News

2013年8月29日(木)

セクシー女優・乃亜が赤裸々に自らのゲームライフをつづる、待望の連載コラムがスタート!【乃亜流ゲームコラム 第1回】

文:乃亜

 現役のセクシー女優であり、コアなゲーマーとしても知られる乃亜さんのゲームコラムが、電撃オンラインにてスタートする。連載第1回となる今回は、読者の皆さんへのご挨拶も兼ねて、乃亜さんが自らのゲーム遍歴を告白します!

乃亜流ゲームコラム

乃亜流ゲームコラム

 ごきげんよう、乃亜です。

 子どもの頃からゲームが大好きで、一日中ゲームをして過ごす日も多々あります。 かなりマニアックなゲームも好きで……。この度、セクシー女優である私が、縁あって電撃オンライン様のゲームコーナーへ携わる運びと相成りました。身にあまる光栄でございます。

 今回は第1回目ということですので、私の嗜好を紹介するという意味も兼ねつつ、ゲーム遍歴について、お話していきたいと思います。

 上記の通り、私のそばにはいつもゲームがある、そんな人生を送って参りました。いくつもの表情をもったそれは、刺激や情報を与えてくれ、達成感や敗北感を教えてくれ、ときには現実逃避をさせてくれ……私の人生を豊かにしてくれる、とても魅力的なものです。

 夢中になっているタイトルに、『トロピコ』と『Borderlands』を挙げると、海外のゲームばかりプレイしているのかと尋ねられるのですが、ジャンルは問わず、いろいろなタイトルを楽しんでプレイしています。

 私が生まれたのは1984年。その前年にファミリーコンピュータが発売され、一世を風靡したことは容易に想像がつきますね。御多分に漏れず、私の家庭にもファミリーコンピュータは鎮座しておりました。幼少期の記憶ゆえに曖昧なのですが、物心のついた頃には、テレビに表示される8bitの画面もコントローラの操作もよくよく理解もできぬまま、ボタンを押すと愉快な音のする玩具として、ゲームとの時間は始まったのでしょう。『ナッツ&ミルク』や『スパルタンX』、『ハイドライドスペシャル』を意味もわからず触っていたことは覚えております。

 小学生になった私が、テニスとマリオのカートリッジを交互に抜き挿しすることに夢中になっている頃、スーパーファミコンが登場。『スーパーマリオワールド』はもちろんのこと、『パイロットウイングス』や『ボンバザル』は何度も繰り返し遊んでいました。

 その後も続々と発売されるハードはだいたい揃えて、ゲームショップに行ってはソフトを買い漁る日々。PCエンジン『にこにこぷん』、FC『所さんのまもるもせめるも』、『マインドシーカー』……多くのタイトルと出会いました。可愛らしいお値段のソフトをジャケ買いしていたので、たくさんのクソゲーとも出会いました。いい思い出です。

 1996年、思春期を迎えた私は、『ときめきメモリアル』と出会いました。恋愛には興味はあるものの、無口で暗くゲームばかりしていた私には、ときめくような学校生活もなく、恋愛ゲームとの出会いは、それはそれは衝撃的でした。

『ときめきメモリアル』と出会った思春期の乃亜は、その後!?→(2ページ目へ)

1 2

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。