News

2013年9月6日(金)

【今から始めるスパロボOE】ダウンロードがニガテな人にプレイまでの手順を解説! 大ボリュームの『スーパーロボット大戦OE』を遊んじゃおう

文:デルチ

■これが無料!? ここまで遊べる“序章無料版”

 さて、ダウンロード方法がわかったら、すぐにでも試してほしいところだが、ここでオススメしたいのは“序章無料版”だ。その名の通り、無料で遊べる体験版のようなものだが、“序章無料版”は1章の全32ミッションのうち、第2話“地底に潜む脅威”までの11ミッションをプレイできる太っ腹な内容になっている。

 第2話まで進めれば、『機動戦士ガンダム』『機動警察パトレイバー』『絶対無敵ライジンオー』『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』『天元突破グレンラガン』『真(チェンジ)! ゲッターロボ 世界最後の日』『真マジンガー衝撃!Z編』『熱血最強ゴウザウラー』が登場。

 機体数もそこそこそろってくるうえ、戦闘だけでなくインターミッションなどのシステム面についても、いろいろ体験することが可能だ。序盤ながら、歯ごたえのあるミッションも用意されているので、無料とは思えないほどたっぷりと楽しむことができる。さらに、“序章無料版”のプレイデータは製品版へ引き継ぐことが可能。ここまでいたれりつくせりで無料となっているので、遊んでおいて損はないだろう。

『スーパーロボット大戦 Operation Extend』 『スーパーロボット大戦 Operation Extend』 『スーパーロボット大戦 Operation Extend』
▲メインのストーリーは2話までだが、その間に多彩なミッションがはさまれた11のバトルを体験できる。1度クリアしたミッションは何度でも再挑戦できるので、“序章無料版”だけでお気に入りのユニットをひたすら鍛えることも!
『スーパーロボット大戦 Operation Extend』 『スーパーロボット大戦 Operation Extend』 『スーパーロボット大戦 Operation Extend』
▲3Dマップを活用した戦術や、“トレードショップ”など『スパロボOE』の特徴と言える数々のシステムも、もちろん楽しむことが可能だ。

【1章に登場する作品】

☆『天元突破グレンラガン』
 『装甲騎兵ボトムズ レッドショルダードキュメント 野望のルーツ』
☆『蒼き流星SPTレイズナー』
☆『絶対無敵ライジンオー』
 『元気爆発ガンバルガー』
 『熱血最強ゴウザウラー』
 『完全勝利ダイテイオー』
 『覇王大系リューナイト』
☆『ケロロ軍曹』
 『ゾイド -ZOIDS-』
☆『機動戦士ガンダム』
☆『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』
 『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』
 『機動武闘伝Gガンダム』
 『新機動戦記ガンダムW』
 『機動戦士ガンダム00』
☆『真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日』
☆『真マジンガー衝撃!Z編』
☆『機動警察パトレイバー』
☆『マクロスF』
☆『戦国魔神ゴーショーグン』
☆『超獣機神 ダンクーガ』
 『NG騎士ラムネ&40』

※☆マークの作品は、1章で正式に味方として合流する作品

 『スパロボ』シリーズでは久しぶりとなる『機動戦士ガンダム』のエピソードが再現されていたり、『蒼き流星SPTレイズナー』が登場したりと、往年のロボットファンにはうれしい展開も多数。シャアが“赤い彗星”として敵対している時点で、うれしいユーザーも多いのでは? もちろん、『ケロロ軍曹』や『機動警察パトレイバー』といった新規参戦作品も登場するので、今までにない展開が楽しめるのも大きな魅力だ。

 注意してほしいのは、“全章パック”を購入する場合。1章のみを購入すると重複してしまうので、全章プレイするかもと思っている人は、素直に“全章パック”を購入したほうがお得ということだ。“全章パック”なら、ケロロ軍曹がパイロットとなるユニット“リアルPGガンダム”を特典として入手することも可能となっている。まずは“序章無料版”を遊んで、じっくりと吟味するといいだろう。

『スーパーロボット大戦 Operation Extend』 『スーパーロボット大戦 Operation Extend』 『スーパーロボット大戦 Operation Extend』
『スーパーロボット大戦 Operation Extend』 『スーパーロボット大戦 Operation Extend』 『スーパーロボット大戦 Operation Extend』
▲『スパロボ』らしく、いろいろな勢力が入り乱れて序盤から地球圏は大混乱! 狙われている地球を守るためには、ダウンロード版ということで敬遠しているファンの力が必要だ!!

■『魔装機神III』発売記念! 風の魔装機神“サイバスター”を使えるDLCが配信

 PS3/PS Vita用ソフト『スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神III PRIDE OF JUSTICE』が8月22日に発売されたことを記念して、同作品の主役機“サイバスター”が『スパロボOE』に参戦! 200円のDLCとして販売される“サイバスター特別使用権”は、購入した時点で味方ユニットとして使用できるのだ!!

 今から始める人なら、1章から使用できるのもうれしいところ。ダウンロードの手順と同じ流れで購入できるので、『魔装機神III』とダブルヘッダーで『スパロボOE』を楽しんでいる人はぜひ使ってみてほしい。

『スーパーロボット大戦 Operation Extend』 『スーパーロボット大戦 Operation Extend』 『スーパーロボット大戦 Operation Extend』
▲サイバードへの変形能力もあるなど、高い機動力で役立つサイバスター。“アカシックバスター”や”コスモノヴァ”といったおなじみの高火力武装も健在だ。

 サイバスターの他にも、さまざまなDLCが用意されている『スパロボOE』だが、中でもぜひダウンロードしてほしいのが“アップデートファイル”だ。ネット接続可能な作品の利点と言えるアップデート。本作では、機体のバランス調整なども行われるので、いまいち強くないなと思っていたユニットがアップデートで生まれ変わる、なんてこともあるかもしれない。また、アップデートするだけで資金20万と機体改造などに必要なECが2,000ももらえるという特典も。もちろん“アップデートファイル”は無料なので、まだの人はすぐにでもアップデートしよう!

『スーパーロボット大戦 Operation Extend』
▲PSPの場合『スパロボOE』のファイルにカーソルを合わせて△ボタンを押すと、アップデートの項目が表示される。これを行うだけで資金20万とEC2,000はおいしい!

 ということで、『スパロボOE』プレイ開始までの手順と序盤の魅力をお届けしてきた“今から始める『スパロボOE』”。ダウンロード専売ということで、ファンの中にもちょっぴり戸惑っている人もいるかもしれないが、敬遠するのはもったいない作品なので、『スパロボ』好きならプレイすることを強くオススメする。『スパロボNEO』をプレイした人ならばご存知だろうが、システム的にもこれまでの『スパロボ』とは違ったテイストで新鮮味があるのもポイントだ。

 次回は、序章を終えた後の1章の残りと、戦闘などのシステム周りについてお届けできればと考えているのでお楽しみに! それまでに“序章無料版”だけでもぜひプレイしてみてもらいたい!!

→どの章でどの作品が仲間になるのか、リストにしてお届け!(3ページ目へ)

(C)伊東岳彦/集英社・サンライズ
(C)GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KDE-J・テレビ東京・電通
(C)サンライズ
(C)SUNRISE/PROJECT GEASS Character Design (C)2006 CLAMP
(C)SUNRISE/PROJECT GEASS・MBS Character Design (C)2006-2008 CLAMP
(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・MBS
(C)PRODUCTION REED 1981
(C)PRODUCTION REED 1985
(C)PRODUCTION REED 1990
(C)HEADGEAR / BANDAI VISUAL / TOHOKUSHINSHA
(C)吉崎観音/角川書店・サンライズ・テレビ東京・NAS・BV
(C) 1983-2005 TOMY (C) ShoPro
(C)1989 HEADGEAR / BANDAI VISUAL / TOHOKUSHINSHA
(C)1989 永井豪/ダイナミック企画・サンライズ
(C)1998 永井豪・石川賢/ダイナミック企画・「真ゲッターロボ」製作委員会
(C)2007 ビックウエスト/マクロスF製作委員会・MBS
(C)2009 永井豪/ダイナミック企画・くろがね屋

データ

▼『スーパーロボット大戦Operation Extend(オペレーション エクステンド)』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP(ダウンロード専用)
■ジャンル:SRPG
■配信日:第1章 2013年7月18日
■価格:各章 各1,000円(税込)/全8章パック 5,980円(税込)/ダウンロードカード版 5,980円
※第1章は配信開始から約2カ月限定で500円(税込)。
※全8章パックはダウンロードカードによる販売あり。

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。