News

2013年8月18日(日)

『ポケットモンスター X・Y』のダブルバトルが初公開に! ロバートの山本隊員とゲームフリーク・森本さんのバトルをレポ

文:電撃オンライン,灯月

『ポケットモンスター X』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 8月17日・18日に東京ビッグサイトで開催されている“ポケモンゲームショー”。17日に行われた、バトルステージの模様をレポートする。

 17日の会場内ステージでは、ポケモン情報番組『ポケモンスマッシュ!』に出演しているお笑い芸人トリオ“ロバート”が登場。来場者と対戦する“あの人と対戦ゲームバトル”と、山本隊員が『ポケットモンスター』の師匠に挑む“ポケモンスマッシュ! 夢のエキシビションマッチ”が開かれた。

■まさかの世界ランカーも登場! “あの人と対戦ゲームバトル”

 このステージは、“ロバート”の3人が来場客から抽選で対戦するというもの。ステージに“ロバート”の3人が登場すると、会場のテンションは一気にヒートアップ。各所から熱い声援が飛んだ。対戦の解説&実況を務めるティーチャー・タカシマさんが登場して対戦がスタートした。

『ポケットモンスター X・Y』 『ポケットモンスター X・Y』 『ポケットモンスター X・Y』
▲番組でおなじみの「ポケモーニング!」で、来場者にあいさつする“ロバート”の3人。
『ポケットモンスター X・Y』 『ポケットモンスター X・Y』 『ポケットモンスター X・Y』
▲来場者は、当日開催されたユーザー同士の対戦イベント“バトルコロシアム”で3連勝すると抽選券がもらえ、見事選ばれると対戦できる仕組みになっていた。18日はゲームフリークの森本さん、公式世界大会・ポケモンワールドチャンピオンシップストッププレイヤーのRay Rizzoさん、ティーチャー・タカシマさんが対戦相手となる。

 まずは秋山隊員が小学生のコビナタ カズキ君と対戦。秋山隊員はユキノオーの特性“ゆきふらし”で天気をあられにして、わざ“ふぶき”を確実に当てていく作戦だったが、相手はリザードンやルカリオなどこおりタイプのポケモンと相性がいいポケモンばかりのパーティだったため、あっけなく敗退した。

『ポケットモンスター X・Y』 『ポケットモンスター X・Y』
▲はがねタイプやかくとうタイプのポケモンに苦戦する秋山隊員のポケモンたち。▲最後は、なぜかノコッチが登場。秋山隊員はノコッチが好きなので入れたとのこと。

 次は馬場隊員とナカムラ コウタ君の対戦。なんと対戦相手の彼は、昨年の“ポケモンワールドチャンピオンシップス日本代表決定大会”のジュニアリーグで優勝、世界大会で6位という輝かしい成績を持つ猛者。馬場隊員もカバルドンの特性“すなおこし”+ドリュウズの特性“すなかき”のコンボや色違いのスイクンを出して戦うも、1匹もひんしにすることができずに敗北した。

『ポケットモンスター X・Y』 『ポケットモンスター X・Y』
▲まさかの世界ランカーを引き当ててしまい、とまどう馬場隊員。
『ポケットモンスター X・Y』 『ポケットモンスター X・Y』
▲わざが当たらなかったり、マヒして攻撃できなかったりと不運も重なったバトルだった。

 最後は山本隊員とスナガ ケンタさんの対戦。こちらも“ニンテンドウカップ2000”東京大会の優勝者とのこと。コンボを使った高度な戦いをしてくるも、山本隊員の“トリックルーム”を駆使したパーティーがうまく機能し、“ロバート”初の勝利を飾った。

『ポケットモンスター X・Y』 『ポケットモンスター X・Y』
▲山本隊員は“ポケスマ最強王座決定戦”の優勝者のため、年齢制限なしの“オープンリーグ”から対戦相手を選んだ。
『ポケットモンスター X・Y』 『ポケットモンスター X・Y』
▲スナガ選手が“ふくろだたき”+テラキオンの特性“せいぎのこころ”などの強力なコンボを繰り出し、非常に熱い戦いとなった。

■『ポケットモンスター X・Y』で熱い対戦が繰り広げられる! “ポケモンスマッシュ! 夢のエキシビションマッチ”

 このステージは“ポケスマ最強王座決定戦”の優勝者の山本隊員が『ポケットモンスター』シリーズのバトルディレクターの森本さんと対戦するもの。対戦ソフトは『ポケットモンスター X・Y』、バトル形式はダブルバトルで行った。山本隊員は対戦でよく見る強力ポケモンのパーティで、森本さんは新ポケモンのみのパーティでバトルに挑んだ。

『ポケットモンスター X・Y』 『ポケットモンスター X・Y』
▲秋山隊員と馬場隊員は引き続き、山本隊員の応援に登場。▲ゲームフリークの増田さんも、森本さんの応援に駆けつけた。
『ポケットモンスター X・Y』
▲バトル前にお互いの手持ちのポケモンを公開すると、森本さんのパーティに会場からはどよめきの声が。

 山本隊員は、エルレイド、ガラガラ、ナットレイ、ニョロトノ。森本さんは、オンバーン、カラマネロ、ゴロンダ、ニンフィアを使ってバトル。バトルで常連のポケモンを連れた山本隊員が有利かと思われたが、終始『ポケットモンスター X・Y』の新わざや新コンボに翻ろうされる形でバトルは進み、森本さんが勝利した。

『ポケットモンスター X・Y』 『ポケットモンスター X・Y』 『ポケットモンスター X・Y』
『ポケットモンスター X・Y』 『ポケットモンスター X・Y』 『ポケットモンスター X・Y』
▲待機中やわざを使った時のアニメーションが豊富で、対戦を見ているだけでも楽しい。
『ポケットモンスター X・Y』 『ポケットモンスター X・Y』
▲わざのエフェクトが前作と変わっているのも注目ポイントだ。
『ポケットモンスター X・Y』
▲カラマネロが覚えていた新わざ“ひっくりかえす”は、ポケモンの能力変化を逆にする。“りゅうせいぐん”を使ってとくこうが下がったオンバーンの能力を、逆に上げるという新コンボが繰り出され、会場は驚きに包まれた。
『ポケットモンスター X・Y』 『ポケットモンスター X・Y』
▲他にもノーマルタイプで全体を攻撃するわざ“ばくおんぱ”やフェアリータイプのわざ“ムーンフォース”なども使っていた。
『ポケットモンスター X・Y』 『ポケットモンスター X・Y』
▲新ポケモンのニンフィアが特に強力で、天気があめで“いのちのたま”を持っているニョロトノのハイドロポンプがきゅうしょに当っても、HPが半分ほどしか減らず、山本隊員の勝利が絶望的に。

 師匠越えは叶わなかったが、山本隊員は「ポケモンの時代が変わったと感じます。早くやりたい!」と語って、バトルステージは終了した。

『ポケットモンスター X・Y』 『ポケットモンスター X・Y』
▲負けた山本隊員には、大きらいなイカスミを食べさせる罰ゲームが!

(C)2013 Pokémon.(C)1995-2013 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
ニンテンドー3DSのロゴ・ニンテンドー3DSは任天堂の商標です。

データ

▼『ポケットモンスター X パック ゼルネアス・イベルタル ブルー』
■メーカー:ポケモン
■対応機種:3DS
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年10月12日
■希望小売価格:22,800円(税込)
▼『ポケットモンスター Y パック ゼルネアス・イベルタル ブルー』
■メーカー:ポケモン
■対応機種:3DS
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年10月12日
■希望小売価格:22,800円(税込)
▼『ポケットモンスター X』
■メーカー:ポケモン
■対応機種:3DS
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年10月12日
■希望小売価格:4,571円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ポケットモンスター Y』
■メーカー:ポケモン
■対応機種:3DS
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年10月12日
■希望小売価格:4,571円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ポケットモンスター X』ダウンロードカード版
■メーカー:ポケモン
■対応機種:3DS
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年10月12日
■希望小売価格:4,800円(税込)
▼『ポケットモンスター Y』ダウンロードカード版
■メーカー:ポケモン
■対応機種:3DS
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年10月12日
■希望小売価格:4,800円(税込)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。