News

2013年8月10日(土)

『モンスターハンター4』全武器レビュー・太刀編! 気刃斬りのバリエーションが増えてより攻撃的な狩りが可能に

文:ゲゲン

『モンスターハンター4』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 カプコンから9月14日に発売される3DS用ソフト『モンスターハンター4』の先行体験会“夏の狩試”が、本日8月10日に開催された。そこでプレイした武器種・太刀についてのレビューを、ゲゲンがお届けします。

『モンスターハンター4』

 太刀といえば攻撃力とリーチ、さらに機動性が高いバランスでまとまっていると感じる個人的にお気に入りの武器で、今までもメインの武器として使っていました。そんな太刀を使う上で欠かせないのが、敵に攻撃を当てることでたまる“練気ゲージ”と、ゲージを消費して繰り出す“気刃斬り”、3段階の気刃斬りから繋がる“気刃大回転斬り”と、それを当てるとゲージのレベルが上がって上昇する攻撃力ではないでしょうか。

 太刀を使ううえで重要なのが、通常攻撃を行って練気ゲージをため、隙を見てRボタンを連続入力して気刃斬りI→気刃斬りII→気刃斬りIII→気刃大回転斬りと攻撃を当て、自身の攻撃力を上昇&維持させることです。正直、これだけでも十分に強く使い勝手のよかった太刀なのですが、本作からは回避からの攻撃や新たな気刃斬りが追加されたことによって、さらに攻撃的な狩りのスタイルを追求できるようになっていました。

 なお、太刀の基本操作は従来と変わらないので、ここでの詳しい紹介については省きます。

■“ジャンプ気刃斬り”と“ジャンプ気刃二連斬り”で立体的な連続攻撃を!

 ジャンプ中にRボタンを押すと、新たなアクションである“ジャンプ気刃斬り”を繰り出せます。ちなみに本作から加わったジャンプですが、フィールド中に存在する段差にダッシュか回避で突っ込むことによって行えます。

 この攻撃は、その名の通りジャンプ中に気刃斬りを放つアクションなのですが、もちろん気刃大回転斬りに繋がるので、段差の上に逃げて攻撃などをかわした後、ジャンプ気刃斬りを行って気刃大回転斬りまで持っていくことも可能です。

『モンスターハンター4』 『モンスターハンター4』

 ここで注目したいのが、練気ゲージが“白”以上の場合です。ジャンプ気刃斬りと操作方法は同じものの、練気ゲージが白、黄、赤の時に行うと“ジャンプ気刃二連斬り”へと変化します。しかも二連と付くだけあり、着地後に続けて気刃斬りを行うと、いきなり気刃斬りIIIを繰り出せます。実質1工程少ないアクションで気刃大回転斬りまで繋がるような感覚で、練気ゲージのレベルを上げやすく感じました。

 ジャンプ攻撃がうまく当たると黄色いエフェクトが発生。ダメージ蓄積などの詳細は不明なものの、条件を満たすことでモンスターの上に乗って攻撃が可能となるようです。モンスターの動きが鈍い時はXボタンを連打、暴れ出しそうになったら急いでRボタンを押してしがみつくというのが、全武器共通の操作となります。

 モンスターが暴れた時に溜まる赤のゲージよりも先に、ハンターが攻撃した時に溜まる水色のゲージを最大まで溜めると、モンスターが一定時間転倒しますので、気刃大回転斬りまで叩き込む最高のチャンスです。

■斬り下がりからの気刃踏み込み斬りと、回避からの攻撃で攻防一体の立ち回りを!

 次に紹介するのは、X+Aボタンの同時押しで行える斬り下がりから出せる“気刃踏み込み斬り”です。従来でも、斬り下がりを行ってからRボタンを押せば気刃斬りIは出せましたが、気刃踏み込み斬りから続いて繰り出されるのは、なんと気刃斬りIIIとなります。調子に乗って考えなしに使うと痛い目を見るのは変わりませんが、こちらのアクションも気刃大回転斬りまで繋げやすく、錬気ゲージのレベルも上げやすかったです。

『モンスターハンター4』 『モンスターハンター4』

 なお、気刃大回転斬りは時計回りに大きく回転して放つ攻撃のため、一連の動作を行うにはポジションを確保する必要があります。敵の状態や錬気ゲージの減少状態を見て焦って繰り出すと、気刃大回転斬り分の連気ゲージが足りなくて不発ということもままあります。斬り下がりで攻撃を当ててゲージを増やすと同時にポジションの調整もして、素早く気刃大回転斬りまで持って行けるこのアクションを使いこなせば、よりアグレッシブな狩りが行えるのは間違いありません。

 もちろん、スライドパッドを左右に入れつつX+Aボタンを押せば、左右へ移動しつつ斬れるので、まさに至れり尽くせりのアクションと言えるのではないでしょうか。

 また、Bボタンで行える回避に続けてXボタンを押すと、起き上がりざまに斬り上げる攻撃も出せました。この攻撃の使い勝手もよく、回避を行うと同時にゲージがためられる感覚です。従来よりもゲージをためるチャンスが多く、気が付くとゲージがきっちりたまっていることが多かったのも印象的です。

■回避と攻撃をうまく繋げることがダメージ増加のポイント

 以上が新しいアクションを中心とした太刀のレビューです。攻防一体、あるいは回避と攻撃がよりスムーズに繋がるようになった感覚があり、今までだと「あと1回攻撃を当てないと、気刃大回転斬りまでは錬気ゲージが持たないな」と思えたようなシーンでも、むしろゲージはとっくに溜まっていたなんていう場面が何度かありました。

 錬気ゲージがうまくためられず、なかなか気刃大回転斬りまで繋げられなかったハンターは、新アクションを交えて今一度挑戦してみる価値があります。逆に「太刀といえば俺、俺といえば太刀!」というぐらい熟練の太刀の使い手には、鬼に金棒とでも表現するしかないアクションの進化であり、よりいっそう攻撃的でハイスピードな狩りが楽しめそうです。

チャージアックスのレポートはこちら!
操虫棍のレポートはこちら!
大剣のレポートはこちら!
片手剣のレポートはこちら!
双剣のレポートはこちら!
ハンマーのレポートはこちら!
狩猟笛のレポートはこちら!
ランスのレポートはこちら!
ガンランスのレポートはこちら!
スラッシュアックスのレポートはこちら!
ライトボウガン&ヘビィボウガンのレポートはこちら!
のレポートはこちら!
モンスター2種のレポートはこちら!

(C)CAPCOM CO., LTD. 2013 ALL RIGHTS RESERVED.

データ

▼『モンスターハンター4』
■メーカー:カプコン
■対応機種:3DS
■ジャンル:アクション
■発売日:2013年9月14日
■希望小売価格:5,705円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『モンスターハンター4』ダウンロード版
■メーカー:カプコン
■対応機種:3DS
■ジャンル:ACT
■配信日:2013年9月14日
■価格:5,990円(税込)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。