News

2014年3月14日(金)

『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』攻略:平和島静雄編 豪快な必殺技でガードしている相手をブン投げろ!

文:さやえんどう

 稼働中の業務用2D対戦格闘ゲーム『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』の、攻略記事を掲載! 基本戦術やオススメのコンボを詳しく解説しますので、ぜひチェックしてプレイに役立てください!

 この記事で紹介するのは、『デュラララ!!』より参戦する平和島静雄。交通標識やガードレールを使ったリーチの長い攻撃を得意とする、パワフルなキャラクターです。コマンド投げも持ち合わせているので、相手がガードを固めていてもプレッシャーを与えていけるでしょう。

『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』

■ 平和島静雄(声優:小野大輔) ■
『デュラララ!!』
著:成田良悟
イラスト:ヤスダスズヒト

『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』

■ コマンドリスト ■

『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』

■基本戦術解説――投げ技を持った豪快なパワーファイター

 持ち前の怪力で道路標識やガードレールを振り回す静雄は、豪快な見た目のキャラクター。最大の特徴は、掴まれると投げ抜けできない必殺技“なんだそりゃあああ!!”を使ったガードの崩しやすさです。

 立ち回りでは、ゴミ箱を投げる飛び道具“逃げんな!!”が優秀。飛距離が長いB版で相手の行動を抑制しましょう。ジャンプで回避しようとする相手に対しては、斜め上方向にゴミ箱を投げるC版を混ぜて撃ち落としを狙いましょう。

 地上戦ではリーチと発生のバランスが取れた立ちBの使い勝手がよく、立ちBをすぐに前ジャンプでキャンセルしてジャンプCを上から被せていけば、展開の早い攻めで相手に接近できます。

 “逃げんな!!”を連発された相手が委縮していると思ったら、地上ダッシュで近付いて立ちBの間合いに持ち込んでいきましょう。

 立ちCは発生が遅いものの攻撃範囲が広く、空中の相手も巻き込むことができるので、置いておくように出すと強力です。さらに、エクステンドアクションに対応していて、ボタンを長押しすると性能が変化。ヒットした相手を吹き飛ばし、画面端が近ければ壁バウンドを誘発するので、跳ね返ってきた相手に連続技を叩き込むことができます。

 しゃがみCはリーチが非常に長い下段攻撃で、ヒットするとダウンを奪えます。相手の起き上がりを攻めていきましょう。

『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』 『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』
▲静雄は飛び道具や大振りの攻撃など、中~遠距離で使いやすい技がそろっているキャラクター。接近戦では“なんだそりゃあああ!!”を狙っていきましょう。

 対空技が少ない静雄は、相手が飛び込んでくるよりも先に、ジャンプして空中技を置いておく戦法も重要です。横に長いジャンプBと下方向に判定の強いジャンプCを使い分けていきましょう。

 ジャンプCは静雄の裏側にも攻撃判定が出ているので、相手をギリギリ飛び越すような位置から出せば、相手の対空を潰したりガードを揺さぶるといった使い方が可能です。

 こちらがジャンプしている間に地上ダッシュで接近を狙ってくる相手には、急降下キックを繰り出す“うぜええええええ!!”で奇襲を仕掛けていく立ち回りも効果的です。“うぜええええええ!!”をガードされると反撃を受けてしまうのですが、当たった瞬間に発生の早いサポートをキャンセルで呼び出せば、硬直をフォローしつつ密着状態になるので、相手の防御を崩すチャンスになります。この際、相手を打ち上げて連続技を狙えるサポートにしておくと“うぜええええええ!!”がヒットしていた場合にさらに高いリターンを狙うことができますよ。

 接近したら投げ技の“なんだそりゃあああ!!”を中心に、打撃のしゃがみAやインパクトブレイクで相手の防御を揺さぶりましょう。しゃがみAがガードされていても続けて立ちBをジャンプキャンセルし、攻撃のラッシュを続けていきましょう。画面端に追い込んだら前述のエクステンドアクション版立ちCで壁バウンドを狙っていく戦術も有効です。

『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』 『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』

 攻め込まれた時は、構え中に攻撃を受けると発動するインパクトスキル“来いよ……!!”で切り返しを狙いましょう。ただし攻撃の発生はあまり早くないので、ジャンプ攻撃を低めで取ってしまうと打撃部分がガードされてしまう点に注意。対空にはインパクトスキルの“ぶっ潰れろ!!”を合わせていきましょう。

 クライマックスアーツの“殺す殺す殺す殺す!!”も、長い無敵時間があるので割り込みに使っていけます。また、切り札の“吹き飛べえっ!!”も無敵時間があってガードされても反撃を受けないので、回避手段として優秀です。中段攻撃でもあるので、相手の近くでおもむろに出せばガード崩しとしても使っていけますよ。

■ オススメサポートキャラ:ヴィルヘルミナ・カルメル(声優:伊藤静) ■
『灼眼のシャナ』
著:高橋弥七郎
イラスト:いとうのいぢ

『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』

 攻めが強力な静雄には、相手に接近するための起点になったり、“なんだそりゃあああ!!”から追撃をかけられるようになったりする、長所をさらに伸ばすサポートキャラがオススメです。

 ヴィルヘルミナのレバー前+サポートは相手の位置をサーチして発生し、ヒットした相手を長時間拘束して連続技につなげることができるため、静雄との相性は抜群です。ニュートラルサポートは連続技に組み込みやすく、画面端なら“なんだそりゃあああ!!”から追撃を狙えます。

■コンボ紹介

1:しゃがみA→立ちB→立ちC→ぶっ潰れろ!!→うるせええええええ!!

2:立ちC(エクステンドアクション)→ジャンプB→(ジャンプキャンセル)→ジャンプB→ジャンプC→Aうぜええええええ!!

3:【相手端付近】なんだそりゃあああ!!→(キャンセルサポート)→ニュートラルサポート・ヴィルヘルミナ→立ちB→(ジャンプキャンセル)→ジャンプB→ジャンプC→(ジャンプキャンセル)→ジャンプC→Aうぜええええええ!!

 1は静雄の基本連続技。クライマックスゲージがなくても“ぶっ潰れろ!!”までは出し切っていきましょう。“うるせええええええ!!”は攻撃力が高いので、連続技に組み込めば大ダメージが狙えます。

 2は画面端でエクステンドアクション版立ちCがヒットしていた場合の連続技。壁から少し離れている時や、立ちCが空中ヒットした時に狙っていけます。

 3は画面端で“なんだそりゃあああ!!”の後にヴィルヘルミナのサポートを絡めて追撃する連続技。ヴィルヘルミナのニュートラルサポートがヒットする位置が高かった場合は立ちBを省きましょう。

(C)SEGA
(C)2014 KADOKAWA アスキー・メディアワークス

データ

▼『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』
■メーカー:セガ
■対応機種:AC
■ジャンル:FTG
■稼働日:2014年3月18日

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。