News

2013年10月26日(土)

並行世界の幼なじみ2人のどちらを選ぶ? 青春SF『葵くんとシュレーディンガーの彼女たち』渡来ななみ先生にインタビュー【Spot the 電撃文庫】

文:てけおん

 電撃文庫で活躍する作家陣のメールインタビューをお届けする“Spot the 電撃文庫”。第92回となる今回は、『葵くんとシュレーディンガーの彼女たち』を執筆した渡来ななみ先生のインタビューを掲載する。

『葵くんとシュレーディンガーの彼女たち』
▲もぐも先生が描く『葵くんとシュレーディンガーの彼女たち』の表紙イラスト。

 本作は、並行世界を行き来する少年と、並行世界の2人の幼なじみが繰り広げる“ひと夏の青春SFラブストーリー”。睡眠こそ至上の喜びと豪語する少年・葵。彼には幼いころから、眠るたびに並行世界を行き来する、誰にも言えない大きな秘密があった。そしてある朝、葵の何気ない一言から、2人の幼なじみ・真宝とほえむのいる世界は“重なり合い”はじめて……ひと夏の騒動が重ねていく、2つの世界と幼なじみの心。最後に残るのは、真宝か、ほえむか、それとも……?

 渡来先生には、本作のセールスポイントや小説を書く時にこだわっているところなどを語っていただいた。また、電撃文庫 新作紹介ページでは、本作の内容を少しだけ立ち読みできるようになっている。まだ読んでいない人はこちらもあわせてご覧あれ。

――この作品を書いたキッカケを教えてください。

 デビュー後1作目の企画がなかなか決まらなかったのですが、そんな中、担当さんが例として挙げてくださった“幼なじみが量子みたいに不確定になっちゃった”というアイディアを基に思いつきました……。

――作品の特徴やセールスポイントはどんな部分ですか?

 パラレルワールドを行ったり来たりしている主人公・葵には、それぞれの世界に幼なじみがいます。でも、別の世界に飛んでしまえば、周囲の人間関係の距離も変化するから、そこでは幼なじみも“他人”になってしまう。

 そんな状況ならではの心の揺れもあるけれど、どんな世界、どんな未来を選ぶかというテーマは、誰もが青春に抱える悩みと同じもの。布団大好き、ナマケモノ主人公の成長を見届けてもらえたら、嬉しいです。

――作品を書くうえで悩んだところは?

 ヒロインたちをどれだけカワイく書けるかというのが、自分の中で裏テーマでした。だって私いちおう、女だし。そこにこれだけ力を入れたことは今までなかった気がします!(笑) なので、幼なじみの彼女たちに魅力を感じてもらえたら、なによりうれしいかもしれないです。

――執筆にかかった期間はどれくらいですか?

 いったん書き上げるまでの期間なら1カ月半ほどですが、その後の手直しなど諸々含めると、実際の出版までにはトータルで半年くらいかかりました。……なのに、作中のクライマックスと、出版月が時期ぴったりになったのを地味に喜んでおりました。

――主人公やヒロインについて、生まれた経緯や思うところをお聞かせください。

 男の子を主役に据えて書いたことがあまりなかったし、当初は“俺”という一人称の語り口に抵抗があったんですが……。葵が「朝の温かい布団は聖域」など、妙に布団への愛を語りだしたところから急に書きやすくなり、あとは意外と楽になりました。……私も布団は好きです。

――小説を書く時に、特にこだわっているところはどこですか?

 この作品にしかない、独自の世界観を描きたい、というところでしょうか。

――高校生くらいのころに影響を受けた人物・作品は?

 小説で一番よく読んでいたのは、SF作家の新井素子先生の作品全般でした。その後、小説を書く時に文体を無意識に真似するようになっていて、今になってもしっかり影響が残ったままです……。漫画だと、日渡早紀先生の『ぼくの地球を守って』で、壮大な世界観に心を揺さぶられましたね。

――現在注目している作家・作品は?

 近年になって『HUNTER×HUNTER』のファンになりました。ええ。続きをじっとおとなしく待っています。

――ゲームで熱中しているものがあれば教えてください。

 『ぷよぷよ』だけは得意です。たまに14連鎖までできます。

――それでは最後に、電撃オンライン読者へメッセージをお願いします。

 “萌え”なお話ではないです、ごめんなさい。でも、もしかして、ハーレムではなくて、パラレルワールドごとにヒロインがいるというのは新発想なのかも……?(汗) 並行する世界での幼なじみとの青春――そんな不思議ワールドが気になったあなた、重なり合った2つの世界でお待ちしています!

(C)渡来ななみ/KADOKAWA CORPORATION 2013
イラスト:もぐも

データ

▼『葵くんとシュレーディンガーの彼女たち』
■発行:KADOKAWA
■発売日:2012年9月10日
■価格:662円(税込)
 
■『葵くんとシュレーディンガーの彼女たち』の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。