News

2014年1月31日(金)

PS4発売目前クリエイターアンケート! 第1回は、ガンホーの森下一喜氏や田中弘道氏など、13名の回答を公開!!

文:電撃オンライン

PS4発売目前クリエイターアンケート

 2014年2月22日、いよいよ日本でもPS4が発売となります。国内発売を目前に控え、電撃オンラインではゲームの制作に携わるクリエイターの皆様に、PS4に関するアンケートにお答えいただきました!

 今回のアンケートでは、クリエイターの方々が個人的に注目しているPS4ならではの部分や、クリエイターとしてPS4で挑戦してみたいこと、気になってる他社のPS4タイトルなどについて質問してみました。

 ありがたいことに、1回の記事では掲載しきれないほどの回答数となり、まだまだこれからご回答をいただけるという方もいるため、本日からPS4の発売日までの間、メーカー単位である程度まとめつつ何回かに分けて公開していきます。なお、回答は各回ごとにメーカー名50音順で掲載しており、各回答の番号は以下の共通設問に対応しています。

■クリエイターアンケート設問内容

【1】性能や機能といったPS4本体に関する感想、個人的に注目しているPS4ならではの部分についてお答えください。

【2】既存のハードとPS4とで、もっとも大きく異なる部分と、それによってユーザーが得られるメリットはなんだと思いますか?

【3】PS4で開発を行うことによって得られる、メーカーとしてのメリットはなんだと思いますか?

【4】設問1でお答えいただいた、“個人的に注目しているPS4ならではの部分”を利用して、挑戦してみたいことなどがありましたらお答えください。

【5】PS4で発売が予定されているゲームの中で、気になるタイトルを最大3つまであげてください。また、お答えいただいたタイトルについて、抱いている印象や注目しているポイントなどを教えてください。

【EX】現在、ご自身が手がけているタイトルについて、読者の皆さんに向けてのメッセージをお願いします。


PS4発売目前クリエイターアンケート

アイディアファクトリー(コンパイルハート)
ゲーム開発部ゲーム開発課 部長
東風輪敬久氏

【1】個人的に注目しているのは、SHAREボタンによるプレイ動画のアップロードとPS Vitaでのリモートプレイです。

【2】ダウンロード中に、ゲームが開始出来るなど、ユーザーが待つことが少なくなることかと思います。以前はゲーム機を起動するとシステムアップデート、ゲームを起動するとソフトのアップデート…と遊ぶまで時間がかかりました。それ以外の点では、描画能力向上の部分が大きいと思いますので、ゲームプレイの満足度は高まりますね。

【3】スペックが上がりますので、表現力が上がるという事です。今まで以上にカワイイ女の子が作れることですかね…。スペックが上がったからといって、リアルすぎる表現は弊社の方向性とは異なりますので、自分たちのペースで作りたいと思っています。

【4】SHAREボタンもリモートプレイも、PS4の基本機能ですので、その機能を使いたくなるようなゲームシステムを検討中です。

【5】
・『ファイナルファンタジーXV』(スクウェア・エニックス)
・『信長の野望・創造』(コーエーテクモゲームス)
・『キングダム ハーツIII』(スクウェア・エニックス)

 『ファイナルファンタジーXV』のキャラクターの表現、画面の描画と演出です。PS4だからというより、長い時間がかかっているタイトルですので、壮大な世界を楽しみたいです。

【EX】PS4の新作は前にもチラッとお話したことがあるのですがRPGです。コンパイルハートらしいタイトルになっています。『ネプテューヌ』シリーズやPS Vita『限界凸記 モエロクロニクル』、それ以外にも未発表タイトルがありますので、今年は期待してください!

PS4発売目前クリエイターアンケート
▲『限界凸記 モエロクロニクル』

PS4発売目前クリエイターアンケート

アイディアファクトリー(コンパイルハート)
ゲーム開発部ゲーム開発課
『ネプテューヌ』シリーズ プロデューサー
水野尚子氏

【1】コントローラーにあるタッチパッドです。リモートプレイとSHARE機能に注目しています。

【2】スペックの違いが一番大きいと思います。それによって、表現の幅がさらに増えて見た目が今までと違う事でしょうか。スペックを活かしたゲーム本来の楽しさというところでも違いが出てくると思います。

【3】スペックが上がってやれること(やりたいこと)の限界値が上がったことだと思います。

【4】タッチパッドで可愛いキャラクターと連動させてみたいです。 SHARE機能を使って、お客様と電撃オンラインさん、弊社とで企画ものがやれたら良いですね。○○コンテスト的な企画です。

【5】
・『ファイナルファンタジーXV』(スクウェア・エニックス)

 スピード感やスケールの大きさにため息がでてしまいます。PS4での表現方法もそうですが世界観(ストーリー)・システムなど全てが気になります。

【EX】PS Vita『ネプテューヌRe;Birth2』『激神ブラックハート』諸々引き続きよろしくお願い致します! 一日でも早く『ネプテューヌ』シリーズ新作もお伝え出来るように準備しておりますのでねぷねぷ続報を今しばらくお待ちくださいませ。

PS4発売目前クリエイターアンケート PS4発売目前クリエイターアンケート
▲『超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth2 SISTERS GENERATION』▲『超女神信仰 ノワール 激神ブラックハート』

PS4発売目前クリエイターアンケート

アイディアファクトリー(コンパイルハート)
ゲーム開発部ゲーム開発課
『アガレスト戦記』シリーズ、『ムゲンソウルズ』シリーズディレクター
菅野健太氏

【1】ネットワーク関連、とりわけSHAREボタンに注目しています。 先行して販売されている海外では、SHAREボタンを利用した動画のアップロードがかなり盛んに行われているようですので、今後どのように利用されていくのか興味が尽きません。自分が関わるとしたらどう活用するかをつい考えてしまいます。

【2】一言で表すと、基本スペックの差がもっとも大きな違いだと思います。それとダウンロードしながら遊べるという点です。前者は、グラフィックはもちろんですが、これまで表現できなかったシステムを実現できる可能性があり、ゲームの幅が今後より広がっていくかもしれません。後者は、ダウンロードでの販売が浸透してきていることもあり、帰宅中に買って、家についたらすぐに遊べるという点において、快適なゲームプレイをユーザーに提供できるのではないかと思います。お店に寄らず購入できて、ROM同様すぐに遊べるというのは想像以上に利点となる可能性があると思います。

【3】開発のしやすさ、です。単純にメモリが増えただけでもかなりの違いがあります。PS2からPS3になった時もメモリは増えたのですが、同時に、解像度も上がったためそれほど恩恵を感じられませんでした。PS4の場合は解像度が大きく変わってくることはないため、純粋に余裕をもった開発が可能になりました。もちろん、限界はありますし、グラフィックを良くするには純粋に労力が必要ですので、高い開発力を持つ大手以外だと性能を十二分に発揮させるのは難しい部分もあると思いますが、PS4の開発に慣れてくれば、質の高いゲームが作れるのではと考えています。

【4】実は、あるゲームで「こうしてみたい」という使い方が発表されてしまっているのでどうしようかなと…。それはともかく、ただ動画を配信するのではなく、そこからさらにユーザーが「つながる」ことのできるシステムを考えてみたいです。ネットワークというと、どうしても対戦が注目されがちですが、一人で遊ぶRPGみたいなジャンルでもSHAREボタンを利用した面白いシステムを考案できればと思います。

【5】
・『ウォッチドッグス』(ユービーアイソフト)
・『inFAMOUS: Second Son』(SCE)
・『ファイナルファンタジーXV』(スクウェア・エニックス)

 『ウォッチドッグス』と『inFAMOUS』はデモ映像などを見ていると「これぞ次世代」というのが一目でわかるような、圧倒的なグラフィックスの表現力があり、一ユーザーとして「これはすごい!」と純粋に感じられました。表現力だけではなく、「ハッキング」という手段で都市を手中に収められる、という『ウォッチドッグス』のコンセプトが、実際プレイしたときにどう表現されているのかとても興味があります。最近では国内でも高い技術に裏打ちされた海外のタイトルが注目されユーザーの支持を得ていますが、そういった中で、国内のビッグタイトルである『ファイナルファンタジーXV』にどれだけ驚かせてもらえるのか、注目しています。

【EX】『アガレスト戦記』や『ムゲンソウルズ』、『ネプテューヌ』など弊社タイトルをいろいろやってきたのですが、PS4も発売されるのでそろそろ新しいことをしたいかなと…。何か新しい発表ができるように頑張っていきますので、今後の「コンパイルハート」に注目してください!


PS4発売目前クリエイターアンケート

アクワイア
代表取締役
遠藤琢磨氏

【1】PS Vitaでのリモートプレイ。

【2】ユーザー視点では、グラフィックが綺麗になったとか、なんとなくすごいという感触だけで、明確な違いというのはないと思っています。

【3】今までのゲーム機はメモリーがきつくて、やれないことも多かったが、もっと開発しやすくなると思います。

【5】
・『FIFA 14 ワールドクラスサッカー』(エレクトロニック・アーツ)
・『『アイドルマスター』シリーズ(仮称)』(バンダイナムコゲームス)
・『THIEF(シーフ)』(スクウェア・エニックス)

 それぞれ、今までのソフトと、どれくらい表現力が違うのかというベンチマークとしての興味関心が強いです。『THIEF』は、『天誅』を作っていただけにステルスアクションを実現する上で、ハードのパワーがあがることでどれくらい色々なことができるのかというのが興味があります。

【EX】アクワイアは今年20周年ですが、『天誅』『侍道』『AKIBA’S TRIP』のように、『ユーザーさんが驚く、それでいて楽しめる』タイトルを作ってきました。ハードが進化してもユーザーさんがびっくりするようなゲームを作り続けます。


PS4発売目前クリエイターアンケート

アクワイア
プロデューサー
田村純一郎氏

【1】シェア機能です。

【2】ネットワーク機能の強化が、やはり一番大きいのではないかと思います。

【3】スペック的には、やりたいと思ったことが実現できる環境なのではないでしょうか。

【4】まずは、自分で使ってみて、色々考えたいと思います。

【5】
・『『アイドルマスター』シリーズ(仮称)』(バンダイナムコゲームス)
・『ドリームクラブ ホストガールオンステージ』(ディースリー・パブリッシャー)
・『The Order: 1886』(SCE)

 『『アイドルマスター』シリーズ(仮称)』と『ドリームクラブ ホストガールオンステージ』については、PS4になってどのような見せ方・表現をしてくれるかが、気になっています。『The Order: 1886』については、雰囲気が格好良さそうで気になります。

【EX】アクワイアは毎年チャレンジタイトルを作っているんですよね。もし、私だったらシェア機能を使って、面白いゲームを考えたいなと思います。


→次ページでは、イメージエポック、ガンホー・オンライン・エンターテイメントのクリエイターの回答を公開(2ページへ)

(C)2013 Sony Computer Entertainment Inc.All rights reserved.
(C)2014 COMPILE HEART
(C)2014 IDEA FACTORY / COMPILE HEART / FELISTELLA
(C)2014 IDEA FACTORY / COMPILE HEART / STING
(C)Nitroplus (C)Nitroplus/Imageepoch/GSC
(C)ALICESOFT (C)ALICESOFT/Imageepoch/闘神都市製作委員会
(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
(C)SEGA
(C)イエティ/Regista

1 2 3

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。