News

2013年8月6日(火)

PS Vitaのシステムソフトウェア“バージョン2.60”が本日配信――オンラインストレージやネットワーク設定の利便性が向上

文:つばちゃん

 SCEは、PS Vitaシステムソフトウェアの新バージョン“2.60”を、本日8月6日に配信した。あわせてプロモーション動画も公開されている。

■動画:PS Vitaシステムソフトウェア2.60アップデート プロモーションビデオ

 バージョン“2.60”では、PS Plus利用時のオンラインストレージへのセーブデータの利便性が向上している他、同一ネットワーク上にあるPS3やnasneのビデオ&音楽データのPS Vitaでの再生が行いやすくなっている。

■PS Plusでのセーブデータの機能性が向上

 バージョン2.60では、PS Plusのオンラインセーブデータの使い勝手が向上した。それぞれのアプリケーションやLiveArenaでPS Plusアイコンを選択することで、オンラインストレージへのセーブデータのアップロードやダウンロードができるようになっている。

『システムソフトウェア バージョン2.60』 『システムソフトウェア バージョン2.60』
▲右上のアイコンから、アップデートやダウンロードがよりスムーズに行える。

 その他、“コンテンツ管理”メニューでオンラインストレージ接続時に“セーブデータ自動アップロード”が追加されており、タイトルごとの“セーブデータ自動アップロード”の設定方法がわかりやすくなっている。

『システムソフトウェア バージョン2.60』 『システムソフトウェア バージョン2.60』

※これらの機能を利用するには、PS Plusへの加入が必要となる。

■同一ネットワーク上のPS3などに保存されたビデオ&音楽が
 そのまま再生できるように

 同一ネットワーク上に接続されているPS3やパソコン、nasneといった機器内のビデオや音楽を、PS Vita本体にダウンロードすることなく視聴できるようになった。ただし、PS3はUSB接続のみに対応する他、nasneはWi-Fi接続のみに対応など、いくつかの制限がある。詳細については、公式サイトを参照してほしい。

■ネットワーク関連のON/OFF設定が簡単に

 PSボタンを押したままにすると表示されるメニューに、ネットワークの設定項目が追加された。これにより、機内モードやWi-Fi、3G回線(3G/Wi-Fiモデルのみ)、BluetoothのON/OFF切り替えがワンタッチでできるようになった。

『システムソフトウェア バージョン2.60』

 なお、本メニューにはPSおよびPSPタイトルの設定項目も新たに追加されている。

 その他、PS Vitaの本体ボタンを押すことで、ホーム画面の編集もできるようになった。

『システムソフトウェア バージョン2.60』

■より使いやすくなったWebブラウザー

 PS Vitaの本体ボタンで、Webページ上のリンクが選択可能になった。また、動画をストリーミング再生している最中に、画面や字幕など、再生時の設定が変更できるようになった。

『システムソフトウェア バージョン2.60』 『システムソフトウェア バージョン2.60』
▲□ボタンを押すとカーソルが出現。▲カーソル表示時に△ボタンを押すとリンクに対するアクションメニューが開く。

■設定項目に“周辺機器”が追加

 設定に“周辺機器”の項目が追加されている。これにより、“Bluetooth設定”が周辺機器に移動した。

■PS/PSPゲームタイトルのトロフィーがゲームごとに設定可能に

 PSおよびPSPのゲームタイトルにおけるトロフィーの公開設定が、ゲームごとに設定可能になった。

 なお、PS/PSPのメニュー表示方法がPSボタン長押しに変更されたため、従来あったタッチスクリーンのタッチアンドホールドによる呼び出し設定が削除されている。

 その他にアップデートされている項目については、公式サイトを参照してほしい。

(C)2013 Sony Computer Entertainment Inc. All Rights Reserved.

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。