News

2013年8月17日(土)

『ポケットモンスター X・Y』先行プレイをさらにレポート! ワイのミュウツーがメガ進化や!!

文:電撃オンライン,よーぜん

『ポケットモンスター X』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 東京ビッグサイトで開催されている“ポケモンゲームショー”で、じっくり『ポケットモンスター X・Y』の体験版をプレイしてきました。カネキングたちがすでにレポートを上げているので、私・よーぜんはできるだけ本体験版の細部をチェックしつつ、ビジュアル面などにも触れていきます。結構がっつりレポートするので長くなると思いますが、お付き合いください。

『ポケットモンスター X・Y』 『ポケットモンスター X・Y』
『ポケットモンスター X・Y』 『ポケットモンスター X・Y』
▲体験コーナーの入口には、バルーンのゼルネアスやイベルタルが置かれており、来場者の方が記念撮影をしていました。その少し先では、最初のパートナー候補となる3匹がお出迎え。

 最初に遊んだ体験版は『ポケットモンスター X』のバージョンです。どうやら『X』と『Y』の台が交互に置かれているようでした。下画面にゼルネアスとイベルタルが表示されているので、それでどちらのバージョンの体験版か確認できました。

 『X』体験版の主人公は男の子で名前は“エックス”。プラターヌ博士のところへ向かえと言われましたが、いきなり目的を達成するのはもったいないと思い、とりあえず目の前の草むらでずっと野生のポケモンとたわむれることを決意しました。てもちのポケモンはケロマツ、ニンフィア、エリキテルの3匹で、草むらから飛び出してきたのは、ピカチュウ、シシコ、フラベベ、ホルビーの4種。他にも生息しているかもしれませんが、私が出会えたのは以上です。

 バトルをして気付いた点ですが、まずはバトルのアニメーションがかなり滑らかということ。“しっぽをふる”という冒険の序盤でよく見るわざがあるのですが、ピカチュウが背中を向けてしっぽをフリフリしていました。今まで気にしていなかったけど、“しっぽをふる”ってこんなにかわいかったのか……。あまりのかわいらしさにリアルぼうぎょが下がりそうでした。他にも、エリキテルがでんきタイプのわざを使うと、耳のような部分を広げて発光するなど、わざのエフェクトだけでなく、わざに合ったアクションをするので見ていて楽しかったですね。

 あと、細かい部分も今までと少し変わっています。バトル中にどうぐを使う時、今までは“どうぐ”を選んで使いたいポケモンを選択していましたが、本体験版では“ポケモン”のコマンドでてもちポケモンの状態を確認しながら、“回復する”というコマンドでどうぐを使えるようにもなっていました。長期戦になるとバトルフィールドに出していないポケモンを回復しながらバトルすることも多いので、HP/PPや状態を確認しながら回復などができるのはうれしいところです。

 いろいろ確認しながらゆっくりプレイしていたため、5匹くらい野生のポケモンとバトルしたところでプラターヌ博士のところに強制的に連れて行かれました。えぇ~……もっといろいろ見て回りたかったのですが……。どうやらプレイ時間がある程度決まっているようですね。プラターヌ博士とはその後バトルをすることになります。このバトルの中でメガシンカを体験できました。

 博士のてもちはクロバット、シャンデラ、カイリューの3匹。こちらはミュウツー1匹です。どのポケモンもLv100でした。1匹で3匹を相手にするのですが、最初のターンでミュウツーがメガシンカをします。このメガシンカで数的な不利はなんとかなるのでしょうか……! ちなみに、下画面の下部にメガシンカのアイコンが表示されていました。本体験版ではタッチしてもしなくても、ミュウツーがメガシンカをしていましたが、実際の製品版ではこの部分をタッチして、任意のタイミングでメガシンカできる……のかな?

 で、肝心のバトルですが、メガミュウツーのわざが“10まんボルト”“シャドーボール”“サイコブレイク”“じこさいせい”だったため、クロバットに“10まんボルト”、シャンデラに“シャドーボール”を使えば“こうかはばつぐん”で1発で倒せました。3匹目のカイリューは少し厳しそうだなと思っていたのですが、“サイコブレイク”で8割ほどHPを減らせられました。ドラゴンタイプの結構強いポケモンなのですが、メガミュウツーの圧勝で終わりましたね。メガシンカがかなり強い! 今後の対戦などでは、このメガシンカの使いどころが重要になりそう……というか絶対なりますね……! バトル後に短いデモムービーが流れて体験版が終了しました。

 1回のプレイでは不完全燃焼だったので、もう一度プレイするためすぐに体験コーナーの列へ。制限時間があることがわかったので、その後のプレイは目的を絞っていきました。

 2回目は『ポケットモンスター Y』のバージョンをプレイ。主人公は女の子でした。てもちの先頭がハリマロンで、他のてもちはニンフィアとエリキテルだったので、先頭のポケモンは台によって違うようですね。2回目のプレイでは1回目のプレイで気になりつつもスルーしていた、下画面の“ポケパルレ”を体験。下画面をタッチするとポケパルレの簡単な説明が表示され、下画面に小さなハリマロンのアイコンが登場。そして画面内を動き回ります。

 下画面のポケモンは変えられるようだったのでニンフィアに変えてみました。ちなみに、ポケモンの選択画面では各ポケモンのパラメーターらしきものも見られました。“なかよし”“おなか”“あそび”の3つがあり、このパラメーターが各ポケモンの状態を表しているようです。最初からいるてもちのポケモンは各パラメーターが少しだけ上昇していて、捕まえたばかりのポケモンは各パラメーターが0でした。

 下画面にいるニンフィアをタッチするとポケパルレを始められるようでした。下画面いっぱいにニンフィアが表示され、こちらをじーっと見つめてきます。タッチペンでなで回すと、ハートを出して喜びました。これで“なかよし”が上がるのかな? 正直かわいいです。あなたはメロメロボディですか?

 あと、左下にときどきアイコンが表示されてましたが、これは一体何のアイコンなのか……。タッチしても反応がないようだったので、「ニンフィア~!」とマイクに向かって叫びました。周りの目は気にしません。特に反応した様子もなく、なんだかツンされた気分でした。ニンフィアがプレイヤーの動きを見ているというアイコンでしょうかね? ポケパルレ中にこちらの動きに反応するという情報が出ているので……。

 あとはおかしのアイコンが左上にあります。おかしのアイコンでおかしを出してポケモンにあげられるようなのですが……まったく食べてくれません。それどころかニンフィアが怒ってしまいます。「このおかしキラいだったの? ごめんね!!」といろんな色のおかしを与えてみました。が、何度あげてもプンプンされます。なんだこのツンな子は……!!

 しばらくして原因がわかったのですが、おかしを出した時にタッチペンを離すとおかしを落っことしてしまうようです。タッチペンを離さずに口元まで持っていくと、ニコニコと食べ始めてくれました。食べている間もちゃんと持っててあげないとダメなようです。自分の手で持って食べさせてるような感覚ですね。見ているとホントかわいいやつです。違うんでしょうけど、今日この時からニンフィアのイメージがツンデレになりました。ちなみにカネキングのプレイレポでも、おかしをあげて怒らせたとありますね。同じようにおかしを落としていた可能性大ですね(笑)。

 もようがえなど気になるアイコンが他にもあったのですが、タッチしても反応なかったりであまり時間もなく詳細はわからないまま終わってしまいました。あとプレイ中に気になった点としては、下画面のポケモンのアイコンの動きですね。ころころ動き回ったりするだけでなく、プレイヤーに対していろいろアクションをしてくるようです。プレイ中におかしのアイコンを出して、空腹をアピールしてきました。パラメーターをチェックすると、“おなか”が下がっていたので、定期的におかしをあげておかないと不機嫌になったりするのかもしれませんね。

『ポケットモンスター X・Y』 『ポケットモンスター X・Y』 『ポケットモンスター X・Y』
▲これまでにリリースされた写真でアイコンをチェック。左上のアイコンでおかしをあげることができました。他にもいくつか気になるアイコンが表示されていましたが……。

→3回目のプレイでようやくあることに気がつく!(2ページ目へ)

(C)2013 Pokémon.(C)1995-2013 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
ニンテンドー3DSのロゴ・ニンテンドー3DSは任天堂の商標です。

1 2

データ

▼『ポケットモンスター X パック ゼルネアス・イベルタル ブルー』
■メーカー:ポケモン
■対応機種:3DS
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年10月12日
■希望小売価格:22,800円(税込)
▼『ポケットモンスター Y パック ゼルネアス・イベルタル ブルー』
■メーカー:ポケモン
■対応機種:3DS
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年10月12日
■希望小売価格:22,800円(税込)
▼『ポケットモンスター X』
■メーカー:ポケモン
■対応機種:3DS
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年10月12日
■希望小売価格:4,571円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ポケットモンスター Y』
■メーカー:ポケモン
■対応機種:3DS
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年10月12日
■希望小売価格:4,571円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ポケットモンスター X』ダウンロードカード版
■メーカー:ポケモン
■対応機種:3DS
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年10月12日
■希望小売価格:4,800円(税込)
▼『ポケットモンスター Y』ダウンロードカード版
■メーカー:ポケモン
■対応機種:3DS
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年10月12日
■希望小売価格:4,800円(税込)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。