News

2013年8月30日(金)

『パペッティア』頭がポロリと取れる少年・クウタロウの大冒険! 誰も体験したことのない“舞台系”アクションに注目【電撃PS×PS Store】

文:電撃PlayStation

 PS Storeの注目コンテンツを、電撃PSの編集&ライター陣が平日(ほぼ)毎日紹介していく特集企画、“電撃PlayStation×PlayStation Store”。話題のDL販売ゲームをはじめ、ゲームアーカイブス、追加DLC、ベスト版、PV・体験版など、ゲームを深く愛する電撃PSスタッフが、ゲーマー視点でコンテンツをピックアップしていきます。


 本日紹介するのは、SCEより2013年9月25日に発売される、魔法で人形にされてしまった少年・クウタロウの大冒険劇『パペッティア』。また、本作のテイストをひと足先に味わえる“プレイできる動画”『パペッティア リハーサル版』も現在配信中。

■演劇を鑑賞しているような独特の没入感を味わえる!
・PS3:『パペッティア』(予約注文ページ)
・PS3:『パペッティア リハーサル版』(体験版)

 “劇場”をモチーフにしている本作は“魔法劇場で行なわれる公演”という形で物語が進んでいきます。プレイすると、客席から歓声が上がったり、キャラクターにスポットライトが当たったりと、舞台らしさを前面に押し出しているのに気づくハズ。現在配信されている『リハーサル版』は、“公演をひかえたリハーサル中の舞台を見学できる”という設定で、体験できるアクションは多くないものの、本作の独特のテイストを存分に味わえるのが魅力です。

『パペッティア』

 中でも見どころは、とにかくウィットに富んでいるセリフ回しで、声優の藤原啓治さんのユーモア満載のナレーションは必聴です。そのビジュアルから、パッと見“子ども向け”のゲームに見えますが、小粋なジョークが飛び交う掛け合いは大人向け。子どもから大人まで幅広く楽しめる懐の深さがあり、2人以上で一緒にプレイするのもオススメです。(ライター:hororo)

『パペッティア』 『パペッティア』
『パペッティア』 『パペッティア』
『パペッティア』 『パペッティア』
『パペッティア』 『パペッティア』

過去の電撃PS×PS Store特集記事はこちらをチェック!

(C)Sony Computer Entertainment Inc.

データ

▼『パペッティア』ダウンロード版
■メーカー:SCE
■対応機種:PS3
■ジャンル:ACT
■配信日:2013年9月5日
■価格:4,900円(税込)
 
SENオンラインストアへ
▼『パペッティア』
■メーカー:SCE
■対応機種:PS3
■ジャンル:ACT
■発売日:2013年9月5日
■希望小売価格:5,980円(税込)

関連サイト

関連記事

電撃PlayStation

最新号紹介

  • 電撃PlayStation Vol.641

    電撃PlayStation Vol.641表紙画像

    2017年6月22日発売
    特別定価:694円+税

    【表紙】モンスターハンター:ワールド
    【巻頭特集】New みんなのゴルフ
    【特集1】E3 2017特集
    【特集2】アクティビジョン特集
    【特集3】ドラゴンクエストXI
    【電撃特報】ハコニワカンパニワークス
     ネプテューヌVIIR / 深夜廻 / 祝姫 -祀-
    【SUPER PUSH】閃の軌跡III / GOD WARS
     ディシディア ファイナルファンタジー NT
     ARK: Survival Evolved / 地球防衛軍5
     リトルウィッチ アカデミア / LocoRoco
     よるのないくに2 / オメガラビリンスZ
     とある魔術の電脳戦機 / ポータルナイツ
     The Lost Child / イースVIII
     .hack//G.U. Last Recode ほか
    【ONLINE STATION】FFXIV / PSO2
     MHF-Z / LET IT DIE / FFXI / DDON
    【特別企画】SAO HR / AW VS SAO
     おそ松さん THE GAME / 塔亰Clanpool
    【コード付録】おそ松さん THE GAME
     イース(30周年記念アバターセット)
     GOD WARS / DDON / MHF-Z

    >> 詳細はこちら