News

2013年9月20日(金)

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』を試遊&レビュー! キュゥべえのセリフでプレイヤーのソウルジェムが……【TGS2013】

文:てけおん

 幕張メッセで開催中の“東京ゲームショウ2013”。そのSCEブースに設置されていた、PS Vita用ソフト『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ The Battle Pentagram』の試遊レビューをお届けしていく。

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ The Battle Pentagram』

 『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ The Battle Pentagram』は、映画『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 始まりの物語/永遠の物語』で語られたストーリーをベースに、オリジナルの時間軸で物語が展開していくアクションゲーム。まどかがほむらに託した“5人の魔法少女が互いを信頼し、力をあわせることができたら、“ワルプルギスの夜”にも勝てるのではないか”という新たな願いを通じて、プレイヤーの手で5人の絆を深めていく。

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ The Battle Pentagram』 『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ The Battle Pentagram』 『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ The Battle Pentagram』
『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ The Battle Pentagram』 『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ The Battle Pentagram』 『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ The Battle Pentagram』

 本作は、アドベンチャー形式で進む昼パートと、アクション形式で魔女と戦う夜パートとがあるが、TGSで試遊できるのは、アクション部分の1ステージ。このステージに登場する“薔薇の魔女”を倒すと終了となる。長さにすると10分かからないくらいの分量となっていた。

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ The Battle Pentagram』
▲こちらが“薔薇の魔女”。

 今回は、オーソドックスにまどかを選んでプレイすることに。もちろん、ほむらやマミさんなど他の魔法少女たちを選択することも可能だ。また、アクションではプレイヤーキャラクターの他に、一緒に戦うパートナーを選択できるのだが、今回はマミさんをチョイスした。

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ The Battle Pentagram』

 操作について簡単に触れておこう。△ボタンで近接攻撃。続けて押すことで連続攻撃を繰り出せる。□ボタンは魔法攻撃。魔法は連発できず、1度使うとゲージが回復するまでの一定時間、魔法を使うことができなくなってしまう。魔法は十字ボタンの左右で切り替えが可能となっており、まどかは3種類の魔法を使うことができた。○ボタンを押しながら移動することで、ダッシュできる。

 また、パートナーとはただ単に一緒に戦うだけではなく、Rボタンを押しながら△や□を押すことで、コンビネーション攻撃を繰り出せる。コンビネーション攻撃はハデなエフェクトが発生し、実に爽快! プレイする際はぜひ試してもらいたい。

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ The Battle Pentagram』 『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ The Battle Pentagram』 『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ The Battle Pentagram』
▲こちらが本作の戦闘シーン。

 体験できるステージの難易度は高くなく、普段アクションゲームを遊んでいない人でも簡単に遊べるだろう。ただし、最後に登場する“薔薇の魔女”だけは体力も多く、攻撃力がとても高いので要注意。もし行動不能になったとしても、ソウルジェムを消費することで復活できる。魔法のゲージが溜まっていない場合にも、ソウルジェムを消費することで即座に魔法を使うことができる。

 体力ゲージの左にあるソウルジェムのアイコン上には、ステージ開始時に“11”という数字が表示されており、数字を1消費することで魔法ゲージを全快できる。プレイヤーキャラクターが行動不能になってしまった場合は3消費すると回復できる。パートナーが行動不能になった場合は、1消費することで復活させられる。

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ The Battle Pentagram』

 そして、この試遊を通して一番『まどか☆マギカ』らしさを感じさせてくれたのは、時折挿入される容赦のないキュゥべえのセリフ。ダメージを食らったり、行動不能になると、キュゥべえは「君はどうして攻撃を喰らうんだい?」などと、理解できないと言わんばかりの声色で話しかけてくるのだ。行動不能になった状態で聞くと、ソウルジェムが濁りそうになるかもしれないが、それが実にキュゥべえらしさたっぷりで、たまらないポイントとなっている。プレイしながら「そうだよな、キュゥべえはそういうキャラだよな!」と思ってしまった。明日以降幕張メッセに行くという人は、ぜひ一度なじられてもらいたい。

 なお、気になる待ち時間だが、12時過ぎの時点で30分待ちくらいだった。明日、明後日は一般日ということもあって、タイミングによってはさらに待つことになるかもしれないので注意しておこう。最後にもう1回書いておくが、本作の試遊台が設置されているのは、SCEブース! バンダイナムコゲームスブースに行っても置いていないので注意しよう。

(C)Magica Quartet/Aniplex・Madoka Movie Project
(C)2013 NAMCO BANDAI Games Inc.

■東京ゲームショウ2013 開催概要
【開催期間】
 ビジネスデイ……2013年9月19日~20日 各日10:00~17:00
 一般公開日……2013年9月21日~22日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込)
※小学生以下は無料

データ

▼『劇場版 魔法少女まどか★マギカ The Battle Pentagram(初回限定BOX)』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:アクション
■発売日:2013年12月19日
■希望小売価格:8,552円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『劇場版 魔法少女まどか★マギカ The Battle Pentagram』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:アクション
■発売日:2013年12月19日
■希望小売価格:5,695円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。