News

2014年1月9日(木)

PSP『ソードアート・オンライン』は原作ファンにもガチゲーファンにもオススメな骨太RPG【電撃オンラインアワード2013】

文:ライターM

『ソードアート・オンライン -インフィニティ・モーメント-』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 現在投票受付中の“電撃オンラインアワード2013”の一環として、電撃のライター陣が今年の話題作を紹介している当コーナーに、満を持してあの話題作『ソードアート・オンライン -インフィニティ・モーメント-』が登場です!

『ソードアート・オンライン -インフィニティ・モーメント-』

 昨年末にはTVアニメ新プロジェクトが始動することも明らかになり、ホットな『ソードアート・オンライン』。今回ライターMのイチオシタイトルとして紹介するのは、2013年3月に発売された『ソードアート・オンライン』のゲーム第1弾となるPSP用RPG『ソードアート・オンライン -インフィニティ・モーメント-』です。

 本作の大きな特徴は、アニメ&原作で描かれた架空のオンラインゲームを、本物のMMO(大規模オンラインゲーム)の方法論に乗っ取って、限りなくリアルに再現しているという点。

 現実の時間と同期こそしていないものの、ゲーム内では街やフィールドが時間経過に合わせて様相を変えていきます。フィールドはいわゆるオープンワールド的に描かれ、他のパーティ(NPC)まで個別に活動しています。しかも、彼らは単なる賑やかしではなく個々にレベルも設定され、彼らの戦いに手を貸して育てていけば、いずれ攻略組として貴重な戦力となるというこだわり仕様。

 また、モンスターにはそれぞれ生息域やアクティブ&ノンアクティブといった性格づけもされていて、MMOではお約束のNM(※名前が付いている手強い敵)まで出現します。

『ソードアート・オンライン -インフィニティ・モーメント-』 『ソードアート・オンライン -インフィニティ・モーメント-』
▲槍や刀、短剣に両手剣など、装備武器ごとに専用のソードスキル(必殺技)が用意され、武器の強化やソードスキルの習得はプレイヤーのお好み次第。
『ソードアート・オンライン -インフィニティ・モーメント-』 『ソードアート・オンライン -インフィニティ・モーメント-』
▲クエストをクリアして攻略の手がかりを集め、他のプレイヤーたちと力を合わせてボス討伐を目指す。攻略組の戦いを臨場感たっぷりに味わえます。

 当時の筆者は「どうせライトなキャラゲーでしょ?」と、失礼極まりない、謎の上から目線で高をくくっていたこともあり、初めてプレイした時はあまりのガチ仕様に驚かされたものです。

 中でも「ここまでやるの!?」と驚きの声を上げてしまったのが、オートアタック形式で進行するリアルタイムバトル。これにはキャラとモンスターの位置関係やヘイトの概念まで採り入れられていたりします。例えば、主人公・キリト(=プレイヤー)が敵の注意を引きつけている隙に、パートナーが背後からソードスキル(必殺技)をたたき込んだり、スイッチを指示して瞬時に立ち位置を入れ替えたりと、なんとも手に汗握るバトルも実現可能。駆け引きがしっかりとある戦いを楽しめるんですよ。

『ソードアート・オンライン -インフィニティ・モーメント-』 『ソードアート・オンライン -インフィニティ・モーメント-』
『ソードアート・オンライン -インフィニティ・モーメント-』 『ソードアート・オンライン -インフィニティ・モーメント-』
▲パリングで敵の攻撃を弾き返したり、パートナーとの連携が決まった時は思わず「よしっ!」と声が出てしまいます。ちなみに、ゲーム内で声をかけて(音声入力ではないです)パートナーの行動を評価することで、親密度を高めたり、行動傾向を調節することもできたりします。

→“ガチゲー”であるがゆえの、注意したいポイントも(2ページ目へ)

(C)川原 礫/アスキー・メディアワークス/SAO Project (C)2013 NBGI

1 2

データ

▼『ソードアート・オンライン -インフィニティ・モーメント-』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年3月14日
■希望小売価格:5,981円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ソードアート・オンライン -インフィニティ・モーメント-(初回限定生産版)』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年3月14日
■希望小売価格:9,505円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ソードアート・オンライン -インフィニティ・モーメント-』ダウンロード版
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PSP
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年3月14日
■価格:6,280円(税込)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。

ゲーム実況エクストリーム
再生数ランキング(04/14~04/20)

  1. 1

    【MHW】神修正!歴戦イビルジョーが超楽に狩れる!龍結晶の地へマップ変更した「脈打て、本能」【モンハンワールド】

  2. 2

    【MHW】新モンスター「マム・タロト」は期間限定クエストだった!有利に戦える方法や環境利用、肉質や弱点属性など【モンハンワールド】

  3. 3

    【MHW】歴戦個体に閃光弾が一部無効に!?ツタの葉の増殖や調査クエストのソートが可能に「第二弾大型アップデート」に伴う仕様変更【モンハンワールド】

  4. 4

    【MHW】新DLCは「ティウンティウン」優秀なロックマンのコラボ装備は色変更可能「ラッシュ大騒動!!?」【モンハンワールド】

  5. 5

    【MHW】アステラ祭No.1の神クエスト!HR、痕跡、装飾品、竜玉、紅玉、宝玉が同時に収集できる「丘の上の雪見桜」【モンハンワールド】

  6. 6

    【MHW】先取情報!期間限定で竜玉救済イベントクエスト登場か?「暴動とは斯くの如し」と第二弾大型アップデート実装内容アンケート結果【モンハンワールド】

  7. 7

    【Minecraft】青鬼でコラボしてみた#4【らっだぁ×我々だ!】

  8. 8

    【MHW】新要素16人で討伐!新モンスター「爛輝龍 マム・タロト」の実機プレイはカプコンTVで【モンハンワールド】

  9. 9

    【MHW】発掘武器復活か?「鑑定武器」やマム・タロトの武器や防具、重ね着が生産可能に【モンハンワールド】

  10. 10

    【アルネの事件簿】お嬢様と怪事件の謎にせまってみた!#1