News

2013年10月9日(水)

【ほぼ毎日特集 ♯52】『DEAD OR ALIVE』&『閃乱カグラ』プロデューサー対談! 2作品のおっぱい以外の熱い共通点とは?(kbj)

文:kbj

 電撃オンラインのスタッフが勝手気ままにお届けする“ほぼ毎日特集”。今回は、kbjが、ゲームメーカーに勤めるさまざまな人にインタビューを行う企画“ゲームメーカー最前線”を掲載します。

 I’m a Pighter! 電撃オンラインのおっぱい担当・kbjです。先日、毎日特集の企画で、PS3/Xbox 360用ソフト『DEAD OR ALIVE 5 Ultimate(以下、DOA5U)』を使い、電撃オンラインチームとコーエーテクモゲームス・開発チーム“Team NINJA”さんとの対戦を行いました。

 電撃オンラインのゴロー&kbjというウジ虫どもに加えて、プロゲーマーのふ~どさんと板橋ザンギエフさん、さらにマーベラスAQLの高木謙一郎プロデューサーが参戦。きっと読者の方は

「え? なんで高木爆乳プロデューサーが?」

と思ったのではないでしょうか? 実はこの企画は“Team DOL vs. Team NINJA”という表のテーマとは別に、裏テーマとして高木謙一郎プロデューサーと早矢仕洋介プロデューサーの対戦&対談があったのです。というわけで、前回掲載した闘いを振り返りつつ、お届けできなかったエキシビジョンマッチについても掲載した後、対談を掲載していきます。

■プロデューサー同士の意地とメンツを賭けたバトル!?

 “Team DOL(電撃オンライン)vs. Team NINJA(チームニンジャ)”対戦企画の大将戦では、高木さんと早矢仕さんが対決。試合前には「早矢仕さんの動画を見てきました。多分勝てます。そしてプロデューサーの座はもらいます!」と言っていた高木さんだったのですが、大勢が見ている前で緊張したのか、残念ながら敗北してしまいました。

 試合も終わり、エキシビジョンマッチが進んでいく中で、リベンジ戦が展開。ステージを先ほどの“Lost World”から“THE SHOW”に移して、再度プロデューサー同士が激突しました。

 再戦の結果は、高木さんの勝利! チームニンジャから野次が上がる中、早矢仕さんは「……そろそろ終わりにしましょうか」と苦笑いでした。

 対決後、高木さんと早矢仕さんに対談をしてもらうことに。おっぱいをきっかけに始まった対談は、ゲーム開発やこだわりという深い話の他に、ダウンロードコンテンツやワールドワイドでのキャラクターやおっぱいの人気など、さまざまな話題が展開しました。

 さらに、誰も予想しなかった驚きの展開が!? ぜひ以下をご覧ください。

■すべてをさらけ出すおっぱいパイ談(対談)がスタート!

――今回は、お2人がもともとお尻合い……もとい、お知り合いだったということで、対戦&対談を企画させていただきました。よろしくお願いいたします。

早矢仕:よろしくお願いします。『閃乱カグラ』のほうは、このタイミングで何か発売や発表はないんですか?

高木:ないですね。なので、むしろ「何もないのに、お伺いしていいのですか?」という感じでした。多分、電撃さん的に呼びやすいから呼んだというのはあると思います。「あいつなら呼べば来るだろ」って。

(一同笑)

――正直、それもあります。ただ、自宅にお邪魔した際に『DEAD OR ALIVE(以下、DOA)』のソフトがあったので「遊んでいるだろう」ということで出演依頼をさせていただきました。そもそも、お2人はどこで接点があったのでしょうか?

早矢仕:共通の知人がいて、今年に入ってその人から「飲みに行きませんか?」と誘われたのがきっかけです。

――お会いしてどのような印象を受けましたか?

早矢仕:したたかな方だと思いました。

高木:え? したたかですか!?

早矢仕:アハハハハ。したたかというか、クレバーっていうイメージですね。お会いした時だけでなく、前回のインタビューを読んだ時も感じたのですが、しっかりと考えて、動かれているんだろうと思いました。

高木:僕は昔から『DOA』シリーズや『NINJA GAIDEN』シリーズがすごく好きで遊んでいました。アクション性が強いうえに、時に残虐性があるタイトルを手がけられているのに、予想以上に優しそうな方だったので、全然印象が違いましたね。

早矢仕:実際に優しいかはわかりませんが(苦笑)。

――早矢仕さんはPS Vita『閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明-』をプレイされたということですが、どうでしたか?

早矢仕:遊ぶと1人1人のキャラが印象に残って、名前を覚えていくんですよ。その先に「誰が好き」と話したくなる世界観やゲームになっていると思いました。

 うちのタイトルは、シリーズの歴史の中で皆さんの中で形作られてきたキャラクター像を今の技術で表現しようというアプローチですが、今はわかりやすさが求められている時代。『閃乱カグラ』は、お客さんに楽しんでほしいというところが、すごくわかりやすく突き抜けていると感じました。

――『閃乱カグラ』でどのキャラが好きでしたか?

早矢仕:最初は、やはり飛鳥(あすか)から入りました。ただ、そのうちに性格的に物足りなくなって……胸の魅力で葛城に浮気しそうになりました。最終的には斑鳩(いかるが)が印象的でした。キャラクター人気投票では誰が人気だったんですか?

高木:毎回やっているのですが、最新作の『閃乱カグラ SHINOVI VERSUS』では新キャラの雪泉(ゆみ)がトップでした。

早矢仕:なるほど。飛鳥の人気はどうなんですか?

高木:だいたい上位にいるけど、一番にはならないですね。シリーズの顔なので、あえて個性を強くせず、入口として見てもらっています。その先には、多種多様なキャラがよりどりみどりという作りです。国立半蔵学院の5人は、なるべくわかりやすい性格にしています。

早矢仕:狙ってキャラを丸くしたり、あえて個性的にしたりしている。やっぱりそういうことをかなり意識して作られているんですね。ソフトはTVアニメが放送されている時に、リリースされたんですよね?

高木:そうですね。まず、1作目の3DS『閃乱カグラ -少女達の真影-』を発売する時にTVアニメ化を発表して、3DS『閃乱カグラ Burst -紅蓮の少女達-』をリリースしてすぐにTVアニメが始まり、その最中に『閃乱カグラ SHINOVI VERSUS』をリリースしました。

早矢仕:その山を作る、タイミングをあわせるのは大変ですよね。

高木:そこは合わせないと、合いませんね。

早矢仕:我々はゲーム会社なので、ゲームを作ることはもちろんできるんですが、TVアニメは我々だけでは作れないですからね。

高木:そこは本当に難しかったですね。以前から親交のあるメンバーが集まっていたので、腹を割っていろいろと相談しつつ、なんとか形にしました。

――『DOA5U』のダウンロードコードの投票では、メインの2人がトップでしたが、個々のキャラを見た時に、誰が人気なのでしょうか?

早矢仕:『DOA5』でモデリングを変えたため、そこでかわいい表現ができたキャラクターの人気が上がりました。開発内では「こころとティナの人気があがりそう」と言っていたところ、上位の2人には勝てませんでしたが、想像通りに人気があがりました。

 あと、上位のかすみとあやねが想像以上に不動でした。そこは歴史なのか……ずっと付き合っている彼女というか……ファンの皆さんの中で確固たる存在になっているんだと思いました。

――新キャラを作る時は、人気の2人が開発スタッフの壁として立ちはだかるという感じですか?

早矢仕:新たなキャラを作る時は、彼女たちを超えるような存在にしようと意識しています。とはいえ、なかなか牙城は崩せません。『DOA5』のミラは、いままでにない個性的なキャラを意識しました。

――ちなみに3番目に人気なのは誰ですか?

早矢仕:従来ならヒトミだったのですが、『DOA5』からは先ほど紹介したこころが追い上げてきて、さらに『DOA5U』で入った紅葉を加えた3キャラで3位争いをしています。

――人気を見た時に、国内と海外で違いはあるのでしょうか?

早矢仕:リュウ・ハヤブサの人気が高いなど、多少の違いはあります。でも女性キャラの人気は総じて高いです。コスチュームも水着が大人気で、その点は全世界共通です。

高木:伝統あるシリーズや版権作品も大きなやりがいがあるのですが、私は、元々が企画者というのもありオリジナルタイトルの実現に対して非常に強い想いがあります。早矢仕さんもまったくの新規タイトルはどうですか?

早矢仕:ファンの方へまずはシリーズ最新作を作らなければとここまできましたが、今は新規もいくつか企画を練っている段階です。

次のページでダウンロード数について驚きの事実が!

(C)2012-2013 コーエーテクモゲームス Team NINJA All rights reserved.
Akira, Sarah, Pai, Jacky characters (C)SEGA.Virtua Fighter is either a registered trademark or trademark of SEGA Corporation.
(C)2013 MarvelousAQL Inc.

1 2 3 4 5

データ

▼『DEAD OR ALIVE 5 Ultimate コレクターズエディション』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:PS3
■ジャンル:対戦格闘
■発売日:2013年9月5日
■希望小売価格:10,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『DEAD OR ALIVE 5 Ultimate』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:PS3
■ジャンル:対戦格闘
■発売日:2013年9月5日
■希望小売価格:5,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『DEAD OR ALIVE 5 Ultimate コレクターズエディション』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:Xbox 360
■ジャンル:対戦格闘
■発売日:2013年9月5日
■希望小売価格:10,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『DEAD OR ALIVE 5 Ultimate』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:Xbox 360
■ジャンル:対戦格闘
■発売日:2013年9月5日
■希望小売価格:5,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明-』
■メーカー:マーベラスAQL
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:アクション
■発売日:2013年2月28日
■希望小売価格:6,648円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。