News

2013年11月15日(金)

『メタルギア ソリッド V ファントムペイン』のプロローグにあたる作品『グラウンド・ゼロズ』が2014年春に発売決定!

文:キャナ☆メン

『メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 KONAMIは、PS4/PS3/Xbox 360用ソフト『METAL GEAR SOLID V GROUND ZEROES(メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ/以下、MGSV GZ)』を2014年春に発売する。価格は、パッケージ版がそれぞれ2,980円(税込)で、PS4/PS3用ダウンロード版が2,480円(税込)、Xbox 360用ダウンロード版が2,600円(税込)。Xbox One版も発売予定だが、こちらは発売日・価格ともに未定だ。

『メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ』 『メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ』 『メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ』

 『MGSV GZ』は、同じくマルチプラットフォームでの発売が予定されている『METAL GEAR SOLID V THE PHANTOM PAIN(メタルギア ソリッド V ファントムペイン/以下、MGSV TPP)』のプロローグにあたる作品。シリーズの生みの親である同社の小島秀夫さんが、監督・脚本・ゲームデザイン・プロデュースを務める。

 本作には、物語の主軸となるメインミッションの他、数種類のサブミッションが収録される。これらのミッションでは、軍事施設を舞台に、新システムによるスリリングな遊びを体験できるとのことだ。また、ランキングで競い合えるトライアル要素なども搭載されるという。

■ストーリー■

『メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ』

 冷戦の緊張緩和が進み、ベトナム戦争も終結を迎えようとしていた1975年。カリブ海沖に拠点を隠す、どの国家にも帰属しない軍隊があった。その軍の指揮官、通称“スネーク”は、世界各国から公にできない任務を請け負いつつ兵力を増強し、ついには核を所有するに至る。どこからその情報が漏れたのか、IAEA(国際原子力機関)は彼らに対し、核査察を申し入れた。NPT(核拡散防止条約)に加盟していないどころか国家ですらない彼らは、IAEAの意図をいぶかしむ。

 時を同じくして、スネークにある知らせがもたらされた。かつてスネークと戦い、生死不明となっていた女性工作員“パス”が生きており、キューバ南端に設けられた米軍基地内で尋問を受けているという。基地のある租借地内では、キューバと米国、どちらの法も通用しない。彼女の受けている尋問は過酷を極めていると思われた。スネークの部隊に身を寄せていた、パスに想いを寄せる少年チコは、パスの窮地を知り、無謀にも単独で彼女の救出に向かってしまう。

 まもなく、捕らわれたチコからスネークに助けを求める無線が入った。核査察を迎え入れようとしているマザーベースを背に、スネークはパスとチコを救出するためキューバへと向かう。だがそれは、後のスネークの運命を決定づける惨禍の発端だった――。

■『MGSV』の注目ポイント■

●フォトリアルな映像・世界観……同社独自の“FOXエンジン”によって、細部まで緻密に作り上げられた実写映画さながらの映像が、リアリティのある世界観を演出する。

『メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ』 『メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ』 『メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ』

●リアルで没入感を誘う新システム……敵の視線を360度に感じさせることで、緊張感を演出。さらに、新しいCQC(近接戦闘術)により、敵の構えた武器を奪って反撃するなど、現実に近い感覚とアクションで任務を遂行できる。

『メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ』 『メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ』 『メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ』

●自由度の高い潜入シミュレーター……潜入・脱出のルートはプレイヤー次第。必要に応じて、ヘリを呼んだり、基地に乗り捨てられた車を利用したりすることもできる。

『メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ』 『メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ』

●セカンドデバイスへの対応……スマートフォンやタブレット端末など、セカンドデバイスに対応した機能・遊びが搭載される。

『メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ』

 なお、『MGSV GZ』に続く本編『MGSV TPP』では、時間経過と天候変化の概念を採り入れた広大なオープンワールドを舞台に、“自由度の高いリアルな潜入”をコンセプトにしたプレイを楽しめるという。時代背景は、『MGSV GZ』が『メタルギア ソリッド ピースウォーカー』から数カ月後の1975年であるのに対し、『MGSV TPP』はその9年後である1984年。アフガニスタンなど、いくつかの地域が任務の舞台になる。

 さらに、ナンバリング1作目『メタルギア ソリッド』がプレイステーションで発売されたことから、PS4/PS3版には、その記憶をたどる限定のサブミッション“デジャヴ・ミッション”が用意される。

『メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ』 『メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ』
▲“デジャヴ・ミッション”の冒頭。映っているスネークは『MGSV GZ』におけるスネークなので別人だが、よく見るとロゴが……。▲ミッションにはゲノム兵の姿も? どのような既視感(デジャヴ)が待ち受けるのだろうか。

 また、オンライン通販サイト・Amazon.co.jpと、同社の公式通販サイト・コナミスタイルにて、『MGSV GZ』に特典を同梱した限定版が販売される。いずれも数量限定の商品だ。内容についての詳細は、次のページでお届けする。

→フィギュアがセットになった2種の限定版が登場!
Amazonはリボルテック、コナミスタイルはプレイアーツ改(2ページ目へ)

(C)Konami Digital Entertainment

1 2

データ

▼『メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ プレミアムパッケージ』
■メーカー:KONAMI
■対応機種:PS4
■ジャンル:ACT
■発売日:2014年春
■希望小売価格:8,480円(税込)
▼『メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ プレミアムパッケージ』
■メーカー:KONAMI
■対応機種:PS3
■ジャンル:ACT
■発売日:2014年春
■希望小売価格:8,480円(税込)
▼『メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ プレミアムパッケージ』
■メーカー:KONAMI
■対応機種:Xbox 360
■ジャンル:ACT
■発売日:2014年春
■希望小売価格:8,480円(税込)
▼『メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ』
■メーカー:KONAMI
■対応機種:PS4
■ジャンル:アクション
■発売日:2014年3月20日
■希望小売価格:2,838円+税
▼『メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ』
■メーカー:KONAMI
■対応機種:PS3
■ジャンル:アクション
■発売日:2014年3月20日
■希望小売価格:2,838円+税
▼『メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ』
■メーカー:KONAMI
■対応機種:Xbox 360
■ジャンル:アクション
■発売日:2014年3月20日
■希望小売価格:2,838円+税
▼『メタルギア ソリッド V ファントムペイン』
■メーカー:KONAMI
■対応機種:PS4
■ジャンル:アクション
■発売日:2015年9月2日
■希望小売価格:8,400円+税
▼『メタルギア ソリッド V ファントムペイン』
■メーカー:KONAMI
■対応機種:PS3
■ジャンル:アクション
■発売日:2015年9月2日
■希望小売価格:8,400円+税
▼『メタルギア ソリッド V ファントムペイン』
■メーカー:KONAMI
■対応機種:Xbox One
■ジャンル:アクション
■発売日:2015年9月2日
■希望小売価格:8,400円+税
▼『メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ』(ダウンロード版)
■メーカー:KONAMI
■対応機種:PS4
■ジャンル:ACT
■配信日:2014年春
■価格:2,480円(税込)
▼『メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ』(ダウンロード版)
■メーカー:KONAMI
■対応機種:PS3
■ジャンル:ACT
■配信日:2014年春
■価格:2,480円(税込)
▼『メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ』(ダウンロード版)
■メーカー:KONAMI
■対応機種:Xbox 360
■ジャンル:ACT
■配信日:2014年春
■価格:2,600円(税込)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。