News

2014年1月30日(木)

『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』に『ロウきゅーぶ!』の智花が参戦! ひと足先にプレイした蒼山サグ先生&てぃんくる先生のコメントも

文:てけおん

 今春に稼働を予定しているセガのAC向け2D対戦格闘ゲーム『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX(ファイティング クライマックス)』。その特集ページが本日1月30日にオープン! さらに本作の最新情報をお届けしていく。

『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』

 『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』は、電撃文庫創刊20周年を記念して実施されている“電撃文庫vsSEGA”プロジェクト第4弾となるタイトル。開発はエコールソフトウェア/フランスパンが手掛けており、『ソードアート・オンライン』のアスナや『灼眼のシャナ』のシャナなど、電撃文庫作品に登場するキャラクターたちが火花を散らす。

 今回の記事では、新たなプレイヤーキャラクターとサポートキャラクター5名を紹介していく。

■『ロウきゅーぶ!』の慧心学園女子バスケ部が参戦決定!!

湊智花 (声:花澤香菜)
『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』
▲出典『ロウきゅーぶ!』(著:蒼山サグ/イラスト:てぃんくる)

 とある事情により慧心学園に転校してきたバスケ部のエースで、唯一のバスケ経験者。母は日舞、父は茶道の先生のため、常に礼儀正しく真面目な性格なのだが、バスケになるとついアツくなることも!? ゲームでは、三沢真帆(声:井口裕香)、永塚紗季(声:日笠陽子)、袴田ひなた(声:小倉唯)、香椎愛莉(声:日高里菜)の5人1組でバトルに挑む。

『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』 『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』
『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』 『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』 『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』
▲ゲームでは、慧心学園女バス部の仲間たちとともに繰り出す多彩な攻撃バリエーションが魅力。相手を翻弄(ほんろう)するトリッキーなタイプのキャラクターになっている。

 稼働に先駆けて、『ロウきゅーぶ!』の著者である蒼山サグ先生とイラストを担当しているてぃんくる先生が智花をプレイ! その感想を語っていただいたので、こちらで掲載していこう。

蒼山サグ先生コメント

 智花たち5人全員をフィーチャーしてくれていることが、とてもうれしかったです。「次はどの技を使って誰を出そう?」と考えているうちに、勝敗がどうでもよくなってしまいました(笑)。5人一緒になって繰り出す超必殺技が本当にすばらしいので、プレイする人はぜひキメてください!!

てぃんくる先生コメント

 各攻撃が、智花たちの“らしさ”を非常にうまく表現していたのでビックリしました。動き自体もバリエーションに富んでいて、触っていて飽きないキャラクターです。個人的には智花を動かせるということが何より幸せでした。対戦で両方のプレイヤーが智花を使うと、合計10人の小学生が画面せましと動き回りますので、機会があったらチャレンジしてみてくださいね。

 なお、2人のより詳しいコメントや、蒼山サグ先生が絶賛した超必殺技のグラフィック、そして『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』の新たな情報が2月10日発売の『電撃文庫MAGAZINE Vol.36』に掲載されている。気になる人はこちらもお見逃しなく!

→新たなサポートキャラクター5名が判明!!(2ページ目へ)

(C)SEGA
(C)2014 KADOKAWA アスキー・メディアワークス

1 2

データ

▼『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』
■メーカー:セガ
■対応機種:AC
■ジャンル:FTG
■稼働日:2014年春予定

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。