News

2013年7月8日(月)

“『DEAD OR ALIVE 5』Official Tournament 2013”にて韓国からの刺客が念願の初V達成! 13年ぶりのアーケード化も発表

文:ゴロー

『DEAD OR ALIVE 5 Ultimate コレクターズエディション』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 7月6日に都内のコーエーテクモゲームス 市ヶ谷事業所にて、公式大会“『DEAD OR ALIVE 5』Official Tournament 2013”が開催された。

『DEAD OR ALIVE 5』

 “『DEAD OR ALIVE 5』Official Tournament 2013”は、3D対戦格闘ゲーム『DEAD OR ALIVE 5(以下、DOA5)』を使用したシングル戦トーナメントの第2回大会。予選ラウンドを勝ち抜いた選手16人で決勝ラウンドを行い、本年度の頂点を決める。なお、9月5日にPS3/Xbox 360用ソフト『DEAD OR ALIVE 5 Ultimate』が発売されることもあり、『DOA5』の公式大会としては今回がラストとなる。

『DEAD OR ALIVE 5』 『DEAD OR ALIVE 5』
▲今年も全国各地および、台湾や韓国から腕に覚えのあるプレイヤーが続々と参戦。会場内には『DEAD OR ALIVE 5 Ultimate』の試遊台も用意されていた。

 この記事では、18:00より開始された決勝ラウンドの模様をお届けしていく。なお7月6日の記事でお伝えした通り、大会の最後は早矢仕プロデューサーからのサプライズ発表も行われた。

■ラストを飾るにふさわしい緻密な攻防戦――公認ファイターの壁は高く険しい

 『DOA5』大会の常連とも言える16人が名を連ねた決勝ラウンド。組み合わせ抽選はクジ引きで行われ、下ブロックに強豪プレイヤーである公認ファイター(※)3人が固まる結果になった。

※決勝ラウンドに残った『DOA5』公認ファイター:遊選手(本大会では“漢字の人”でエントリー)、TestTeam選手、輝Rock選手、餅A選手

『DEAD OR ALIVE 5』 『DEAD OR ALIVE 5』 『DEAD OR ALIVE 5』
▲1回戦早々に公認ファイターと当たることがわかり、うなだれる人も。
『DEAD OR ALIVE 5』

 決勝ラウンドは、前大会にも増してベスト16からハイレベルな戦いに。相手を背向け(ホールド不能)状態にさせて攻める、ダメージよりもその後の展開を重視したコンボを決めるなど、キャラクターごとの戦術がより進化しているように感じた。

『DEAD OR ALIVE 5』 『DEAD OR ALIVE 5』 『DEAD OR ALIVE 5』
『DEAD OR ALIVE 5』 『DEAD OR ALIVE 5』
『DEAD OR ALIVE 5』 『DEAD OR ALIVE 5』 『DEAD OR ALIVE 5』

 1回戦で特に盛り上がったのは、第3試合の“おこぷんどりーむ丸選手 vs. 漢字の人選手(以下、遊選手)”。最終試合のフルセットまでもつれ込み、あわや遊選手が1回戦で敗れるのでは? と思われたが、スペシャルパワーブローを決めて見事逆転勝利を収めた。

『DEAD OR ALIVE 5』 『DEAD OR ALIVE 5』

 続く2回戦では、“TestTeam選手 vs. 輝Rock選手”といった公認ファイター同士の対決も。両選手の試合は接戦が多かったが、TestTeam選手が粘り強さを見せ、2試合ともに3本連取の完封勝利となった。

『DEAD OR ALIVE 5』 『DEAD OR ALIVE 5』

 ベスト4に上り詰めたのは、烏龍茶選手、遊選手、TestTeam選手、餅A選手の4名。唯一、公認プレイヤーではない烏龍茶選手に注目が集まったが、遊選手の怒涛のラッシュに手も足も出ず……。遊選手が3試合ともに連取して、決勝戦への切符を手にした。

『DEAD OR ALIVE 5』 『DEAD OR ALIVE 5』 『DEAD OR ALIVE 5』
『DEAD OR ALIVE 5』 『DEAD OR ALIVE 5』
▲ベスト4からはルールが3試合先取に変更。烏龍茶選手は、起死回生の一手すらも遊選手にことごとくホールドされ、ほぼ手詰まり状態に。最終的に1セットも取れず、無念の敗北となった。

 準決勝第2試合は、第1回大会の決勝戦と同じカードが実現。1試合目は巧みな試合運びで餅A選手が先に2本取ったが、TestTeam選手が3ラウンド目を取り返してから試合の流れが一気に変わる。1試合目を逆転勝利して勢いに乗るTestTeam選手は、続く2試合目と3試合目を3本連取し、前大会の雪辱を晴らした。

『DEAD OR ALIVE 5』 『DEAD OR ALIVE 5』 『DEAD OR ALIVE 5』
『DEAD OR ALIVE 5』 『DEAD OR ALIVE 5』
▲試合中に餅A選手の手の内を読んだのか、3ラウンドからのTestTeam選手は別人のような強さに。クリティカルバーストにもっていくまでの連係のうまさも目立っていた。

→決勝は『DOA5』大会の運命とも言うべき3度目の日韓対決!(2ページ目)

(C)コーエーテクモゲームス Team NINJA All rights reserved.
Akira, Sarah, Pai characters (C)SEGA.Virtua Fighter is either a registered trademark or trademark of SEGA Corporation.

1 2

データ

▼『DEAD OR ALIVE 5 Ultimate コレクターズエディション』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:PS3
■ジャンル:対戦格闘
■発売日:2013年9月5日
■希望小売価格:10,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『DEAD OR ALIVE 5 Ultimate』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:PS3
■ジャンル:対戦格闘
■発売日:2013年9月5日
■希望小売価格:5,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『DEAD OR ALIVE 5 Ultimate コレクターズエディション』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:Xbox 360
■ジャンル:対戦格闘
■発売日:2013年9月5日
■希望小売価格:10,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『DEAD OR ALIVE 5 Ultimate』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:Xbox 360
■ジャンル:対戦格闘
■発売日:2013年9月5日
■希望小売価格:5,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『DEAD OR ALIVE 5 Ultimate:Arcade』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:AC
■ジャンル:FTG
■稼働日:2013年冬

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。