News

2013年8月10日(土)

『モンスターハンター4』全武器レビュー・ボウガン編! 段差を生かした立ち回りの重要性を痛感!!

文:電撃オンライン

『モンスターハンター4』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 カプコンから9月14日に発売される3DS用ソフト『モンスターハンター4』の先行体験会“夏の狩試”が、本日8月10日に開催された。そこでプレイした武器種・ライトボウガン&ヘビィボウガンについてのレビューを、Bigmanがお届けします。

『モンスターハンター4』 『モンスターハンター4』

 こんにちは。『モンスターハンター4』の先行体験会が開催されると聞いて、光の速さで全武器レポート募集に手を挙げたBigmanです。シリーズ1作目からガンナーをメインにプレイしていまして、『MH4』でももちろんガンナー予定! そんな私の視点でライト&ヘビィボウガンのレビューをお届けしたいと思います。

『モンスターハンター4』 『モンスターハンター4』

 まずはライト&ヘビィボウガンの新要素であるジャンプリロードについてです。武器を納めている状態でRボタン+Xボタン+Aボタンを入力すると武器出しリロードが可能ですが、これを段差からジャンプしている時に入力するとジャンプリロードとなります。文字通りジャンプ中にリロードするのですが、それほど高くない段差では着地時の硬直もないので、リロードが完了した状態で着地後にすぐに動けます。これは便利! 『MH4』は高低差のある地形が多く、リロードのタイミングはガンナーにとって生死を分ける要素の1つです。高低差のある地形を移動するモンスターを追いつつ、ジャンプ中にリロードしておけば着地後に射撃に移行できるので、メリットは大きいと感じました。

 続いて、ライト&ヘビィボウガンのプレイインプレッションです。ゴア・マガラの討伐クエストにライトボウガンでチャレンジ。弾の選択画面を見ると、通常弾、徹甲榴弾、貫通弾、麻痺弾、毒弾、回復弾などおなじみの弾がズラリと並んでいました。さっそく、他のプレイヤーのサポートをするべく麻痺弾Lv1を撃ってみたら速射でした。

『モンスターハンター4』 『モンスターハンター4』 『モンスターハンター4』

 速射を何度か当てたら黄色いエフェクトが出てゴアマガラが麻痺状態に! 速射は撃ち終わった後に若干の硬直があり、これは前作と同じです。速射はヘビィボウガンよりも攻撃力が低いライトボウガンにとって、ダメージ源になるものなので『MH4』でも使いこなしたいところ。また、ステップ(Bボタン押し)も健在で、ボウガンを構えたまま左右にステップできるのは、ガードできないガンナーとしてはうれしいですね。

 テツカブラの討伐クエストでヘビィボウガンを使ってみました。他のプレイヤー3人がテツカブラに接近戦を選んでいる間、少し距離をとってヘビィボウガンならではのアクション・しゃがみ撃ち(Xボタン+Aボタン)を試すことに。前作と同様にその場にしゃがみこんだ後、大量の弾が一度に装填されます。その後、Aボタンを押せば装填された分だけ弾を撃ち続けることができます。

『モンスターハンター4』 『モンスターハンター4』 『モンスターハンター4』

 今回、操作可能なヘビィボウガンは1種類でしたので、しゃがみ撃ちに対応する弾がボウガンごとに異なるのかはわかりませんでした。ただ、シビレ罠や落とし穴でモンスターの動きを止めてからのしゃがみ撃ちでダメージを稼ぐ、というヘビィボウガンならではの戦術は今回も有効だと感じました。

 最後に『MH4』の新要素の1つである地形の高低差がガンナーの立ち回りに与える影響について、記したいと思います。今回の体験プレイでは、マップの高低差によって、狙えるモンスターの部位の面積が変化しました。上から下への撃ち下ろす場合、モンスターの背中や翼部分が非常に狙いやすくなります。背中や翼の部位破壊が可能な(もしくは弱点となっている)モンスターなら、撃ち下ろせる位置から速射やしゃがみ撃ちでまとまったダメージを与えることが可能です。

 逆に、撃ち上げる場合、出っ張った地形からモンスターの部位が少しだけ出ている、という状況もありました。この場合は、撃てる面積が小さいので狙いづらいわけです。『MH4』では、各マップのエリアの地形を頭にたたき込み、エリアごとに最適な射撃ポイントを見つける必要があると感じました。それを全マップで突き詰めたうえで立ち回れたら……と思うと、かなり燃えますね! 弾やアクションの活用法にも影響を与える要素ですので、今からそれを考えるのが非常に楽しみです。

 ボウガンのレポートは以上になります。最後にガンナーのみなさんへ一言。

“そのリロードが命取り!”

 これは『MH4』でも変わらないようです。ゴア・マガラ戦で速射の気持ちよさにテンションがあがりすぎて「ワンモア速射!」と強欲リロードしたら強烈な突進を食らって力尽きたのはナイショです……ナイショです!

チャージアックスのレポートはこちら!
操虫棍のレポートはこちら!
大剣のレポートはこちら!
太刀のレポートはこちら!
片手剣のレポートはこちら!
双剣のレポートはこちら!
ハンマーのレポートはこちら!
狩猟笛のレポートはこちら!
ランスのレポートはこちら!
ガンランスのレポートはこちら!
スラッシュアックスのレポートはこちら!
のレポートはこちら!
モンスター2種のレポートはこちら!

(C)CAPCOM CO., LTD. 2013 ALL RIGHTS RESERVED.

データ

▼『モンスターハンター4』
■メーカー:カプコン
■対応機種:3DS
■ジャンル:アクション
■発売日:2013年9月14日
■希望小売価格:5,705円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『モンスターハンター4』ダウンロード版
■メーカー:カプコン
■対応機種:3DS
■ジャンル:ACT
■配信日:2013年9月14日
■価格:5,990円(税込)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。