News

2013年12月26日(木)

『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』は大威震八連制覇までの原作ストーリーを“忠実”に再現。その答えは大豪院邪鬼のデカさにアリ!

文:ゴロー

『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~(限定版)』の購入はこちらから

Amazon.co.jp
『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』

 バンダイナムコゲームスは、2014年2月27日に発売するPS3用ソフト『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』の新情報を公開した。

 本作は、根強い人気を誇る作品『魁!!男塾』を題材にした“スパルタ塾生活アクション”ゲーム。熱い決闘シーンや塾長の一喝、原作でおなじみの“男塾名物”、さらにゲームオリジナルの男塾名物“斬身苦(ギミック)”といった要素を搭載し、“ゲーム史上もっとも暑苦しい作品”として制作しているという。

 今回は、教練“宿命行事”の内容、新たな斬身苦(ギミック)の入手方法、王大人(ワンターレン)や赤石といった5人のキャラクター情報を紹介する。

■“宿命行事”で大威震八連制覇までの原作ストーリーを追体験!

 塾生活における日々の教練の1つ“宿命行事”では、原作『魁!!男塾』で描かれた大威震八連制覇(だいいしんぱーれんせいは)までの物語を追体験できる。塾生同士の魂のぶつけ合いや新たな塾生の入塾など、PS3で数々の名勝負・名場面が蘇る!

『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』 『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』
▲桃と富樫が一号生筆頭を巡ってタイマン勝負!▲極小路秀麻呂が入塾するエピソードもあり。
『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』 『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』 『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』
▲交換留学生として来日したJとの“撲針愚(ぼくしんぐ)”や、“殺シアム”を舞台にした二号生筆頭・赤石剛次との激闘なども、もちろん収録。

・驚邏大四凶殺(きょうらだいよんきょうさつ)

 男塾名物“愕怨祭(がくえんさい)”に関東豪学連が乗り込んできた時のエピソード。“飛燕 vs 富樫”、“桃 vs 伊達”など、未来の男塾一号生同士による死闘がココに!

『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』 『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』
▲愕怨祭の最中に、総長の伊達臣人率いる関東豪学連が殴り込み。
『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』 『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』
▲第一の凶“J vs 雷電”▲第二の凶“富樫 vs 飛燕”
『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』 『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』
▲第三の凶“虎丸 vs 月光”▲第四の凶“桃 vs 伊達”

・鎮守直廊(ちんじゅちょくろう)→天動宮(てんどうきゅう)

 真の男を試さんと、三号生が一号生に与えた地獄の試練。鎮守直廊を抜けた先には、男塾の帝王・大豪院邪鬼が座す天動宮がそびえ立つ。

『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』 『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』
▲万針房の番人・独眼鉄
『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』 『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』
▲垂溶房の番人・蝙翔鬼
『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』 『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』
▲紫電房の番人・男爵ディーノ
『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』 『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』
▲天動宮に待ち受ける大豪院邪鬼と対峙。闘気と威圧感のせいか、原作の初登場時と同様、その身体はとてつもない大きさに。
『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』 『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』 『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』
『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』 『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』
▲兄の敵(かたき)のため、決死の覚悟で挑む富樫だったが……。

■“王大人の秘宝館”で新たな斬身苦のページを紐解く!

 塾長代理・王大人(ワンターレン)の部屋“王大人の秘宝館”は、あらゆる男塾名物や斬身苦を記した書物の宝庫となっている。保管された書物は、武闘房の宝の柱に隠された“書の鍵”で解錠でき、新たな斬身苦を手に入れたり、原作でおなじみの男塾名物を閲覧したりすることが可能だ。

『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』
『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』 『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』
▲武闘房に設置されている赤い筒状の柱が“宝の柱”。これを破壊すると書の鍵が出現する。
『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』 『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』
▲それぞれの斬身苦は書物ごとに分類されている。解錠した時にどの斬身苦が手に入るかは運次第だ。▲万人橋や大鐘音といった斬身苦として登場しない男塾名物も、その由来などが明らかに。
『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』 『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』 『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』
▲“薄衆汰摩伸(ぱすたましん)”など一般公募から採用した斬身苦も民明書房刊に収録。

→PS3で描かれる赤石、鎮守直廊三人衆、王大人の勇姿をチェック!(2ページ目)

(C)宮下あきら/集英社・東映アニメーション
(C)2013 NBGI
※画面は開発中のもの。

1 2

データ

▼『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~(限定版)』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PS3
■ジャンル:アクション
■発売日:2014年2月27日
■希望小売価格:14,267円+税
イメージ
▼『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PS3
■ジャンル:アクション
■発売日:2014年2月27日
■希望小売価格:7,124円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~』(ダウンロード版)
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PS3
■ジャンル:ACT
■発売日:2014年2月27日
■希望小売価格:7,480円(税込)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。