News

2013年11月21日(木)

長谷川明子さんや浅倉杏美さんらが望む“おしおき”とは――『クリミナルガールズ INVITATION』女性声優陣インタビューは禁断の領域に

文:ゴロー

『クリミナルガールズ INVITATION』の購入はこちらから

Amazon.co.jp
『クリミナルガールズ INVITATION』

 日本一ソフトウェアは、11月28日に発売するPS Vita用ソフト『クリミナルガールズ INVITATION』の新情報と女性声優陣へのインタビューを公開した。

 『クリミナルガールズ INVITATION』は、2010年にリリースされたPSP用ソフト『クリミナルガールズ』に新要素を追加して、さらにパワーアップさせた“少女おしおきRPG”。2人の新プレイアブルキャラクターが登場する他、新シナリオも収録される。

 新たなゲーム情報は、新プレイアブルキャラクターのミウとヒメカミ、騎士になった時の少女たちの変化、新次元のおしおき“癒しモミモミ”など。また、記事の後半では本作に登場する少女9人それぞれに声をあてた女性声優陣へのインタビューを掲載。“罪”や“おしおき”といった、タイトルキーワードをテーマにした大胆な質問がされている。

■新プレイアブルキャラクター

ミウ(声:田村睦心)

『クリミナルガールズ INVITATION』 『クリミナルガールズ INVITATION』
▲教官としてのミウ▲囚人としてのミウ

 銀髪の少女の正体は、前作で主人公の上官だったミウ。自身の罪を償うべく、地獄に来た頃の年齢に若返ったようだ。教官時代はきっちりとした服装だったが、囚人時代は露出の多い衣装に。

『クリミナルガールズ INVITATION』
▲ミウも半罪人として地獄に堕ちた少女の1人だった。彼女の犯した“罪”とは? そして、なぜ地獄で教官をしていたのか……?
『クリミナルガールズ INVITATION』 『クリミナルガールズ INVITATION』
▲地獄に来た頃の年齢に戻ったミウだが、銀色の髪や眉毛の形からその面影が見受けられる。この場合の彼女は年下キャラ!?▲新ステージの“古き記憶の園”。ここは、ミウとヒメカミの罪を清算する祓の場となっている。
『クリミナルガールズ INVITATION』 『クリミナルガールズ INVITATION』
▲本編で唯一、主人公をおしおきする立場だったミウ。なんだか、急にしおらしくなったようにも……。
『クリミナルガールズ INVITATION』 『クリミナルガールズ INVITATION』
▲……と思いきや、若返っても性格は変わっていない様子。少女おしおきRRGとはいえ、これはこれで必要枠!?

ヒメカミ(声:内村史子)

『クリミナルガールズ INVITATION』

 他の少女たちとは、どことなく雰囲気が異なる少女。ある罪を犯して地獄に堕ちた彼女からは、“良い子”という言葉に執着する姿が度々見受けられる。物語の鍵を握る人物の1人。

『クリミナルガールズ INVITATION』 『クリミナルガールズ INVITATION』
▲“良い子”と“悪い子”の2つがヒメカミを知るうえで重要なワードに。
『クリミナルガールズ INVITATION』
▲なにやらワケアリのようだが、彼女が言う“良い子”とは何を基準としているのだろうか。

→成長した少女たちは“騎士”に――態度にも大きな変化が!?(2ページ目)

(C)2013 Nippon Ichi Software, Inc.

1 2 3 4

データ

▼『クリミナルガールズ INVITATION』
■メーカー:日本一ソフトウェア
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年11月28日
■希望小売価格:5,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。