News

2013年12月4日(水)

“PSの奴隷”20年変わらない『電撃PS』の読者コーナー! ハガキ掲載枚数月300枚超、デジタル化の波なんて関係なし!!【電撃PS】

文:電撃PlayStation

 2014年は初代PlayStation発売から20周年、『電撃PS』も創刊20周年のメモリアルイヤーにあたります。ハードの世代交代、企業合併による業界再編の波にともない、誌面に掲載されるタイトルやコーナーも時代ごとに移り変わってきましたが、本誌555号の歴史のなかで唯一20年間変わらないコーナーがあるのをご存知でしょうか?

 それは読者コーナー“PSの奴隷”です。雑誌の中ほど、1色ページで連載されているこのコーナーは、このデジタルネイティブの時代において、今なお“ハガキ職人”からの熱のこもったお便りで構成されているページです。現在では毎号11ページ、1号あたりの掲載ハガキ数は約150~160枚、1年間では3500枚を超えるハガキを掲載している、ちょっとスゴイページなのです。

読者コーナー_PSの奴隷
▲創刊第3号(1995年4月刊)の“PSの奴隷”の様子。PS初期の時代らしく『闘神伝』のハガキが目立ちます。この号の最初のお便りの内容が「電撃PSはハイパープレ●ステーションを見習え」だったりと、内容は今も昔も自由です。
読者コーナー_PSの奴隷 読者コーナー_PSの奴隷
▲555号のトビラマンガ。第3号(写真右)と比べると、ポリタンがやや釣り目になっていたり、お姉さんがセクシー路線からさわやか路線になっていたり。555号でもお姉さんが水着を着ていますが、偶然です。
読者コーナー_PSの奴隷
▲ズラッと並ぶハガキの数々。ページのノド(綴じ部分付近)にもビッシリ文字があり、その密度は不動の電撃PSナンバーワン。余談ですが、現在ゲーム業界で活躍されているクリエイターさんや広報さんで「過去に“PSの奴隷”に投稿していた」という方も多く、取材等で告げられてビックリすることがあります。

 この“PSの奴隷”は電子書籍版に掲載されず、紙版電撃PSのみに掲載されます。Nights of Knights、クソゲーマー万歳、4コマコーナーなどなど、“PS及びゲーム全般を愛する貴方”に向け、いつの時代も変わらない誌面をお届けします。『電撃PS』がある限りおそらく永久に続くアナログコンテンツを、ご存じない方はぜひ一度ご覧になってみてください。

データ

▼『電撃PlayStation Vol.555』
■プロデュース:アスキー・メディアワークス
■発行:株式会社KADOKAWA
■発売日:2013年11月28日
■特別定価:750円(税込)
 
■『電撃PlayStation Vol.555』の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

関連記事

電撃PlayStation

最新号紹介

  • 電撃PlayStation Vol.671

    電撃PlayStation Vol.671表紙画像

    [ 2月号 ] 2018年12月28日発売
    特別定価:880円+税

    【表紙&冊子付録】キングダム ハーツIII
    【毎号付録】デンプレコミック #25
    【Visual Gallery】ACE COMBAT 7
    【特別企画】PlayStation VRを買うなら今!
     モンスターハンター:ワールド
    【 2018-2019 年末年始 超注目タイトル】
     バイオハザードRE:2 / DQビルダーズ2
     GOD EATER 3 / JUDGE EYES
     テイルズ オブ ヴェスペリア REMASTER
     奪われし玉座 ウィッチャーテイルズ ほか
    【POWER PUSH】SAO フェイタルバレット
     勇者ネプテューヌ / 英雄伝説 閃の軌跡IV
    【電撃特報】ウィザーズシンフォニー
    【BRAND NEW】ルルアのアトリエ
     ネルケと伝説の錬金術士たち / イースIX
     GRANBLUE FANTASY Relink・Versus
     CONCEPTION PLUS / EDF:IRON RAIN
     キャサリン・フルボディ / DMC5
     WORK×WORK / 逆転裁判123
     夢現Re:Master / LoveR(ラヴアール)
    【Online】FFXIV/FFXI/バトオペ2/PSO2
    【コード付録】勇者ネプ / DDON / MHF-Z

    >> 詳細はこちら