News

2013年10月6日(日)

『ストライク・ザ・ブラッド』ステージと『ストブらじお 雪菜と凪沙のおとなり放送局』公開録音の模様をあわせてお届け!

文:皐月誠

 本日10月6日、東京都・秋葉原UDXおよびベルサール秋葉原にて“電撃文庫 秋の祭典2013”が開催された。この記事では、秋葉原UDX会場にて実施された『ストライク・ザ・ブラッド』ステージの模様をお伝えする。

 壇上には、本ステージの司会進行を務める中山信宏プロデューサーと、細谷佳正さん(暁古城役)、種田梨沙さん(姫柊雪菜役)、瀬戸麻沙美さん(藍羽浅葱役)、日高里菜さん(暁凪沙役)が登壇し、本作の舞台裏にまつわるトークを行った。

『ストライク・ザ・ブラッド』 『ストライク・ザ・ブラッド』

 最初に中山プロデューサーから話題として挙げられたのは、『ストライク・ザ・ブラッド』のアニメ本編について。本作はアニメーションのクオリティが魅力の1つとのことで、細谷さんはウォシャウスキー姉弟監督の『マトリックス』レベルの迫力ある映像が見られるとまでコメントしていた。

 その他、姫柊雪菜のパンツが大写しになるシーンについて、中山プロデューサーが綿密に描くようオーダーしていたことや、撮影処理において画面を歪ませて立体感を演出していることなどが語られた。シーンの硬軟を問わず、妥協のないクオリティに仕上げられているようだ。

 次に中山プロデューサーが挙げた話題は、実際にキャラクターを演じた感想。話が進んで登場キャラクターが増えると雪菜の魅力が増してくるという種田さんや、難しい専門用語を日常語のように言えるよう気を付けるという瀬戸さんのコメントが語られた後、なぜか日高さんには“古城みたいなお兄さんはいかがですか? と言うか、細谷さんはいかがですか?”という質問が投げられた。

 これについて日高さんは、いい意味で細谷さんを男性として見ていないようだ。細谷さんは落胆の色を見せたが、これについては細谷さんが収録現場で化粧水のよさを力説するなど、“女子力が高い”ことがその理由らしい。

 次に行われたのは、特別企画“中山Pのキャスト監視報告”のコーナー。“細谷さんはとにかくおもしろくて興味がつきない”、“種田さんはもしかしたら天然なのかもしれない”、“瀬戸さんは意外にはっきりものを言う”、“日高さんは言動がそのまま凪沙っぽい”など、各位を見た中山プロデューサーの感想と、それにまつわるトークが行われた。どれもおおむね間違っておらず、各位納得の感想だったようだ。

『ストライク・ザ・ブラッド』

 続いてのコーナーは、本編の映像をもとに出された質問に○か×かで答える“『ストブラ』アンケートトーク”。提示された質問は、日高さんだけが○を出した“早起きは苦手”、全員が×を出した“自分は料理上手だと思う”、細谷さんだけが○を出した“放課後に異性とハンバーガーショップへ行くようなリア充シチュエーションは実在しない”という3問だ。

『ストライク・ザ・ブラッド』

 この回答には、一部において自己評価と他者評価に相違が発生。2問目では、一応料理をすると話した瀬戸さんが周囲の意見で×から○へ変えたり、3問目で○を挙げた細谷さんについて“女性側から恋愛対象として見られていなかったのではないか?”という疑惑が浮上したりと、議論の中で回答が揺れる場面もあった。

 最後に設けられたのは、『ストライク・ザ・ブラッド』に関する情報告知コーナー。ここで語られた主な情報は、以下の通り。

・ドコモアニメストアにて本作の配信が決定
・10月10日 原作小説9巻が発売発売
・10月26日 コミカライズ版3巻が発売
・10月30日 OP主題歌CD『ストライク・ザ・ブラッド』発売(初回限定盤にはPV収録のDVD同梱)
・11月27日 ED主題歌CD『rainbow heart ▽ rainbow dream ☆/Strike my soul(※▽はハートマーク)』発売(※ミュージックビデオ収録のDVD同梱版も同時発売)

『ストライク・ザ・ブラッド』

 秋葉原UDX会場の他、ベルサール秋葉原会場ではWebラジオ『ストブらじお 雪菜と凪沙のおとなり放送局』の公開録音が実施された。このステージには、種田梨沙さんと日高里菜さんが登壇。“血ぃ吸われたろか?”や“獅子王機関・監視レポート”といったコーナーの他、OP曲にあわせた箒を使ってのエアギタープレイが行われた。

 この番組は“響 - HiBiKi Radio Station -”と、“インターネットラジオステーション<音泉>”にて配信される(毎週水曜日)ので、残念ながら会場に足を運べなかったという人は、配信日を待ってほしい。

『ストライク・ザ・ブラッド』 『ストライク・ザ・ブラッド』
『ストライク・ザ・ブラッド』 『ストライク・ザ・ブラッド』

(C)三雲岳斗/アスキー・メディアワークス/PROJECT STB

■“電撃文庫 秋の祭典2013”開催概要
【開催日時】2013年10月6日 10:00~18:00(予定)
【会場】秋葉原UDX&ベルサール秋葉原
【入場料】無料

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。