News

2013年11月16日(土)

『スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE』R-1やGコンパチブルカイザーなど6機体の使い心地は? 開発陣コメント付き機体レビュー第3回!

文:デルチ

『スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE(期間限定版)』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 バンダイナムコゲームスから11月28日に発売されるPS3用ソフト『スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE』。『スーパーロボット大戦』シリーズファン注目の対戦アクションとなる本作のユニットレビュー第3回『スーパーロボット大戦』シリーズ特集担当ライター・デルチがお届けする。

『スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE』

 人気シミュレーションRPG『スーパーロボット大戦』シリーズ。本作は、その歴代作品に登場したオリジナルユニットが繰り広げる対戦アクションだ。プレイヤーが操作する1機と僚機2機の最大3対3の迫力バトルが展開することでもファンの注目を集める本作。簡単操作でド派手な必殺技を繰り出せるので、アクションゲームが苦手な人でも安心して楽しめるのもポイントとなっている。

 今回は、第3回目のユニットレビューをお届けしていく。機体は、R-1、R-2パワード、Gコンパチブルカイザー、ジガンスクード・ドゥロ、アルテリオン、サーベラスの6機! なお、前回と前々回であわせて10機の機体を紹介している。この記事と一緒に読んで、発売前に遊びたい機体をチェックしておくといいだろう。

→ユニットレビュー第1回はこちら
→ユニットレビュー第2回はこちら

■R-1 ~Rシリーズでもピカイチのスピードが光るバランス機~

『スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE』
操縦者:リュウセイ・ダテ
『スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE』

 SRX計画で開発されたパーソナルトルーパー・Rシリーズの1号機。近接戦闘・格闘戦に特化した機体だが、多彩な武装でさまざまな戦況に対応できる。初出はPSの『新スーパーロボット大戦』で、ロボット好きの操縦者リュウセイの人気もあって、オリジナル作品を代表する機体になった。

 近接戦闘・格闘戦に特化した機体というだけあって、近接攻撃はどれも優秀。特に、格闘攻撃のコールドメタルナイフが使いやすく、追加入力で4連続攻撃までつながるのもうれしい。強攻撃のコールドメタルナイフ(強)は、突進しつつ斬りつける攻撃なので、一気に距離をつめたい時に有効だ。攻撃が当たったなら、追加入力で3連撃までコンボがつながるので狙いたいところ。他にも、特殊攻撃の頭部バルカン砲(オーバー)は攻撃力が低めなものの、回り込むような動きで攻撃するので敵の背後をとる移動手段として役に立つ。

『スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE』 『スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE』
▲射撃武器のG・リボルヴァーは、平均的な性能。リボルヴァーだけに、弾数が6発と少なめなのが痛いか?
『スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE』 『スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE』
▲コールドメタルナイフは、出が速いのも使いやすさを上げるうれしい要素。この武器を起点に攻撃を組み立てていこう。

 必殺技IのT-LINKナックルは、突進タイプの格闘攻撃。ホーミング性能もそこそこあるので、中距離くらいから使っていっても十分当てられる。必殺技IIは、前方に剣状の念動フィールドを飛ばす天上天下念動破砕剣。意外と遠くまで飛んでいくので、こちらも格闘攻撃ながら中距離以上でも使っていける武装だ。

『スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE』
『スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE』 『スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE』
▲T-LINKナックルは、前方に突進し、拳を突きつける必殺技必殺技。あまり距離が離れていると、突進そのものが届かないのである程度の近さで発動させたい。

 機体としては、中コストらしい機動力の高さがメリットで、武装のバランスもよく使いやすい。HP、装甲は低めなものの、気力が一定以上でダメージ減少効果とガード効果が上昇する機体固有能力の念動フィールドがあるため、なかなかにタフなのも使いやすさに拍車をかけている。

【開発陣からのコメント】
 軽快な運動性と、高い格闘戦能力、遠近どちらにも対応可能な射撃攻撃を持つ万能機です。遠距離まで届く威力の高いブーステッド・ライフルと中~近距離で連射できる・リボルヴァーを使い、間合いを詰めてコールドメタルナイフに繋ぐのが定石となります。

 格闘戦に持ち込めれば、非常に素早い連撃で押して行けます。必殺技も飛距離が短いですがヒットしやすいT-LINKナックルと、射程の長い天上天下念動破砕剣で遠近ともに対応可能になっています。


■R-2パワード ~中コスト機の枠を超えた頼もしい防御力!~

『スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE』
操縦者:ライディース・F・ブランシュタイン
『スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE』

 SRX計画で開発されたパーソナルトルーパー・Rシリーズの2号機に、プラスパーツを装着した姿。ビーム兵器主体の重パーソナルトルーパーで、火力は高いが不安定な出力と低い運動性が短所。初出はR-1と同じく『新スーパーロボット大戦』。

 多彩なビーム兵器を持つR-2だが、使いやすいのは2種類の格闘攻撃。格闘武器のビームソードはソツのない性能で、追加入力で4連撃までつなげられる。ただし、4撃目がやや回避されやすいので、3連撃で止めるのも手だ。

 もう1つの格闘武器である強攻撃の有線式ビーム・チャクラムは、動きが直線的なため読まれやすいものの、距離が長く弾数も無限というのは大きな利点。攻撃力も高いので、発動するタイミングさえ間違えなければ強力な攻撃手段として役立ってくれる。

 射撃武器はベーシックな性能のものが多い。射撃IIのマグナ・ビームライフル(連射)がやや使いやすいが、弾数が少ないところがネック。

 必殺技はどちらもハイゾルランチャーで、Iが散弾タイプ、IIが集束タイプになっている。どちらも前方に照射する武器で、集束タイプは距離があっても当てやすいのがうれしいところ。

『スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE』
『スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE』 『スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE』
▲ハイゾルランチャー(散弾)は、攻撃範囲が広く特に当てやすい。1体と言わず、複数機をまとめて攻撃できる状況を作って使いたいところ。

 機体としては、やはり中コストでは高めなHPと装甲がウリ。加えて、機体固有能力のABフィールドでビーム兵器のダメージが減少するガチガチっぷり! ただしスピードは中級レベルなので、こちらから攻め込むよりかは近づいてきた敵を迎撃する戦い方のほうがオススメだ。

【開発陣からのコメント】
 動作はやや重めですが、遠距離攻撃に強い射撃機です。高威力で長い射程を持つ、マグナ・ビームライフルを主力に戦うのが定石です。ビームソードは、斬撃を全部入れると相手の反撃を受けやすいので、状況によっては第3撃で止めて射撃戦に戻るほうがいいです。

 威力が高く飛距離もかなりある有線式ビーム・チャクラムは、外した時の隙が大きいので、ここぞと言う時に使うといいでしょう。必殺Ⅰのハイゾルランチャー(散弾)は、間合いが近い時の避難用に使うと良好で、多数ヒットした時のダメージはかなり大きいです。

→重量感あふれるGコンパチブルカイザー&ジガンスクード・ドゥロを紹介
(2ページ目へ)

(C)SRWOG PROJECT

1 2 3

データ

▼『スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE(期間限定版)』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PS3
■ジャンル:アクション
■発売日:2013年11月28日
■希望小売価格:8,552円+税
▼『スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PS3
■ジャンル:アクション
■発売日:2013年11月28日
■希望小売価格:7,124円+税
▼『スーパーロボット大戦OG ダークプリズン』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PS3(ダウンロード専用)
■ジャンル:SLG
■配信日:2013年11月28日
■価格:無料(期間限定版特典)/3,000円(2014年春より有料配信)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。