News

2013年9月22日(日)

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 ハッピーエンド』のステージがこんなにキモイわけがないけど制作の裏話も!【TGS2013】

文:電撃オンライン

 “東京ゲームショウ2013”のバンダイナムコゲームスブースで行われたトークステージ“プロデューサーさん いらっしゃい!『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 ハッピーエンド』”をレポートする。

 発売直前のPS3『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 ハッピーエンド(以下、俺の妹。HD)』。ステージ上では、バンダイナムコゲームスの二見鷹介プロデューサーと電撃オンラインのてけおん、そして“桐乃?さん”の3人が、ゲーム映像を交えて作品の魅力を語り合った。

東京ゲームショウ2013
▲左からてけおん(黒猫好き)、二見P(桐乃好き)、桐乃?さん(珠希好き)。

 本作は『俺の妹。』ゲームシリーズの3作目ということで、まずは過去2作品の思い出を振り返ることに。1作目『俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブル』の制作当初に沙織・バジーナの目の色が決まっていなかったことや、2作目のタイトル名は『俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブルが続くわけがない』以外に、“バースト”や“G”などの案があったことを明かした。ちなみに沙織の目の色は、伏見つかさ先生とかんざきひろさん、電撃文庫の三木一馬さんの3人がTVアニメの収録現場で協議して決まったそうだ。

東京ゲームショウ2013 東京ゲームショウ2013
東京ゲームショウ2013 東京ゲームショウ2013

 こうして時系列に沿って話は進み、いよいよ『俺の妹。 HD』の紹介に差し掛かる。過去2作品とは大きく異なり、キャラクターたちがアイドルになる本作。「この設定は完全にノリで決まりました」という二見Pだが、「ユーザーが『俺と妹。』のキャラクターと想い出を残していくことがテーマ。だから、決してアイドル育成シミュレーションとは言いません」と、作品へのこだわりを語った。

東京ゲームショウ2013 東京ゲームショウ2013
東京ゲームショウ2013 東京ゲームショウ2013

 ここで、二見Pが実際にゲームをプレイしながら紹介することになった。本作はストーリーを進めていくと衣装が開放されていき、その衣装をキャラクターに着せて撮影できるのが1つのウリ。早速“フリーフォトセッション”モードを開始し、あやせと黒猫、桐乃の3人を撮影していった。……が、「いいねー、いいねー」「よいではないか」と話ながら撮る二見Pの姿は、まさに変態カメラマン。次第には視聴者に「すみませんね。気持ち悪くて」と謝る始末だった。

東京ゲームショウ2013
▲ぜひ2人の目つきに注目してほしい。

 約20分の実演が終わると、改めてゲームの告知が行われた。『俺の妹。 HD』のボリュームは前作の約2倍にのぼり、スタッフの参考データだと(衣装の)コンプリートまでに約50時間もの時間を要するとのこと。また、DLC第1弾(※)『俺の妹たちがYシャツ姿なわけがない』のスペシャル動画×4本(桐乃編)のうち2本は、“もしもキリノが10cmになったら”、“もしもエレベーターで2人っきりになったら”というifストーリーが展開するそうだ。

※価格:1,000円(初回限定版にはダウンロードコードを封入)

東京ゲームショウ2013 東京ゲームショウ2013

 そんな『俺の妹。 HD』は9月26日発売予定。電撃オンラインの特集ページ“週刊 俺の妹。HD”では、二見Pやてけおんによる“妹フォト対決”も実施中だ。てけおんいわく「ユーザー参加型のフォト企画もやりたい」とのことなので、今後も『俺の妹。 HD』の展開に期待しよう。

(C)伏見つかさ/アスキー・メディアワークス/OIP2
(C)2013 NBGI

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。