど、いったん慣れてしまうと便利だね。左スティックを上に入れると1発でボスにターゲットを合わせてくれたり。

さくたろう:ボスを優先的にロックできるようになる仕様は、想定していなかったんですけど、これは確かに使いやすい。

てけおん:それに、ミッション開始前にそのミッションでの入手パーツがわかるようになったのもいいところだね。レアパーツまでわかるし。

『ガンダムブレイカー』

さくたろう:後は、耐久値が危険域に入ると画面が赤くなるのもよかったかな。FPSなどではよくある演出ですよね。敵を倒してることに夢中になってると、耐久値を見逃しがちになってしまうので、あの演出はわかりやすくてかなり便利でした。

『ガンダムブレイカー』

てけおん:そうそう。敵を倒すことばかりに集中していると、意外と簡単に落ちちゃうんだよね(笑)。

ophion:画面が赤くなったら、とりあえずリペアパーツを使って、無敵時間を使って耐久値を確認とか、あのアラートのお陰で乱戦の中でひと呼吸つけることができたりしますね。

→好きな武器の話で盛り上がってみた!(2ページ目へ)

(C)創通・サンライズ (C)創通・サンライズ・MBS

1 2 3

データ

▼『ガンダムブレイカー』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PS3
■ジャンル:アクション
■発売日:2013年6月27日
■希望小売価格:7,600円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ガンダムブレイカー』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:アクション
■発売日:2013年10月31日
■希望小売価格:6,648円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ガンダムブレイカー』(ダウンロード版)
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PS3
■ジャンル:ACT
■配信日:2013年6月27日
■価格:7,980円(税込)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。