News

2013年9月22日(日)

『熱風海陸ブシロード』のキャストが発表! 企画再始動のキッカケは『ヴァンガード』のヒット【TGS2013】

文:電撃オンライン

 千葉県の幕張メッセで本日まで開催されている、“東京ゲームショウ2013”。ブシロードブースで行われた、アニメ『熱風海陸ブシロード』のトークステージをレポートする。

 『熱風海陸ブシロード』は、ブシロードの木谷高明社長が手掛けるアニメで、10年前に発表されて以来、製作が一時休止する形になっていた幻の作品だ。ステージには、木谷社長を始め、ニトロプラスのでじたろうこと小坂崇氣さんが登壇。司会は、声優の森嶋秀太さんが務めた。

『熱風海陸ブシロード』 『熱風海陸ブシロード』 『熱風海陸ブシロード』
▲画像左から、木谷社長、でじたろうさん、森嶋さん。森嶋さんは、『熱風海陸ブシロード』にも出演する。

 ニトロプラスは、10年前にもメカニックデザイン担当として本作に参加。でじたろうさんによると、『デモンベイン』のデザインを木谷社長が気に入ったことで声が掛かったそうだ。

 2人のあいさつが終わると、まず木谷社長は、10年前を振り返り、本作の原作を務め小説も連載していた、『トリニティ・ブラッド』で知られる小説家の故・吉田直さんとのエピソードから語り出した。

 病院に駆け付けて、他界した吉田さんの顔を拭いている時、木谷社長はこの企画を絶対にアニメ化しようと決意したという。そして同時に、しっかりとアニメ化できるようになるまではやらないとも決めていたのだそうだ。新しく会社を立ち上げた際、社名を“ブシロード”にしたのも、言葉の響きはもちろんだが、世間にこの作品を忘れていないとアピールする意味もあったという。

 そうして時は流れ、企画が再始動。その背景には、TCG『カードファイト!! ヴァンガード』のヒットがあったと木谷社長は語る。『ヴァンガード』が当たり、余裕ができたことで、でじたろうさんに企画の相談に行ったのだそうだ。

 作品については、10年前のものとは少し異なっており、いいところを残しつつ足しているような形になっているという。木谷社長は、この作品について「BDが1本も売れなくてもいいと思っています」とコメントし、描きたいものを描くことをアピール。それに対してでじたろうさんも「ニトロプラスは売れない作品を作るのは得意です。売れているのはたまたまヒットしているだけなんです」と乗っかり、意気投合していた。

『熱風海陸ブシロード』
▲新たなキービジュアルも、あわせて公開された。キービジュアル第1弾とは異なり、さまざまなキャラクターが描かれている。

 続いてはメディアミックスの紹介に。1つ目は、ブシロードが発行する『月刊ブシロード』にて連載されている、本作のスピンオフコミックの情報。アニメはヒロイン・アメ視点で描かれるが、コミックは主人公であるスオウの物語になっており、こちらを読んでおくと、アニメをより楽しめるとのことだ。

『熱風海陸ブシロード』
▲『月刊ブシロード』は、現在創刊号が発売中。今から読めば、第1話からコミックをチェックできる。

 また、発表されたばかりの新TCG『ファイブクロス』にも本作の参戦が決定。『月刊ブシロード』に、『ファイブクロス 熱風海陸ブシロード』のプロモーションカードがつくことも告知された。

 その後は、いよいよ注目のキャストが公開に。まずはゲストとして、スオウ役のKENNさんと、アメ役の潘めぐみさんがステージに登場した。

『熱風海陸ブシロード』 『熱風海陸ブシロード』
▲ゲストとして駆け付けた、KENNさん(左)と、潘めぐみさん(右)

 木谷社長はオーディション時の決め手として、演技はもちろんそれぞれのキャラクターの雰囲気に、役者さん自身の雰囲気が合っていたとコメント。本作は、声だけでなく全身で演技をして臨んでほしいと話していた。

 続けて、その他のキャストもあわせて公開に。シン役が鳥海浩輔さん、サンダ役が大塚明夫さん、ヒナタ役がサエキトモさん、カガト役が鈴木千尋さん、ツキヨミ役が森嶋秀太さんと、10年前と変わらないキャスティングになっており、会場を沸かせた。

『熱風海陸ブシロード』
▲豪華キャスト陣もあわせて公開となった。

 ここで、キャスト発表とともに、できたてほやほやだという新PVが上映された。小野正利さんが歌うテーマソング『熱風海陸ブシロード ~熱き咆吼~』とともに、登場キャラクターが次々と現れる、非常にカッコイイ映像になっていた。

『熱風海陸ブシロード』 『熱風海陸ブシロード』
▲キャラクター原案は、三杜シノヴさんが担当。その他、脚本に海法紀光さんと小太刀右京さん、メカニックデザインにNiθさんと石渡マコト、クリーチャーデザインに中央東口さんと、ニトロプラスのスタッフが多数参加している。

 PV上映後は、『熱風海陸ブシロード ~熱き咆吼~』を木谷社長が歌ったバージョンが、かつて発売されたCDに収録されているという話題が飛び出す。当時レコーディングの際に仮歌として収録したはずの木谷社長の歌が、製品のボーナストラックに入れられてしまったのだそうだ。

 また、ブシロード設立から間もないころ、ライブイベントで木谷社長が『熱風海陸ブシロード ~熱き咆吼~』をステージで歌ったというエピソードも。でじたろうさんから「再録してください」という要望が出ると、観客からも大きな拍手が。渋っていた木谷社長だったが、まんざらでもないようで、歌うことになったらならでじたろうさんと2人でと、笑い混じりに話していた。

 こうしてステージは終了の時間に。木谷社長は、「役員会で一銭も返ってこないかもしれないけどやりますと許可を取ってスタートしています」と明かし、男と女の生き様を描いていきたいと力強くコメントして締めくくった。

■東京ゲームショウ2013 開催概要
【開催期間】
ビジネスデイ……2013年9月19日~20日 各日10:00~17:00
一般公開日……2013年9月21日~22日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込)
※小学生以下は無料

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。