News

2013年9月22日(日)

『俺の屍を越えていけ2』ナビゲートキャラ“コーちん”の声は福圓美里さんに決定! “一遊入魂”ステージレポ【TGS2013】

文:電撃オンライン

 千葉県は幕張メッセで開催した“東京ゲームショウ2013”。最終日となる9月22日にSCEブースにて実施された『俺の屍を越えていけ2(以下、俺屍2)』のステージの模様をお届けする。

『俺の屍を越えていけ2』 『俺の屍を越えていけ2』

 ステージにはゲームデザイナーの桝田省治氏が登壇。さらに、プレイヤーをナビゲートするキャラクター“コーちん”役として福圓美里さんが抜擢されたことを発表し、サプライズゲストとしてステージ登場した。また、桝田氏はナビゲートのキャラクターの名前を公募したが、自身が“コーちん”と命名したと明かし、会場を笑いに包んだ。

『俺の屍を越えていけ2』 『俺の屍を越えていけ2』
▲モニターに表示されているコーちんに生でアフレコをしながら福圓さんが登場。なお、コーちんの声の収録がまだ行われておらず、製品版ではキャラクターのイメージもがらりと変わるかもしれないとのことだ。

 ステージは“一遊入魂(ワンプレイ入魂)”をテーマに、ゲームを実際にプレイしている模様を見ながら解説がされていった。『俺屍2』ではPS Vitaのカメラを使ってプレイヤー自身の顔を取り込んで使用キャラクターにすることができるということで、このステージではゲストの福圓さん顔を取り込んだキャラクターを使ってスタート。ダンジョンの最深部にいるボスの撃破を目指した。

『俺の屍を越えていけ2』
▲こちらが福圓さんの顔写真をとりこんだキャラクター。当主は8種類の職業のうちの3つから選べるようになり、前作より選択の幅が増えた。

 『俺屍2』では、移動や戦闘がすべて3Dグラフィックで描かれる。敵はランダムエンカウントからシンボルエンカウントになり、敵に背後から襲われ不意打ちされるシーンもあった。戦闘は前作同様のターン制コマンドバトル方式で、テンポよくサクサク進んでいった。浮世絵から飛び出してきたような美麗なグラフィックの敵キャラクターを相手に、術や奥義を使って戦っていった。

『俺の屍を越えていけ2』 『俺の屍を越えていけ2』
▲クォータービューで描かれる戦闘シーン。前作同様に戦利品を決めるルーレットの存在が確認できた。
『俺の屍を越えていけ2』 『俺の屍を越えていけ2』
▲さらにマップの火時計の火が赤くなっているときに戦闘になると、ルーレット内のアイテムがレアなものに変化するようだ。

 最後に、福圓さんのキャラクターで交神の儀も行われ、イケメンの神様が数多くいる中、ふくよかでユニークな神様を福圓さんがチョイスすると、会場には爆笑が起こり大賑わいのままステージは終了した。

『俺の屍を越えていけ2』 『俺の屍を越えていけ2』 『俺の屍を越えていけ2』 『俺の屍を越えていけ2』
▲『俺屍』といえばやはり交神の儀! 子孫を残すため相方の神様を選ぶわけだが、福圓さんが選んだのは餅乃花大吉というぽっちゃり系神様だった。

■東京ゲームショウ2013 開催概要
【開催期間】
 ビジネスデー……2013年9月19日~20日 各日10:00~17:00
 一般公開日……2013年9月21日~22日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込)
※小学生以下は無料

(C)Sony Computer Entertainment Inc.

関連サイト

Facebookコメント

注目記事

電撃オンラインch

電撃オンラインch(YouTube)

週間アクセスランキング

[集計期間2014年 04月11日~04月17日]

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。