News

2013年10月6日(日)

キリト役・松岡禎丞さんが終始イジられっぱなしだった“電撃文庫 秋の祭典2013”『ソードアート・オンライン』ステージレポ

文:スズタク

 本日10月6日、秋葉原UDXとベルサール秋葉原で“電撃文庫 秋の祭典2013”が開催。秋葉原UDXのメインステージでは、『ソードアート・オンライン(以下、SAO)』のスペシャルイベントが行われた。

 ステージ上には、司会進行を務める鷲崎健さん、声優の松岡禎丞さん(キリト役)、戸松遥さん(アスナ役)、竹達彩奈さん(リーファ役)、伊藤かな恵さん(ユイ役)が登壇。速報記事でもお伝えした、年末の特別番組PS Vita向け新作ゲームの情報などを、トークを交えながらファンにお届けした。

“ソードアート・オンライン”

 秋葉原UDXステージのトップバッターとなる『SAO』イベントは、開幕から大盛り上がり! 登壇したキャストたちが「帰ってきましたー!!」「ただいま!」などと呼びかけると、会場からは大きな歓声が上がった。昨年にアニメ放送が終了して久しいが、ファンの熱はまったく冷めていない様子だ。

 イベントは主に、アニメ版『SAO』のこれまでの展開をプレイバックする形で進行。以下では、会場に映し出された内容をダイジェストで紹介していこう。

●2011年10月2日 『SAO』のアニメ&ゲーム化決定情報解禁!

 今から2年前、『SAO』が原作小説を飛び出してアニメ&ゲーム化が決定。2年という長いようでアっという間の月日の経過に、キャストたちも思わずしみじみ……。

●2012年3月31日 初のステージイベント

 『SAO』関連の初となるステージイベントを開催。当時、松岡さんは極度の緊張を味わっていたようだが、2年経った現在でもイベントは緊張するとのこと。ちなみに、松岡さんは今回のステージに誰よりも早くスタンバイしていたようだ。

●2012年5月21日 ラジオ“ソードアート・オンエアー”スタート

●2012年6月24日 第1話特別先行上映会

 アニメ第1話をファンと一緒に封切り。このイベントでは、松岡さんがタンクトップ姿になってソードスキルのモーションを披露するという、かつてない演出で話題を集めた。その時のワンショットも映し出され、会場は一気にテンションアップ。

●2012年7月7日 TVアニメ放送スタート

●2012年7月28日 “オフライン・ミーティング”開催

 『SAO』の作者・川原 礫先生が描くもう1つの小説、『アクセル・ワールド』とのコラボレーション。双方のキャストが集う豪華なイベントで、これ以降も開催が続いていく。

●2012年9月15日 TVアニメにてユイ登場

●2012年10月6日 TVアニメ“アインクラッド編”最終話放送

●2012年10月7日 “電撃文庫 秋の祭典2012”でステージ開催

 ちょうど1年前となる“電撃文庫 秋の祭典2012”の『SAO』ステージ。この時は松岡さんが壇上で転ぶという思わぬアクシデントがあり、観客全員の注目を一手に集めた。某有名アニメらしき写真を使った、当時の状況を表すイメージ図も公開され、会場は笑いの渦に!

●2012年10月13日 TVアニメ“フェアリィ・ダンス編”スタート

 竹達さん演じる直葉/リーファがこの物語から登場。と、ここで鷲崎さんが「松岡くんはどのヒロインが好き?」という誰もが気になる質問を投げる。以前も何回か同じ質問を投げかけられた松岡さんは、壇上に3人のヒロインがいるプレッシャーの中、以前と変わらずリズベットの名前を挙げ、信念を貫き通す。そんな松岡さんには観客からは賞賛の声が上がった。

“ソードアート・オンライン”

●2012年10月21日 “オフライン・ミーティング2” 開催

●2012年12月22日 TVアニメ最終話放送

 今から約10カ月前に“フェアリィ・ダンス編”が終わり、アニメの展開はひと区切りへ……。全体を通じて思い入れが深かったシーンを聞かれると、伊藤さんは“ユイの初登場シーン”、竹達さんは“直葉がキリトに告白する場面”、戸松さんは“ユイとのお別れ”とそれぞれ語った。特に竹達さんが挙げたシーンは、松岡さんが「どんな風に“ごめんね”と言われたら一番傷つきますか」と相談したこともあり、全編通して強く印象に残っていたという。

●2013年2月17日 “オフライン・ミーティング3”開催

●2013年3月14日 PSP用ソフト『ソードアート・オンライン -インフィニティ・モーメント-』発売

●2013年3月25日 ラジオ“ソードアート・オンエアー”最終回

●2013年8月10日 TVアニメ年末スペシャル“Extra Edition”情報解禁

 この後、「Extra Edition」の初情報としてストーリー、キャラ絵、放送日時などを発表。キャラ絵は原作イラスト担当のabecさんによる、《ALO(アルヴヘイム・オンライン)》仕様のデザインで、一新されたキャラの姿にファンもキャストも興奮を隠せなかった。また、ストーリー紹介に“水泳特訓”とあったことから、ヒロインたちの水着が見られるかもという期待の声も……。

 プレイバックが済んで終了……と思いきや、ここでゲーム新作『SAO ―ホロウ・フラグメント―』をサプライズで公開。キリトのナレーションが流れる中、アクション性の高いバトルや謎の少女の姿が確認できるPVが流れた。これらの詳細は、10月10日発売の電撃PlayStation Vol.552と電撃文庫MAGAZINE Vol.34に掲載されているので、ぜひチェックしてほしい。

 年末特番やゲームの新情報も伝えたところで、ステージは閉幕。久しぶりに『SAO』チームで集まれたことをキャストたちは喜び合い、最後に松岡さんが「『SAO』の次に繋がるような演技をできたらと思います」というコメントで締めくくった。

(C)川原 礫/アスキー・メディアワークス/SAO Project (C)2013 NBGI

■“電撃文庫 秋の祭典2013”開催概要
【開催日時】2013年10月6日 10:00~18:00(予定)
【会場】秋葉原UDX&ベルサール秋葉原
【入場料】無料

データ

▼『ソードアート・オンライン -ホロウ・フラグメント-』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:未定
■発売日:2014年予定
■希望小売価格:未定

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。