News

2013年12月24日(火)

【ほぼ毎日特集 ♯69】『ダンガンロンパ』シナリオを描く小高和剛さんに接近! シナリオライターになった理由やソフト発売当時について語る(kbj)

文:kbj

『ダンガンロンパ1・2 Reload』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 電撃オンラインのスタッフが勝手気ままにお届けする“ほぼ毎日特集”。今回は、kbjが、ゲームメーカーに勤めるさまざまな人にインタビューを行う企画“ゲームメーカー最前線”を掲載します。

“ほぼ毎日特集”

 今回インタビューを行ったのは、スパイク・チュンソフトにてシナリオをてがける小高和剛さん。小高さんがどんな学生時代を過ごしてシナリオライターになったのか、また同氏の代表作である『ダンガンロンパ』シリーズがどのようにして生まれたのかなどを、語っていただきました。

“ほぼ毎日特集” “ほぼ毎日特集”
▲これまで『ダンガンロンパ』のソフト発売時にケーキを渡してきました。今回は校章で、“HIGH SCHOOL”の文字まで細かく描かれています。

■初週はそこまででもなかった――『ダンガンロンパ』発売当時を振り返る

――『ダンガンロンパ』は小高さんから寺澤善徳プロデューサーに企画を提案された作品。いまでこそ広い層に受けている本作ですが、企画を提出した時は社内の評判もわかれていたということでした。当時を振り返ってみていかがですか?

“ほぼ毎日特集”

 メインプランナーやディレクターをやっていた菅原(菅原隆行さん)とかにまず見せて、その後で寺澤に見せました。そのレベルでは受けがよかったんですが、会社的には「大丈夫なのか?」と心配されました。攻撃的な部分や残酷的な部分が先に出てしまって、企画書だけで作品のノリすべてを見せるのは難しい。

 僕の頭の中では、「サイコポップはこれくらい」というイメージがあったんですが、なかなか伝わらなくて「ただサイコっぽい感じ」だと思われていた。そこを伝えることの難しさは感じました。

――初期案からキャラクターデザインが変更されていましたが、それ以外の要素で削ったところはあるのでしょうか?

 特にはないです。ポップ色を強くしたことと、「アドベンチャーゲームは売り上げ的に厳しい」と言われていたので“アドベンチャー”という言葉を使わないようにしたことですね。

“ほぼ毎日特集” “ほぼ毎日特集”
▲“CEDEC 2011”にて行われたセッション“熱意を形にするプロジェクト~ダンガンロンパで目指したちょっとオンリーワンなゲーム”にて公開されたイラスト。それぞれの面影は見られるが、かなり“濃い”のがわかる。

――ソフトを発売した時の手応えは?

 最初の出荷が5万本位というのは開発終期に言われて、あとは作り終えるだけとなっていたのですが、それ以上売れてほしいと全員が思っていました。

“ほぼ毎日特集”
▲『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』完成披露会の時の模様。

 アドベンチャーにしては出荷数がよくて、大山のぶ代さんが主演されるということでニュースにもとりあげられ、ゲーム媒体の評判もよかったんです。「結構いくんじゃないか?」と思っていたんですが、初週はそこまでではなかったんです。

――アスキー総研調べで初週32,000本でしたね。

 「50,000本くらいでおしまいかな」と思っていたんですが、そこから口こみを中心に広がっていったのが印象的でした。

――『ダンガンロンパ1・2 Reload』がリリースされたので徐々にこちらに移行することになると思いますが、『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生(PSP the Best)』や『スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園』はいまだに売れていますね。

 TVアニメで若いお客さんの層が入ってきたので、そういう人はまだPSPを使われているのかもしれません。

“ほぼ毎日特集”

――それ以前の作品と『ダンガンロンパ』で、意識が変わったところはありましたか?

 僕にとって初めてのオリジナルタイトルが『ダンガンロンパ』で、それまではそもそも売り上げを気にしていなかったんですよ(笑)。なので、『ダンガンロンパ』ですごく数字が気になるようになりました。それもあって、発売後の売れ方なんかも印象的に覚えていました。

――『1』の好評もあって『2』を作ることになったと思うのですが、評判というのは気になりませんでしたか?

 『2』は『1』の発売後、すぐに動き出したわけではないんです。『1』は、最初からブーストがかかって売れたというわけではない。発売から半年くらい経過して、10万本近くまで売れた状態でようやく開発がスタートしたため、ファンの期待が高まっているのを感じたので、そこは意識しながら開発しました。

『スーパーダンガンロンパ2』の開発時に立ちふさがったものとは!?

(C)Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.
(C)青山剛昌/小学館 週刊少年サンデー連載中
(C)天樹征丸・金成陽三郎・さとうふみや/講談社 週刊少年マガジン
(C)2009 NBGI

1 2 3 4

データ

▼『ダンガンロンパ1・2 Reload』
■メーカー:スパイク・チュンソフト
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:ADV
■発売日:2013年10月10日
■希望小売価格:4,980円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ダンガンロンパ1・2 Reload』(ダウンロード版)
■メーカー:スパイク・チュンソフト
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:AVG
■配信日:2013年10月10日
■価格:4,700円(税込)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。