News

2013年11月30日(土)

声優・若林直美さんがチームを組んで電撃オンラインに突撃!? 『MTG』チームシールドで遊んでみました!

文:てけおん

 皆さん、こんにちは。“電撃MTG”担当ライターのカワカミ雁々です。『マジック:ザ・ギャザリング(以下、MTG)』の最新セット『テーロス』が発売されてから早2か月。スタンダードでは新メカニズム“信心”を生かしたデッキを中心に、さまざまなデッキが活躍しており、大きく盛り上がっていますね。来年に発売される新セット『神々の軍勢』も楽しみです。

 しかし『MTG』のゲームは、スタンダードなどの構築戦だけではありません。ブースターパックを開ければすぐ楽しめる限定戦も、『MTG』の大きな魅力の1つです。そこで今回は、11月22日から24日にかけて開催されたプレミアイベント“グランプリ京都2013”で行われたチームシールドで遊んでみたいと思いますよ!

 チーム戦ということでまずはリーダーを決めるわけですが、1人目はもちろんこの方、電撃オンラインではもうお馴染みの『MTG』好き声優・若林直美さんです!

電撃MTG
▲チームシールドは仲間との信頼関係が重要! というわけで“チーム若林”は、若林さんの『MTG』仲間の皆さんに参加していただきました。中央が若林さん、左がおやっさん、右がきくたけさんです。

 もう1チームのリーダーは電撃オンラインのてけおん。5月のニコニコ超会議2では“敵おん”と言われるほど若林さんをヒドイ(?)目に遭わせたてけおん。今回は、チーム若林とどんな戦いを見せてくれるのでしょうか?

電撃MTG
▲電撃オンラインチームは前から順にカネキング、てけおん、カール・ハインツの3名です。

■チームシールドって何? という皆さんに解説!!

 今回も対戦の模様を動画でお伝えしていきますが、その前にざっとチームシールド戦のルールなどを解説していきます。「もう知ってるから動画を早く見たい!」という人は、3ページ目へ。「ルールは知ってるけど若林さんたちがどんなデッキを組んだのかしっかり確認したい!」という人は、2ページ目からご覧ください。

→両チームのデッキが完成! こんなデッキになりました(2ページ目へ)
→チームシールド開始! 熱戦の模様は動画でお届け!!(3ページ目へ)

 では、チームシールドを解説していきましょう。チームシールドでは3人1組のチームで12パックのブースターを開封し、そこからデッキを3つ作ることになります。1人4パックぶんということで、6パックを使う通常のシールドよりも少なく感じますが、各色のカードを分配することで、12パックぶんの強力なカードを集めることができ、デッキは通常のシールドよりも強くなります。限定戦ながら、強いデッキを組みやすいというのはうれしいですよね。

電撃MTG 電撃MTG
▲まずは両チームでブースターパックを開封。果たして強力カードには恵まれるのでしょうか……?

 次に、対戦の形式ですがチームシールドでは、開始前にメンバーを先鋒・中堅・大将に振り分け、先鋒のプレイヤーは相手チームの先鋒と、中堅は中堅と戦います。一度決めたらこの順番を変えることはできません。今回は2チームでのゲームなので、あまり意味はありませんが、大規模なトーナメントではこのようにします。

 また、各対戦は同時に行われ、試合中チームメイトにアドバイスしたり、アドバイスを求めたりということが可能です。これはチーム戦ならではの計らいですね。今回は、動画撮影の都合上、チームメイトが隣について相談しながら進めてよい、ということにしました。

■チームシールドのポイントは?

 チームシールドのポイントは、やはり3つのデッキにどう戦力を割り振るか、ということでしょう。『MTG』の色は5色ですから、3つを完全に均等にわけることはできず、またどの色とどの色を組み合わせるべきかも問題になります。

電撃MTG
▲《稲妻の一撃》が4枚! 普通のシールドならこれだけで十分ですが、チームシールドはここからが悩みどころです。

 また、チームの勝利を目指すならば、強いデッキを2つ作って、もう1つは余ったカードで何とかする、というのも戦略になるかもしれません。

 筆者のカワカミも『テーロス』チームシールドの経験はあまりありませんが、黒単が組めるようなら組み、残りを赤白で“英雄的”を発動させる早いデッキ、青緑の大型クリーチャーで攻めるデッキにできればいいのかなぁ、などと考えています。さて、今回両チームはどのようなデッキを組み上げたのでしょうか?

電撃MTG
▲チーム若林の構築風景。《死者の神、エレボス》と《英雄の破滅》はあるけど《アスフォデルの灰色商人》が少ない…ここれで黒単いけるのか!? 悩みは尽きません。

→両チームのデッキが完成! 合計24個のパックはこんなデッキになりました!
(2ページ目へ)

(C)1995-2013 Wizards of the Coast LLC, a subsidiary of Hasbro, Inc. All Rights Reserved.

1 2 3 4

データ

▼『テーロス』ブースターパックBOX日本語版
■発行:ウィザーズ・オブ・ザ・コースト
■発売日:2013年9月27日
■価格:13,230円(税込)
 
■『テーロス』ブースターパックBOX日本語版の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『マジック:ザ・ギャザリング 2013 Holiday Gift Box』英語版
■発行:ウィザーズ・オブ・ザ・コースト
■発売日:2013年11月15日
■価格:2,258円(税込)
 
■『マジック:ザ・ギャザリング 2013 Holiday Gift Box』英語版の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『テーロス』エントリーセット日本語版5種セット
■発行:ウィザーズ・オブ・ザ・コースト
■発売日:2013年9月27日
■価格:6,300円(税込)
 
■『テーロス』エントリーセット日本語版5種セットの購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。